「ループもの・タイムリープ」を扱った名作アニメ 10選

更新日: 2018年08月31日
ruler777さん
のまとめ
  • 1,395 view

アニメ映画『君の名は。』

新海誠監督作品 「君の名は。」 意識だけが時間を移動(タイムリープ)系・セカイ系の青春・ファンタジー作品。

引用元: amazon.co.jp

『君の名は。』は、2016年に公開された新海誠監督による日本の長編アニメーション映画。

【概要】山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉、そして、東京に暮らす男子高校生の瀧。出会うはずのない二人は、ある日、お互いの存在を知る。それは、心と身体が“入れ替る"、不思議な夢の中で……。

少年と少女が経験する恋と奇跡の物語。世界の違う二人の隔たりと繋がりから生まれる「距離」。新海誠はその物語を圧倒的な映像美とスケールで描き出す。

映画『君の名は。』公式Twitterアカウント(@kiminona_movie) (C)2016「君の名は。」製作委員会

引用元: twitter.com
2017年7月には日本国内の興行収入250.3億円となったことが発表され、日本における歴代興行収入ランキングでは『千と千尋の神隠し』、『タイタニック』、『アナと雪の女王』に次ぐ第4位(日本映画では第2位)となった。世界での興行収入は3.55億ドルにも及び、千と千尋の2.75億ドルを超えて日本映画の歴代1位となった。

引用元:ja.wikipedia.org

『君の名は。』は、瀧と三葉の入れ替わりタイムリープが紡ぎ出すセカイ系の作品

映画『君の名は。』公式Twitterアカウント(@kiminona_movie) (C)2016「君の名は。」製作委員会

引用元: twitter.com
求められるのは、男女の互いの承認だが、離れ離れの「時間」や「空間」がそれを妨げ、個人やセカイの運命を左右する。そうした障害を乗り越えようとする(がなかなかうまくいかない)「遠距離恋愛」を描くことに、新海誠は執着してきたのである。

引用元:gendai.ismedia.jp

映画『君の名は。』公式Twitterアカウント(@kiminona_movie) (C)2016「君の名は。」製作委員会

引用元: twitter.com
『君の名は。』は、こうしたセカイ系の流れを押し進めた作品とまずはいえる。ここで「遠距離恋愛」の障害になるのは、田舎に住む女が三年前の時空を生きていたという時間的パラドックスと、より単純には東京と「糸守」の空間的距離である。

引用元:gendai.ismedia.jp

「君の名は。」予告

一度目に父親を説得に向かった三葉は、父親に一蹴された揚句、「おまえは誰だ」と言われて町民の避難に失敗します。

引用元:curazy.com

本編に登場する新聞記事の見出しには「落下一時間前にすでに避難か」と書いてあるので、観客が感じたよりもずいぶん余裕がある時間での避難となったようです。

引用元:curazy.com

いわば『君の名は。』とは、ゲームプレイヤーが、ヒロインが死んでしまうという「バッドエンド」の可能世界(ゲームルート)から何度もリプレイを繰りかえして、ふたりが生きて再会する「トゥルーエンド」にいたるまでのゲーム空間だとみなせるのです。

引用元:realsound.jp

「君の名は。」予告2

『君の名は。』では、物語のラストで、記憶を失っているにもかかわらず、二人は行き違う総武線の窓から互いをみつけ、最後には出会うのである。

引用元:gendai.ismedia.jp

物語のラストで「誰かを探している」という思いを二人は抱えつつも、「誰か」を東京以外に探しに行こうとする素振りはみせない。地方出身の女は帰る場所を失い東京でOL生活を送っているようであり、東京に暮らす男も他の場所に出ることなくそのまま就職している。しかし結果としてみればそれは成功し、二人は総武線という極めてローカルな世界で最後に出会う。

引用元:gendai.ismedia.jp

『涼宮ハルヒの憂鬱』の「エンドレスエイト」・アニメ映画『涼宮ハルヒの消失』

不朽の名作『涼宮ハルヒの憂鬱』の「エンドレスエイト」 あまりにも異常な事態に賛否を含めた様々な議論が勃発した。

「エンドレスエイト」の8回はさすがに多く、3回で十分だったのではないかと…。「エンドレスエイト」の騒動・事件なレベル。

引用元: amazon.co.jp

『涼宮ハルヒの憂鬱』は、谷川流のライトノベル『涼宮ハルヒシリーズ』を原作とする日本のテレビアニメ。

テレビアニメ2期『涼宮ハルヒの憂鬱』第12話-19話にかけて放送された『エンドレスエイト』(原作では5巻「暴走」収載の短編)は、絵コンテ・演出・作画・アフレコおよび一部の台詞は異なるがほぼ同じストーリーを8週連続で放送するという異色の演出がなされた。

本作は、夏休みを文字通りエンドレスにループするというストーリー(ループもの)で、時間のループに気付かず終わるシークエンスに1話、ループに陥っていることに気付きつつも抜け出せないシークエンスに6話、ループから抜け出すことに成功したシークエンスに1話を用いている。当時は放送予定が明かされていなかったためインターネット上などで「いつ終わるのか」と話題となった。

高校生活の中で夏休みの終わりの2週間だけが15,000回以上ループし続けているという設定。元凶である涼宮ハルヒは夏休みを謳歌するためにループを引き起こしているが、自分の能力にも時間のループにも無自覚であるため、何度繰り返しても夏休みに満足することなくループを続ける。主人公のキョンはループを観測できないものの、宇宙人の長門有希から状況を知らされ、脱出の方法を模索する。

涼宮ハルヒの憂鬱 OP 「冒険でしょでしょ?」

2009年版でアニメ化されたが、当初の視聴者の予想は原作の長さなどから1~2話程度で終わるというものだった。しかしこの予想は大幅に覆されることとなる。

引用元:dic.nicovideo.jp

今回こそはループを抜け出すんだ!最後のシーンで、ハルヒ、行くな!行くな!行くな!・・・と視聴者の全員が何度も思った。まさかーーーまた来週も繰り返すのか!

引用元: twitter.com

15,000回以上ループし続けているという設定には、さすがの長門さんでも、心が折られているような感じに見える。当時は、2話目・・・マジで・・・4話目、5話目と続き・・・信じられなかった。視聴者の心も折られた。

引用元: twitter.com

6話目、7話目と続き・・・そこまでやるか!・・・8話目と続き・・・ハルヒ「私も行くからね!」・・・やっと無限ループは終わる。「エンドレスエイト」のループ攻撃には並みの忍耐力では耐えられない。拷問級。

引用元: twitter.com
最終的に、「エンドレスエイト」のストーリー完結までに要した話数は8話。
要するに、8話連続ほぼ同様のストーリーが繰り返されたのである。

引用元:dic.nicovideo.jp

このあまりにも異常な事態に、アニメ放送時期にはインターネット上では賛否を含めた様々な議論が勃発した。

引用元:dic.nicovideo.jp

アニメ映画『涼宮ハルヒの消失』 俺は、ハルヒに会いたかった。

引用元: amazon.co.jp

『涼宮ハルヒの消失』は、谷川流のライトノベル及びそれを原作とする2010年2月6日公開のアニメーション映画。シリーズ初の劇場版アニメーション作品で、テレビアニメ版に引き続き、京都アニメーションが制作を担当した。物語はテレビアニメ版最終回から続く形となっており、アニメ版ハルヒの集大成的な位置付けとなっている。

【概要】クリスマスが間近に迫ったある冬の日。学校に向かったキョンはいつもの日常と違うことに気づく。後ろの席にいるはずのハルヒがいない……。さらに驚くべき事に、その席に座っていたのは、(『憂鬱』にて)キョンを殺そうとして長門に消滅させられたはずの朝倉だった!

2010年2月6日公開。上映されるとファーストラン24館にも関わらず興行収入8.3億、観客動員60万人以上と大ヒットとなった。物語はテレビアニメ版最終回から続く形となっており、アニメ版ハルヒの集大成的な位置付けとなっている。

引用元: amazon.co.jp
一期の時系列最終回「サムデイ・イン・ザ・レイン」に続く話である。また「サムデイ・イン・ザ・レイン」自体も「部室に長門しかいない」という消失の内容を感じさせるものである。

引用元:dic.nicovideo.jp

「涼宮ハルヒ?そんな人このクラスにはいないよ」
ハルヒがいない……。ハルヒ消失から光陽園学院版のハルヒに出会うまでもかなり長く感じますね。

「涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ」DVD発売CM【30秒】

笹の葉ラプソディ
短編であるが後の話、特に消失編において重要なストーリー。2009年版第8話(5月21日~)でアニメ化。

引用元:dic.nicovideo.jp

主人公・キョンが使用した偽名の「ジョン・スミス」が重大な伏線となっている。とても大事なお話。
消失編の内容を理解するには短編「笹の葉ラプソディ」を知っていることが不可欠になります。

「涼宮ハルヒの消失」劇場版予告編

錯乱寸前で飛び出せば、いつもヘラヘラ笑っていやがる古泉はクラスごと漂流教室。
昨日までSOS団専属サンタだった朝比奈さんまで俺を覚えていないと言う。残っているのはあいつだけ……SOS団の「最後の砦」、「絶対無敵防衛線」。
部室に駆け込んでみると、そこには長門の姿が。良かった、居てくれたか。
……だが長門よ、どうしてお前はそんな驚いた顔をしているんだ――どうして眼鏡なんて――
またお前の仕業なのか? なぁ、ハルヒ……。

古泉によれば、キョンは12月18日昼に部室棟の階段から転落して意識不明の重体に陥っていたのだという。古泉が指差したベッドの反対側を見ると、寝袋にくるまって床で寝ているハルヒの姿があった。

引用元: twitter.com

世界は元通りに。キョンはハルヒに振り回されるだけの立場から脱却し、この世界を積極的に守る側に回ることを決意しながら、文芸部室で開催されるクリスマスパーティーに臨む。

『魔法少女まどか☆マギカ』

魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむらは、異なる時間軸からやってきた時間遡行者。

引用元: amazon.co.jp

『魔法少女まどか☆マギカ』はシャフト制作による日本のテレビアニメ作品。2011年1月から4月まで毎日放送 (MBS) ほかで深夜アニメとして放送された。全12話。略称は「まどか」、「まどマギ」。

願いを叶えた代償として「魔法少女」となり、人類の敵と戦うことになった少女たちに降りかかる過酷な運命を、優れた魔法少女となれる可能性を持ちながらも傍観者として関わることになった中学生・鹿目まどかを中心に描く。本作はすでに類型が確立している魔法少女ものというジャンルに新たな切り口を導入することを意図した作品であり、題名に魔法少女を冠してはいるが、いわゆる魔法少女ものというよりも魔法少女をモチーフにしたダーク・ファンタジーとしての作風が色濃い。

引用元:ja.wikipedia.org

暁美ほむらは、鹿目まどかの死を回避するため平行世界の同じ時間を繰り返し戦い続けてきた。

引用元: twitter.com

暁美ほむらは、まどかが魔法少女になろうとするとどこからともなく現れて契約を妨害する。ほむらは異なる時間軸からやってきた時間遡行者であり、元の時間軸において「ワルプルギスの夜」に殺されてしまったまどかが助かる未来への道筋を求めて、平行世界の同じ時間を繰り返し戦い続けてきたのであった。

最初のループでは親友同士であった主人公・鹿目まどかの死を回避するため、時間操作の能力を得た魔法少女・暁美ほむらが、2人の出会いから死別までの1か月間を幾度となく繰り返しているという設定。

Magia【編集PVエピソード・暁美ほむらの祈り~決戦】魔法少女まどか☆マギカ【オーケストラver.】

彼女が生み出したソウルジェムに込められた願いは「鹿目さんとの出会いをやり直したい。彼女に守られる私じゃなくて、彼女を守る私になりたい」。
その願いが彼女に与えたのは、時を渡る力だった。

引用元:dic.pixiv.net

第10話ではほむらの過去が明かされる。第10話では状況を変えつつ繰り返されてきたループ途上の出来事とバッドエンドの数々を回想する過去編のエピソードが描かれている。

繰り返し運命に干渉し、まどかを救うことを目指すが、繰り返すたびに別の凄惨な結末を迎えてしまう。

引用元:dic.pixiv.net

Homura vs Walpurgis Night (Bluray)

単独でワルプルギスの夜に挑むも敗北。
一度は再びループしようとするが、まどかに更なる因果を背負わせたくないが故にループを放棄し、覆せない運命に絶望しそうになる。

引用元:dic.pixiv.net

テレビアニメの結末では、万策尽きて心を折られたほむらを、まどかが自己犠牲と引き替えに、ループで蓄積された力を用いて救済し、ループが終了する。

『ひぐらしのなく頃に』『ひぐらしのなく頃に解』

ひぐらしのなく頃に

引用元: amazon.co.jp

『ひぐらしのなく頃に』は、同人サークルである07th Expansionが製作した同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に』を原作として放送されたテレビアニメである。アニメは第1期「ひぐらしのなく頃に」が2006年4月から同年9月まで放送され(一部地域で差異あり)、第2期「ひぐらしのなく頃に解」が2007年7月から同年12月まで放送。

本作では各編がパラレルワールドになっている。それをそのまま連続アニメにしたため、例えば第4話で起こった悲劇が、翌週の第5話においては何事もなかったかのように物語が進む。以降も悲劇が起きるたびにリセットされ、パラレルワールドの次の編が始まるため、パラレルワールド自体がシリーズ全体の最大の謎のままであったが、第26話及び第2期の『ひぐらしのなく頃に解』において、パラレルワールドの謎が解き明かされる。

昭和58年夏、東京から山奥の寒村・雛見沢に引っ越して来た前原圭一。他愛ない日々を送っていた彼は、毎年祭の日に起こるという連続怪死事件を知る。

人口2000人に満たない寂れた架空の村落、雛見沢村を舞台に、村にまつわる古い因習「綿流し」を軸にして起こる連続怪死・失踪事件を扱った連作式のミステリーである。読者に謎を提示する「出題編」4編と、事件の真相と謎に対する解答、つまり、事件の惨劇を回避するために人々は何をすべきだったのかが明らかになる「解答編」4編とで本編が構成される。

引用元:ja.wikipedia.org

「3分45秒でわかる『ひぐらしのなく頃に』」

古手 梨花とオヤシロ様である羽入

引用元: amazon.co.jp

「古手梨花」が必ず殺されてそれが原因となり、村と住民全員が滅びる。別のキャラを主人公として異なる展開を経ていき、最終地点に至り全滅する。これが何度もループする。

古手 梨花
この物語の真の主人公であり、自らを評して曰く「100年の魔女」。どの可能性においても昭和58年6月に殺害される運命にあり、そこから抜け出すために羽入と共に何度も「世界」を繰り返してきた。

引用元:ja.wikipedia.org

梨花が、今度こそ運命を打ち破ろうと最後の敵・鷹野三四に挑む。真犯人の鷹野三四の生い立ちが明かされ、梨花が理想とする昭和58年6月を創る「カケラ紡ぎ」と続く。そして、最後の物語となる「祭囃し編のカケラ」において、梨花は多くの人を味方につけることに成功し、力を合わせることで奇跡を起こす。ついに惨劇の運命は打ち破られ、事件後に全員が生存する幸福な結末を迎える。

引用元:ja.wikipedia.org

『STEINS;GATE』(シュタインズゲート)

「STEINS;GATE」 タイムトラベルを題材とした本格SFアニメ。

引用元: amazon.co.jp

『STEINS;GATE』(シュタインズ・ゲート)は、5pb.の同名ゲームソフトを原作とした日本のアニメ作品。2011年4月から9月までテレビアニメが放送され、2013年4月20日に劇場版が公開された。2018年4月から9月まで続編『シュタインズ・ゲート ゼロ』が放送された。

2010年夏の秋葉原。発明サークルを主宰する大学生・岡部倫太郎は、過去にメールが送れるタイムマシンを発明し、過去に干渉してしまう。

STEINS;GATE OPムービー

複数登場する時間操作の手段のひとつとして、自分の記憶のみを過去に送る「タイムリープマシン」が登場する。主人公の岡部倫太郎が望まぬ結果を回避する手段としてこれを用いるものの、未来を変えることができず、同じ時間をループし続ける場面が登場する。

23話において、ある人物の行動をきっかけ(正確にはあるものがこなかったこと)に、本来のルートとは異なるβルートへと変化。当時発売が予定されていたゲーム版「ゼロ」へと続く展開になった。

引用元:dic.pixiv.net

細田守監督のアニメ映画『時をかける少女』

細田守監督のアニメ映画「時をかける少女」

引用元: amazon.co.jp

『時をかける少女』(ときをかけるしょうじょ)は、2006年7月15日に角川ヘラルド映画から公開された日本のSFアニメ映画。筒井康隆の同名の小説を原作としている。監督は細田守、アニメーション制作はマッドハウス。

筒井康隆の小説『時をかける少女』が原作であるが、原作の物語の映画化ではなく、原作の出来事から約20年後を舞台に次世代の登場人物が繰り広げる物語を描く続編である。

【物語】高校2年生の紺野真琴(声・仲里依紗)はある夏の土曜日の実験室で不思議な体験をし、それ以来時間を跳躍するタイムリープの力を身につけてしまう。はじめはそれを巧みに利用して日々を楽しんでいた彼女だが、仲良しの同級生・千昭(声・石田卓也)から告白され、それを強引になかったことにしようと時を遡ったときから、運命の歯車が狂い始めていく…。

時をかける少女(劇場予告)

プリンを何度も食べたり、テストの成績を上げたりと、せこいことばかりにタイムリープを利用していたヒロインが、やがて己の恋心から逃れようとすればするほど事態が悪化していく皮肉さ、しかしそれを自らの力で打破しようとうする前向きな行動力など、至るところにヒロインの快活さが満ちあふれており、それはまさに現代の“時をかける少女”と呼ぶにふさわしい。

引用元:amazon.co.jp

原作のヒロイン芳山和子(声・原沙知絵)が叔母として登場し、さりげなく2代目をサポートする構えも嬉しい。

引用元:amazon.co.jp

元祖「ループもの」として名高い傑作アニメ映画『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』

「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」 元祖「ループもの」として名高い傑作アニメ映画。舞台となる高校の学園祭の前日が延々と繰り返される。

引用元: amazon.co.jp

『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(うるせいやつらツー ビューティフルドリーマー)は、高橋留美子原作『うる星やつら』の劇場版オリジナル長編アニメーションの第2作。1984年2月11日に東宝系で公開された。

1984年2月11日に東宝系で公開された。前作『うる星やつら オンリー・ユー』から引き続き監督を務めた押井作品の原点であり出世作でもある。あたるたちは学園祭を前に、泊まり込みで作業を行っているが、何日経っても学園祭の当日は訪れずに学園祭前日が続く。そしてそのことに気付く人は誰もいない…。

うる星やつら ビューティフル・ドリーマー 予告編

本作のモチーフは「生きることの全ては夢の世界のできごと」というテーマ(夢オチ)である。「荘子」の一節「胡蝶の夢」からの影響も大きい。喫茶店のシーンで蝶が出て来るのはこれを示唆しているとのこと。

引用元:ja.wikipedia.org

エンディングにおいても、あたる達は夢の中にいて、学園祭前日は永遠に繰り返される、という解釈を許容する演出となっている。

引用元:ja.wikipedia.org

『ゼーガペイン』

「ゼーガペイン」 サンライズ製作のSFロボットアニメ作品。

引用元: amazon.co.jp

『ゼーガペイン』は、サンライズ製作のSFロボットアニメ作品。2006年4月6日から同年9月28日までテレビ東京系列で毎週木曜日 18:00 – 18:30に放送された。また、BSジャパン及びAT-Xでも同時期に放送された。

【概要】ソゴル・キョウは廃部寸前の水泳部員。幼馴染みのカミナギ・リョーコが撮る自主映画に出演中、プールにいる美少女を目撃する。入部希望者と思い声をかけるが、彼女はプールに飛び込み消えてしまう。部のPRビデオに出てもらおうと彼女を探すが見つけることはできなかった。しかしその夜、光と共に昼間の美少女がキョウの前に! シズノと名乗る少女に導かれたキョウは、彼女とゼーガペイン アルティールに乗り、異世界に降り立つ―。

現実世界では既に人類が滅亡しており、主人公たちが暮らしている世界は、日本の地方都市を模して量子コンピュータのサーバ上に再現された仮想世界という設定で、技術的な問題から同じ150日間をループし続けている。ループを観測できるようになった一部の人物のみが、荒廃した現実世界でサーバを守るため戦い続けることになる。

『Re:ゼロから始める異世界生活』

「Re:ゼロから始める異世界生活」 異世界ループファンタジーが幕を開ける!

引用元: amazon.co.jp

『Re:ゼロから始める異世界生活』は、長月達平による日本のライトノベルである。イラストは大塚真一郎(短編集3のみ楓月誠)が担当している。公式略称は『リゼロ』。テレビアニメは2016年4月より9月までテレビ東京・テレビ大阪・テレビ愛知・AT-Xにて放送された。第1話は1時間枠で放送された。

戦闘や「死に戻り」の際などに避けて通れないスプラッタ描写については、テレビ放送の時点でほぼ隠さず、血液も赤く描かれている。

コンビニからの帰り道、突如として異世界へと召喚されてしまった少年、菜月昴。頼れるものなど何一つない異世界で無力な少年が手にした唯一の力は、死して時間を巻き戻す《死に戻り》の力だった。大切な人たちを守るため、そして確かにあったかけがえのない時間を取り戻すため、少年は過酷な運命に立ち向かっていく。

『Re:ゼロから始める異世界生活』アニメ新作エピソード制作決定PV

フェルトという名の少女に奪われたという徽章の手がかりが掴めたと思った矢先、2人は暗闇の中で何者か(エルザ)に襲撃され命を落としてしまう。
目を覚ましたスバルは、召喚された時点に戻っていた。それから何度かの死を繰り返すうち、スバルは自分がこの世界である能力を得たことを知る。その能力は、自身の死により時間を巻き戻して記憶を引き継げる、タイムリープ能力「死に戻り」だった。

引用元:ja.wikipedia.org

ナツキ・スバル (菜月 昴)
唯一与えられた力である『死に戻り』という能力を駆使して、周囲の人々を死の運命から救い出すために奮闘する。しかし、『死に戻り』の能力に関することを他人に話そうとすると、謎の黒い手によって心臓を握り潰されそうな激痛に襲われるため口に出すことができずにいる。

引用元:ja.wikipedia.org

『リトルバスターズ!』『リトルバスターズ!~Refrain~』

「リトルバスターズ! ~Refrain~」 理樹と鈴が知ることになる「世界の秘密」。

引用元: amazon.co.jp

『リトルバスターズ!』 は、ゲームブランド・Keyが制作した恋愛アドベンチャーゲーム、および本作を原作としたメディアミックス作品の総称。一般には「リトバス」の略称で呼ばれることが多く、またKeyのHP内でも随所に「リトバス」と記載されたこともある。

リトルバスターズ!(テレビアニメ第1期)は2012年3月31日にKey公式ホームページにてアニメ化が発表され、2012年10月から2013年4月まで放送された。全26話。リトルバスターズ! 〜Refrain〜(テレビアニメ第2期)は2013年10月から2013年12月まで放送された。全13話。唯湖、鈴の個別シナリオと原作の最終シナリオが描かれた。

アニメ感動シーン part1

幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。リトルバスターズの本当の物語が、これから始まる――。

棗 恭介(なつめ きょうすけ)
実は理樹達のクラスメイトはリトルバスターズメンバー全員を含めて全員が修学旅行中にバスが崖から転落し、真人と謙吾が庇った理樹と鈴以外は重傷を負ってしまう。三年生である恭介も皆を驚かせようとこっそりバスに乗っていたため巻き込まれ生死の境を彷徨っていた。死を覚悟した恭介は二人しか助からないと判断して、理樹と鈴が二人だけでも強く生きていけるように鍛える為に他のメンバーと協力して1学期を永遠に繰り返す世界を作り上げた。

引用元:ja.wikipedia.org

直枝 理樹(なおえ りき)
幼い頃から悲しい事、つらいことからすぐに逃げ出す臆病な性格だったが、恭介の作り上げたループ世界で新メンバーの悩みに触れて、リトルバスターズの新たなリーダーとなるまでに成長していく。

引用元:ja.wikipedia.org



関連まとめ

カテゴリ一覧