『機動戦士ガンダムNT』までの宇宙世紀の「ニュータイプ」パイロット(歴代ニュータイプ専用機)

更新日: 2018年12月02日
ruler777さん
のまとめ
  • views36

「機動戦士ガンダムUC」の続編「機動戦士ガンダムNT」が劇場公開中。「機動戦士ガンダム」(U.C.0079)から『機動戦士ガンダムNT』(U.C.0097)までの宇宙世紀サーガにおいて、非常に高いニュータイプ能力を持つ代表的なパイロットとニュータイプ専用機を厳選してまとめています。

宇宙世紀を世界観とするガンダム作品におけるニュータイプとは、「ジオニズム」を提唱した思想家ジオン・ズム・ダイクンによって初めて出現が予言された、宇宙に適応進化した新人類を指す。ザビ家が地球連邦政府に宣戦布告して勃発した一年戦争では、戦場で目覚ましい戦果を上げたアムロ・レイ、シャリア・ブル、ララァ・スン、シャア・アズナブルらニュータイプが初めて観測され、ニュータイプは現実の存在となった。

ニュータイプはサイコミュ(サイコ・コミュニケーター)という装置を使って、感応波でビットやファンネルといった遠隔誘導攻撃端末を操作することが出来る。

『機動戦士ガンダムNT』 ニュータイプ神話の行き着く先――。

劇場版アニメ『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』 ニュータイプ神話の行き着く先――。「ガンダムUC」のその先を描く宇宙世紀サーガ。11月30日全国ロードショー。

引用元: twitter.com

ラプラスの箱をめぐる「ラプラス事変」の終結から1年後のU.C.0097。地球連邦軍に所属する青年ヨナ・バシュタは、ルオ商会の特別顧問ミシェル・ルオに呼び出され、ユニコーンガンダム3号機 フェネクスの捕獲作戦「不死鳥狩り」に参加する。

フェネクスのパイロットが、かつて自分やミシェルとともにジオン公国軍のコロニー落としを事前に察知し、「奇蹟の子供たち」と呼ばれた過去をもつ幼なじみのリタ・ベルナルであることを知ったヨナは、彼女と再会するため、ナラティブガンダムのパイロットとしてフェネクス確保に臨む。

ストーリ-は、福井晴敏が本作以前に執筆した小説版『UC』の追補小説『不死鳥狩り』を元に、『UC』までの宇宙世紀を総括する内容や『戦後の戦争』を取り入れて1本の映画として再構成した内容となっている。

引用元:ja.wikipedia.org

『機動戦士ガンダムNT』冒頭23分

公開に合わせ本編冒頭23分が、2018年11月30日にAbemaTVほか各動画配信サイトで配信されるほか、12月1日にBS11、12月4日にTOKYO MXでテレビ放送、12月13日にはPlayStation VRでも配信される。

U.C.0097――。
『ラプラスの箱』が、『ラプラス事変』と呼ばれた争乱の結果として世に示されて一年が経過した。だが、ニュータイプの存在とその権利に言及した『箱』=『宇宙世紀憲章』の存在が明かされても、世界の枠組みに大きな変化はなかった。

一方、『ラプラス事変』において、ネオ・ジオン残党軍『袖付き』は一時的に瓦解し、活動は停滞。また、争乱における主役となった“ユニコーンガンダム”と呼ばれる2機のモビルスーツは、人智の及ばぬ能力を発揮したことで危険視され、秘密裏に封印されていた。

しかし、2年前に消息不明となり、歴史から抹消されていたRX-0 ユニコーンガンダム3号機が、地球圏に再びその姿を見せる。“フェネクス”と称されるその機体を巡り、再び動き出す人々。フェネクス争奪戦には、地球連邦軍や『袖付き』だけでなく、アナハイム・エレクトロニクス社とも関連の深い大企業、ルオ商会も介入する。
新たなモビルスーツ「ナラティブガンダム」を投入した彼らの真の目的とは……。

「奇蹟の子供たち」 U.C.0079(一年戦争)

奇蹟の子供たち、幼なじみの「リタ・ベルナル」「ヨナ・バシュタ」「ミシェル・ルオ」の3人。

U.C.0079に外をかける少年少女の姿

引用元: twitter.com

U.C.0079 一年戦争
「リタ・ベルナル」「ヨナ・バシュタ」「ミシェル・ルオ」は8歳。オーストラリアへのコロニー落としを「リタ・ベルナル」が予知し奇蹟の子供たちといわれる。

地球連邦宇宙軍所属のヨナ・バシュタ、ルオ商会特別顧問のミシェル・ルオとフェネクスのパイロットで行方不明となっているリタ・ベルナルは幼なじみ。

リタ・ベルナル

引用元: zakuzaku911.com

ヨナ・バシュタとミシェル・ルオ

引用元: twitter.com

オーガスタ研究所を脱走する三人

引用元: datagundam.com

戦争孤児となったミシェル、ヨナ、リタの3人はオーガスタ研究所でニュータイプの研究対象とされる。

主人公の「ヨナ・バシュタ」 U.C.0097(ガンダムUCの一年後)

主人公の「ヨナ・バシュタ」 ニュータイプではない模様。強化人間ではありそう。

主人公の「ヨナ・バシュタ」は「ナラティブガンダム」のパイロットとしてフェネクス確保に臨む

引用元: twitter.com

U.C.0097(ガンダムUCの一年後)ヨナ・バシュタは25歳。地球連邦宇宙軍所属。階級は少尉。

U.C.0095、暴走事故を起こし行方不明となったユニコーンガンダム3号機 フェネクス。その捜索のために編成されたシェザール隊が投入された『不死鳥狩り』作戦の増援として送り込まれるナラティブガンダムのパイロット。

ミシェル・ルオ

ミシェル・ルオ ニュータイプではないが、強力な情報力と洞察力を持つ。

引用元: zakuzaku911.com

ミシェル・ルオは、25歳。ニューホンコンを拠点に地球連邦政府とも密接な関係を築く大企業、ルオ商会の特別顧問。ルオ商会会長ウーミンの娘。略筮法での占いに長け、政財界から絶大な信頼を得る。

略筮法での占い(強力な情報力と統計学を基にした商売) ミシェル・ルオの八卦姿。

引用元: datagundam.com

ミシェル・ルオは、フェネクス狩りで指示通り動かなかったヨナをビンタする。

引用元: datagundam.com

ミシェル・ルオは、『不死鳥狩り』作戦を展開するクラップ級宇宙巡洋艦ダマスカスに、増援のナラティブガンダムを伴って乗り込んでくる。

ミシェルとヨナの思惑の違い、溝の深さが感じられる。

『機動戦士ガンダムNT』の真のニュータイプ「リタ・ベルナル」

真のニュータイプの「リタ・ベルナル」 ニュータイプ神話の行き着く先、物語の鍵を握っている。フェネクスと一体化した完成されたニュータイプ?

『機動戦士ガンダムNT』ロング版のPVから

引用元: datagundam.com

地球連邦宇宙軍所属。階級は少尉。機動実験中に暴走事故を起こして消息不明となったユニコーンガンダム3号機 フェネクスのパイロット。少女期にオーストラリアで被災し、奇蹟の子供達と呼ばれた過去を持つ。ヨナとミシェルの幼なじみ。

オーガスタ研究所で、開頭手術をはじめさまざまな実験体とされ最終的にはフェネクスに搭乗する事となる。

最終的に人間に戻ることを選択した「機動戦士ガンダムUC」の「バナージ・リンクス」とは違い、『機動戦士ガンダムNT』の「リタ・ベルナル」は、「フェネクス」と同一化したままの「完成されたニュータイプ」(人間ではなく神のような存在、宇宙を飛び続ける不死鳥フェニックス)のままでいることを望んでいるのかもしれない。

リタ・ベルナルは幼少期からニュータイプ能力に目覚めている。

引用元: gundam-nt.net
リタ・ベルナルは幼少期からニュータイプ能力に目覚めており、グリプス戦役終結後も密かに被験者として人体実験を受け続けた。U.C.0095年に能力を見込まれてフェネクスのテストパイロットとなるが、機動実験中に暴走事故を起こして消息不明となる。その後は魂がフェネクスと一体化した状態で宇宙をさまよっていたが、IIネオ・ジオングが宇宙に破壊をもたらすものであることを察知し、再び姿を現す。

引用元:ja.wikipedia.org

物語の鍵を握る『ユニコーンガンダム3号機 フェネクス』 「リタ・ベルナル」がパイロット。

『RX-0 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス』 「リタ・ベルナル」の魂がフェネクスと一体化した状態で宇宙をさまよっていたが・・・

引用元: twitter.com

連邦軍がユニコーンガンダムとバンシィの製造データをもとに独自に製造した機体。物語の2年前(U.C.0095年)に暴走事故を起こしてパイロットごと消息不明となるが、ミネバが「ラプラスの箱」の真実を公表した直後から目撃証言が相次ぐようになる。

「RX-0 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス」

引用元: gigazine.net

HGUC 機動戦士ガンダムNT ユニコーンガンダム3号機 フェネクス (デストロイモード) (ナラティブVer.) [ゴールドコーティング] 1/144スケール

引用元: amazon.co.jp
宇宙世紀0095年地球連邦軍の少尉リタ・ベルナルをパイロットとして運用されたユニコーンガンダム3号機フェネクスは、性能評価トライアルとして模擬戦闘訓練を実施したとされており、この戦闘でフェネクスはNT-Dを発動して制御不可能な暴走状態へ突入。試験評価員が乗ったアイリッシュ級戦艦エシャロットに攻撃を加え戦闘空域から離脱し、パイロットであるリタも含めて機体は行方不明となったとされる。いくつかの目撃情報はあるが、宇宙世紀0096年の「ラプラス事変」時にも鹵獲には至らなかった。地球連邦軍を始め、テストに同席していたAE社が宇宙世紀0097年時点でもその行方を追っているとされる。

引用元:ja.wikipedia.org

ナラティブガンダム 「ヨナ・バシュタ」がパイロット。

地球連邦軍の兵器「RX-9 ナラティブガンダム」 A装備 ベースは「νガンダム」だが、ユニコーンガンダム同様の「NT-D」が秘密裏に搭載されている。

引用元: twitter.com

AE社がνガンダムの開発データ取得のために製造した多目的試験用MS。ルオ商会が「不死鳥狩り」の増援として手配し、ヨナ・バシュタがパイロットを務める。各部の形状や構成はνガンダムと同じだが、開発経緯から上腕部や大腿部の装甲が外され、フレームがむき出しになっており、劇中では「やせっぽち」と評される。

操縦系には「NT-D」(ニュータイプ・デストロイヤー)が秘密裏に搭載されており、一定以上のサイコ・ウェーブを感知すると自動で起動し、パイロットの操作を離れて対象を撃滅する。

冒頭23分の映像から:ユニコーンガンダム3号機 フェネクスとのファーストコンタクト後に収容されたナラティブガンダムの素体

引用元: twitter.com

「ナラティブガンダム B装備」 背中に有線式遠隔攻撃端末2機を搭載したバックパックを装備した形態。

引用元: twitter.com

HGUC 1/144 ナラティブガンダム A装備 価格: 5,940円(税込)

引用元: gundam.info
『機動戦士ガンダムNT』より、ナラティブガンダムが超大型武装「A装備」とともに立体化。大ボリュームのプロペラントタンクに加え、ミサイルポッドのハッチ内にはミサイルディテールも再現されている。もちろんA装備を外した素体状態も再現可能。胸部の展開ギミックにより、ダイナミックなアクションにも対応可能なほか、股関節の軸に採用されたスイング機構で、脚部の広範囲可動も実現。大型装備を支持するスタンドが付属。

引用元:gundam.info

ナラティブガンダム A装備 大型装備を支持するスタンドが付属。

引用元: gundam.info

A装備を外した素体状態のナラティブガンダムも再現可能。

引用元: gundam.info

強化人間の「ゾルタン・アッカネン」

強化人間の「ゾルタン・アッカネン」 機動戦士ガンダムUCのフル・フロンタルのような存在と思われる。

引用元: gigazine.net

ゾルタン・アッカネンは、27歳。フェネクス捕獲を目論むジオン共和国軍の大尉。シナンジュ・スタインのパイロット。ネオ・ジオン残党軍『袖付き』の首魁フル・フロンタルと同様に、シャアの再来のひとりとして開発された強化人間。たび重なる人体実験の末、右眼は赤いサイコミュ・レンズとなっている。

巨大モビルアーマー「II<セカンド>ネオ・ジオング(ナラティブVer.)」 ラスボスと思われる。

巨大モビルアーマー「II<セカンド>ネオ・ジオング(ナラティブVer.)」 『機動戦士ガンダムNT』のラスボスと思われる。

引用元: datagundam.com

NZ-999 IIネオ・ジオング(セカンドネオ・ジオング)はネオ・ジオングの予備パーツから製造されたモビルアーマー(MA)。
最初の登場時にはナラティブガンダムのサイコミュ・ジャックを受け、ナラティブガンダムと合体して暴走を起こしかけるが、ヨナが正気に戻ったことで未遂に終わる。その後はゾルタンのシナンジュ・スタインと合体する形で運用される。

HG IIネオ・ジオング(ナラティブVer.)

価格:28,080円(税込) 商品発送:2019年2月予定

引用元: gundam.info
プレミアムバンダイでは、本日11月27日(火)より、「HG II<セカンド>ネオ・ジオング(ナラティブVer.)」の予約受付がスタートした。2019年2月発送予定、価格は28,080円(税込)。

引用元:gundam.info

巨大モビルアーマー「IIネオ・ジオング(ナラティブVer.)」が全高830mmを誇る巨大キットで登場。別売りの「HGUC ネオ・ジオング用 拡張エフェクトユニット“サイコシャード”」と組み合わせることで、サイコシャードの発生状態も再現可能となっている。

引用元: gundam.info
『機動戦士ガンダムNT』より、巨大モビルアーマー「IIネオ・ジオング(ナラティブVer.)」が全高830mmを誇る巨大キットで登場。ホワイトを基調とした成形色と肩部・胸部周辺は、新規造形されたナラティブVer.となっており、特徴的な赤いラインは成形色と一部シールで再現。「シナンジュ・スタイン」本体はもちろん、ビーム・ライフルとバズーカの2セット、新装備の大型ビーム・アックス、新規デザインのオリジナルの水転写式デカールが付属する。

引用元:gundam.info

「シナンジュ・スタイン」  II<セカンド>ネオ・ジオングのコア。

引用元: gigazine.net

MSN-06S-2 シナンジュ・スタインは、「UC計画」の一環として生み出されたサイコフレームの実験機で、ユニコーンガンダムの前身にあたる。
本作では、フル・フロンタルに奪取された2機のうち、未改修の予備機がゾルタン・アッカネンの乗機として登場する。

「シナンジュ・スタイン」本体はもちろん、ビーム・ライフルとバズーカの2セットが付属する。

引用元: gundam.info

引用元: gundam.info

機動戦士ガンダムUC ニュータイプの可能性のひとつに到達した。

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』 ユニコーンガンダムとバナージ・リンクスの一体化という完成されたニュータイプの領域に到達。

引用元: twitter.com

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』は劇場用アニメ作品『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から3年後の宇宙世紀0096年が主な舞台となっている。物語は宇宙世紀元年から始まり、その年に起こった宇宙世紀誕生や、一年戦争の発端にも関わるラプラス事件が物語の中核となっている。

バナージ・リンクス “完成されたニュータイプ”の可能性のひとつに到達した

ニュータイプの「バナージ・リンクス」 ユニコーンガンダムのパイロット。物語のラストで“完成されたニュータイプ”と表現される万能の存在にまで到達する。

引用元: ja.gundam.wikia.com

物語の序盤では、バナージには完全に制御できない大き過ぎる力であったユニコーンガンダムも、旅を通じて促されたバナージの「ニュータイプ」としての覚醒に呼応して、バナージの制御下に置かれるようになっていく。

そのニュータイプ的素養の高さと、本人も忘れていたが幼少時にそれを促すための特殊訓練を父カーディアスに受けさせられていたこともあり、いわゆる強化人間である可能性も示唆されるが、後に否定される。

ユニコーンガンダムはバナージという乗り手に呼応して、全身に組み込まれたサイコフレームによって「アクシズ・ショック」に似た奇跡的な力を体現する存在となっていく。当初ユニコーンガンダムのサイコフレームは発光時には赤色に発光するが、バナージとの親和性が高まっていくことで、虹色のオーラを帯びた緑色に発光するようになっていく。

ユニコーンガンダム サイコフレームというメカニズムの究極の体現。

ユニコーンガンダム 主人公「バナージ・リンクス」が搭乗する白い1号機。史上初のフル・サイコフレーム機。

引用元: bandai11.blog.fc2.com

ユニコーンガンダムは、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』で初登場した発光する特殊構造材「サイコフレーム」を全身の内部骨格に採用しており、平常時の「ユニコーンモード」から各部の装甲を展開してフレームを露出させた最大稼動モード「デストロイモード」に“変身”するのが特徴。

『機動戦士ガンダムUC』劇中では、主人公「バナージ・リンクス」が搭乗する白い1号機と、当初敵対するも後に共闘する黒い2号機「バンシィ」の2機が登場する。

ユニコーンガンダムは、マリーダ・クルスの駆るクシャトリヤのファンネルをサイコミュ・ジャックしてしまう。

引用元: west-east.at.webry.info
サイコミュ・ジャック
サイコ・フィールドを掌から放出し、敵機のサイコミュ兵器のコントロール制御を奪って自機の兵装としたり、敵機体に干渉し一時的に操縦不能にする。デストロイモード時に使用。

引用元:ja.wikipedia.org

ユニコーンガンダムの「デストロイモード」。サイコフレームは赤色に発光している。バナージとの親和性が高まっていくことで、虹色のオーラを帯びた緑色に発光するようになっていく。

引用元: gundamlog.com
NT-Dシステム
本機体を「ユニコーンモード」から、ガンダムの姿である「デストロイモード」へと“変身”させる際に発動する特殊管制システム。1号機の開発に関わった技術者に対しては「ニュータイプ・ドライブ」の略であると説明されているが、本来の意味は「ニュータイプ・デストロイヤー」、すなわちニュータイプを抹殺するシステムとして設計されたものである。ネオ・ジオン残党軍「袖付き」の首魁フル・フロンタルによれば、ジオン共和国初代首相ジオン・ズム・ダイクンが提唱した「ニュータイプ論」を根絶する=ジオンの存在そのものを根絶するためのシステムであるという。

引用元:ja.wikipedia.org

RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム 1/144スケール

引用元: amazon.co.jp

RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン 1/144スケール

引用元: amazon.co.jp

ユニコーンガンダム2号機は、アニメ版(OVA及びテレビシリーズ)では原作小説から武装とデザインが一部変更。首周りの装甲が独自の形状になり色も金色となった。原作で1号機と共通だったビーム・マグナムとシールドは、下記の専用武装に変更されている。原作と同じく1号機と空中戦を繰り広げた後、マリーダが錯乱状態に陥ったことで機能停止し、デルタプラスを破壊されたリディによって回収され、後述のバンシィ・ノルンに改修された上で、リディの専用機となった。

フル・フロンタル

人工ニュータイプ(強化人間)の「フル・フロンタル」

引用元: twitter.com

宇宙世紀0096時点におけるネオ・ジオン軍の首魁。階級は大佐。「赤い彗星の再来」と呼ばれる仮面をつけた謎の男。「丸裸(転じて、徹底的な、徹底する)」を意味するその名とは裏腹に、真意を窺い知れぬ謎めいた言動でバナージ達を翻弄する。その素顔や声・口調はシャア・アズナブルに酷似しており、シャアの記録映像を見たことのある者にも「シャアの声だ」と言わしめる程。額にはシャアが一年戦争終盤にアムロ・レイとの決闘の際つけられた傷と同様の傷痕がある。

その正体は、ジオン残党によりシャアに似せて造り上げられた人工ニュータイプ(強化人間)であった。

シナンジュをコア・ユニットとしたネオ・ジオング 最強のサイコミュマシン。

「シナンジュ」をコア・ユニットとした巨大MA(モビルアーマー)「ネオ・ジオング」 他機体を掌握しイメージを具現化する最強のサイコミュマシン。

引用元: doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com

「袖付き」がフル・フロンタルのために設計・開発した、シナンジュをコア・ユニットとする拠点攻略用巨大MA(モビルアーマー)。一年戦争での最終決戦の際にシャアが搭乗したMSジオングの名称と機体コンセプトを踏襲し、脚部を排除した純粋な宙域専用機として完成した。

その設計思想にはジオングやα・アジール以外にも、ノイエ・ジールやサイコガンダムMk-IIなどの過去のネオ・ジオンの大型機動兵器のデータも参考にされたとも言われている。

操縦者の意思を実現させようとサイコフレームが呼応し発生させるサイコ・フィールドが引き起こす人智を超えた奇跡とも言えるような力を、「袖付き」が人為的な現象として兵器転用を目指して到達した機体と言われている。

HGUC 1/144 NZ-999 ネオ・ジオング (機動戦士ガンダムUC)

引用元: amazon.co.jp
サイコシャード発生器
両肩部の大型スラスターユニット側面とスカート側面に搭載された、本機体の神髄とも言える大型サイコミュ兵器。展開時には光の結晶体「サイコシャード」を発生させ、ネオ・ジオングの巨体を囲んでしまうほどの巨大なリングを形成する。これはシナンジュのサイコフレームと共鳴反応を起こす特性を有しており、かつてνガンダムが引き起こした「アクシズ・ショック」のような、サイコ・フィールドに限りなく近い現象を意図的に再現することが可能。サイコシャードによるサイコ・フィールド展開時には、操縦者(フロンタル)が望む脳内イメージや想念を実現・具現化できてしまうという、敵対する者にとっては恐るべき空間となる。

引用元:ja.wikipedia.org

ユニコーンとネオ・ジオングのサイコフレームが共鳴したことで、一年戦争時のアムロ・レイやララァ・スンのようにニュータイプとしての認識能力を拡大させバナージと共に“刻”を形象として垣間見る。

引用元: minkara.carview.co.jp

バナージ・リンクス(ユニコーンガンダム)の“暖かな光”をソフトチェストタッチでシナンジュに直接注ぎこむ。

引用元: twitter.com
ソフトチェストタッチ
人の可能性を信じようとするバナージの「それでも…それでも!」という叫びに呼応してユニコーンが発した未知の“暖かな光”を、両方の掌で対象に接触し直接注ぎ込む。デストロイモード時に、サイコフレームが最大共振し緑色に発光する状態で使用。
この“暖かな光”をユニコーンは全身から発し、自身の腕と脚を掴み拘束していたネオ・ジオングの巨大アームユニット4基を灰状に崩壊させ、そのコア・ユニットを担うシナンジュにも、胸部装甲に両方の掌で優しく接触してこの“暖かな光”を直接注ぎ込み、搭乗していたフル・フロンタルの中の「残留思念」を浄化、それに連動してネオ・ジオングも浄化されるように崩壊し灰塵となった。

引用元:ja.wikipedia.org

ユニコーンガンダムはU.C.0097では「シンギュラリティ・ワン」(技術的特異点)と呼ばれる。人知を超えたニュータイプとサイコフレームの未知の領域。

全身に光の結晶体を発生させた

引用元: twitter.com

サイコフレームが持つ人知を越えた力を引き出し、大量破壊兵器であるコロニーレーザーからの攻撃を相殺するほどの未曾有のサイコ・フィールドを命懸けで発生させ、「ラプラスの箱」を護り抜いたバナージだったが、その代償にニュータイプとサイコフレームの未知の領域にまで足を踏み入れてしまう。

その結果バナージはユニコーンに取り込まれ完全に一体化した、人の思惟を受け止め叶える“器”として、もはや万能と言えるほどの力を持った人を遥かに超えた存在になりかける。しかし必ず帰ると約束した大切な存在が待っている事を思い出し、その力を放棄して再び“人間”としてオードリーの下へと帰って行きながら、物語は幕を閉じる。

「ラプラスの箱」にまつわる争乱(『ガンダムUC』本編)では1号機はサイコフレームの発光色が虹色に変化し全身に光の結晶体を発生させた、開発者らの想定をも超えた異なる形態への移行例が見られた。

引用元:ja.wikipedia.org

『機動戦士ガンダムUC』の続編『機動戦士ガンダムNT』では、『ラプラス事変』の後、その人知を超えた力を危険視した地球連邦政府とミネバ・ラオ・ザビにより、サイコフレーム研究も含めてバンシィと共に封印の処置が施された。U.C.0097ではシンギュラリティ・ワン(技術的特異点)とも呼ばれており、解体され封印される処置との事だが、解体はデマの可能性があり、『機動戦士ガンダムNT』では横倒しのハンガーで眠っている描写がある。

引用元:ja.wikipedia.org

HGUC 1/144 NZ-666 クシャトリヤ (機動戦士ガンダムUC)

引用元: amazon.co.jp

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア アムロ・レイとシャア・アズナブルの最後の戦い。

劇場版アニメ「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」 アムロ・レイとシャア・アズナブルの最後の戦い。

引用元: renote.jp

「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」は大人気SFアニメ「ガンダム」シリーズの劇場版。アムロと、彼の宿命のライバルであるシャアの対決を描く。

ジオン公国壊滅後、一時はアムロとともに戦ったこともあったシャアは、やがて地球連邦に絶望し、ネオジオン軍を興し、宇宙世紀0093年、地球に宣戦布告。小惑星アクシズを地球に落下させようと企てる。アムロはその野望を食い止めようと、シャアと最終決戦を挑む。

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』で初登場した発光する特殊構造材「サイコフレーム」。サイコミュ回路を金属粒子に封じ込めて機体のフレームに使うサイコフレーム。

引用元: fusion360.hatenadiary.com

アムロ・レイとシャア・アズナブルの最後の戦い

「サザビー」を駆る「シャア・アズナブル」と「ν(ニュー)ガンダム」を駆る「アムロ・レイ」の最後の戦い

引用元: youtube.com

HGUC 1/144 RX-93 νガンダム (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)

引用元: amazon.co.jp

νガンダムは、連邦軍が、改良を重ねてきたガンダムタイプの最新型で、月面にあるアナハイム・エレクトロニクス社がアムロの為に作った試作機。従来のものより更に重武装になっており、20m級のガンダムタイプでは初のニュータイプ対応型MSでフィン・ファンネルを装備する。白と黒を基調としたカラーリングで、左背にマントのように装備された6基の遠隔操作式ビーム砲台「フィン・ファンネル」を外観上の特徴とする。

νガンダムのフィン・ファンネルを頂点として四角錐型の対ビーム・バリアー(Iフィールドの発展技術)を張ることにより、機体の全周囲に防御シールドを展開することが可能。

引用元: www2s.biglobe.ne.jp

バンダイ(BANDAI) RG 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア サザビー 1/144スケール

引用元: amazon.co.jp

サザビーは、「新生ネオ・ジオン軍」の総帥「シャア・アズナブル」の専用機。特殊な人間であるニュータイプ用に開発された機体で、歴代のガンダム作品に登場するジオン系MSの集大成とされる高性能機。劇中のMSのなかでも大柄な体躯と、シャアのパーソナルカラーである赤い機体色が特徴。背部上段に装備された2基のコンテナには、「ファンネル」と呼ばれる遠隔誘導ビーム砲台を片方3基ずつの計6基搭載している。

『逆襲のシャア』劇中終盤において、主人公「アムロ・レイ」が搭乗する「νガンダム」と死闘を繰り広げる。

RE/100 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ヤクト・ドーガ(ギュネイ・ガス機) 1/100スケール

引用元: amazon.co.jp

ヤクト・ドーガは、新生ネオ・ジオン軍の主力量産機ギラ・ドーガの発展型で、特殊な能力を持つ「ニュータイプ」および「強化人間」用に開発された試作機。当初はネオ・ジオン総帥シャア・アズナブルの専用機となるはずだったが、性能不足からその役目をサザビーに譲り、完成した2機は部下の強化人間ギュネイ・ガスとニュータイプの少女クェス・パラヤ(クェス・エア)にそれぞれ与えられた。

α・アジール(アルパ・アジール) クェス・エア(クェス・パラヤ)が搭乗するニュータイプの専用機。

引用元: ganndamu.blog.jp

α・アジール(アルパ・アジール)は、ネオ・ジオン軍の試作機で、特殊な能力を持つニュータイプの専用機として開発された。歴代「ガンダムシリーズ」の中でも大型の機体の一つで、無線誘導式のビーム砲台「ファンネル」などの強力な火器を多数搭載している。劇中では、地球連邦政府高官の娘でネオ・ジオン軍に寝返ったクェス・エア(クェス・パラヤ)が搭乗する。

ガンダムコレクション 1/400 MZ-333 α・アジール

引用元: amazon.co.jp

「アクシズ・ショック」 サイコフレームの共振効果からか発生したサイコ・フィールドによって生まれた奇跡。

サイコフレームの共振効果か、νガンダムが虹色の光を発し、発生したサイコ・フィールドによってほかの機体は押しのけられることで命を救われ、アクシズは地球から離れていく

引用元: to-zero.com

サザビーは、サイコフレーム技術を横流しし、ほぼ互角の性能となったνガンダムとの一騎討ちとなり、双方が武器を失い格闘戦となるが、背部から攻撃を喰らいアクシズ表面に激突する。

この際に脱出装置が作動し、射出されたコックピット・ブロックはトリモチ・ランチャーを用いたνガンダムに捕らえられ、地球に向け降下していくアクシズの表面に押し付けられる。そして、サザビーのコックピットとνガンダムのサイコ・フレームが共振現象を引き起こし、奇跡を起こすこととなる。

機動戦士ガンダムZZ

ジュドー・アーシタ 「機動戦士ガンダムZZ」の主人公。ニュータイプとしての才能を徐々に開花させていった。

引用元: twitter.com

ジュドー・アーシタは「機動戦士ガンダムZZ」の主人公。サイド1シャングリラコロニーで育った少年。出稼ぎ中の両親にかわり、ジャンク屋の稼ぎで妹のリィナの面倒を見ているが、しっかり者のリィナが逆にジュドーの生活面を支えている描写もある。

エゥーゴの最新鋭機ΖΖガンダムのメインパイロットとなった彼はニュータイプとしての才能を徐々に開花させていきつつ、第一次ネオ・ジオン抗争に参加していく。

『ΖΖ』のメイン脚本を担当した鈴木裕美子は、「ジュドーのニュータイプとしての能力はアムロやカミーユに劣るが、自然に力を身につけることができ、その大地に根ざした能力こそが、それまでのニュータイプが持っていなかった力。その力をハマーンは恐れた」と述べている。

引用元:ja.wikipedia.org

HGUC 1/144 MSZ-010 ダブルゼータガンダム (機動戦士ガンダムZZ)

引用元: amazon.co.jp

「ΖΖ(ダブルゼータ)ガンダム」は「エゥーゴ」の試作型可変MS (TMS) で、前作『機動戦士Ζガンダム』から登場するΖゼータガンダムの後継機。機体が3機の戦闘機に分離・変形するのが最大の特徴で、MS形態から1機の大型戦闘機に変形することもできる。

頭頂部の大出力ビーム砲「ハイ・メガ・キャノン」をはじめとする強力な火器を多数装備し、劇中のMSの中でも屈指の攻撃力をもつ。劇中では、主人公ジュドー・アーシタがΖガンダムに次いでおもに搭乗し、「ネオ・ジオン軍」と戦う。

プルシリーズのクローンニュータイプ「プルツー」 ネオ・ジオン軍のニュータイプ (NT) パイロット。

引用元: gundamlog.com

プルツーはプルシリーズのクローンニュータイプ。性格は攻撃性を高めたものに改変されており、高飛車で傲慢。しかし、プルを殺めた影響から次第に精神的に不安定になり、ジュドーを求めるようになる。

サイコミュへの親和性はエルピー・プルよりも高く、サイコガンダムMk-IIやキュベレイMk-II、クィン・マンサといった数々のNT専用機に搭乗、その性能を奮う。

プルシリーズは、ネオ・ジオン軍のクローン技術によりNTパイロットとして生み出された、少女兵たちである。第1号であるエルピー・プルをはじめとして多数の個体が存在し、いずれも『機動戦士ガンダムΖΖ』の時点で10歳程度の少女の姿をしている。プルのクローンにはプルツーをはじめ、オリジナルのプルと合わせて最低12体の存在が確認されている。

クィン・マンサ 当時最大にして最強のニュータイプ (NT) 専用MS。

引用元: gundamlog.com

クィン・マンサは、ネオ・ジオンの象徴として開発された、当時最大にして最強のニュータイプ (NT) 専用MS。キュベレイの高性能化をコンセプトとするが、機体設計には接収した地球連邦軍製のサイコガンダムMk-IIをはじめ、その他ネオ・ジオン製MSすべてのノウハウが投入されている。

ガンダムコレクション 1/400 NZ-000 クィン・マンサ (機動戦士ガンダムZZ)

引用元: amazon.co.jp

機動戦士Z ガンダム

カミーユ・ビダン 宇宙世紀史上最高のニュータイプ能力を持つとされている。

引用元: matome.naver.jp

『機動戦士Ζガンダム』の主人公。エゥーゴのモビルスーツパイロット(階級は中尉待遇)で、宇宙世紀を舞台とするガンダムシリーズにおいて史上最高のニュータイプ能力を秘めた少年。

最高のニュータイプ能力
類稀な天性のニュータイプであり、ガンダムの公式設定や総監督である富野由悠季の評価ではカミーユは宇宙世紀史上最高のニュータイプ能力を持つとされている。
劇中では味方から「アムロ・レイの再来」と評価されパイロットとしても目覚ましい活躍をあげ、アムロ本人もカミーユの事を「自分以上にニュータイプとして見込みがある」とその資質の高さを認めている(18話にて)。
公式ガンダム情報ポータルサイト「GUNDAM.INFO」や多数の設定資料集やアニメ誌での解説によれば「カミーユは宇宙世紀に登場した数多いニュータイプの中でも、最高のニュータイプ能力の持ち主である」と評される。

引用元:ja.wikipedia.org

HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム 1/144スケール

引用元: amazon.co.jp

Ζガンダム(ゼータガンダム)は反地球連邦政府組織「エゥーゴ」の試作型ガンダムタイプMSで、航空機形態に変形する可変MS。主人公「カミーユ・ビダン」の「ガンダムMk-II」に次ぐ愛機として、劇中後半より登場する。

続編の『機動戦士ガンダムΖΖ』では主人公ジュドー・アーシタの搭乗機となり、ジュドーが後継機「ΖΖガンダム」に乗り換えてからは、「ガンダム・チーム」の一員である「ルー・ルカ」がメインパイロットとなる。

ハマーン・カーン アクシズおよびネオ・ジオンの実質的指導者。ニュータイプ (NT) として非常に高い能力を持つ。NT専用MS「キュベレイ」を駆る。

引用元: gundamlog.com

ハマーン・カーンはアクシズおよびネオ・ジオンの実質的指導者。高い指導力と政治力を有した政治家である一方、モビルスーツのパイロットとしても高い技量を有し、劇中、多くのエースパイロットと互角以上の戦いを繰り広げている。

HGUC 195 機動戦士Zガンダム キュベレイ 1/144スケール

引用元: amazon.co.jp

キュベレイは「アクシズ」(のちのネオ・ジオン軍)の指導者「ハマーン・カーン」の専用機。特殊能力者である「ニュータイプ」用の試作機で、『機動戦士ガンダム』に登場するジオン公国軍の大型モビルアーマー(MA)「エルメス」をMSサイズに小型化させるというコンセプトで開発された。4枚羽根のような大型の肩部アーマーが特徴で、腰背部のコンテナには小型の遠隔操作式ビーム砲である「ファンネル」を多数格納している。

キュベレイのメイン武装の「ファンネル」をファンネルコンテナから射出。

引用元: blogs.yahoo.co.jp

ファンネルによる多角的な全方位攻撃方法、通称「オールレンジ攻撃」

引用元:

パプテマス・シロッコ ニュータイプ (NT) として非常に高い能力を持つ。NT専用MS「ジ・O」を駆る。

引用元: matome.naver.jp
ニュータイプ (NT) の資質を有し、事態を予見する洞察力や、優秀なモビルスーツ (MS) を独自に開発する知識を備えた天才肌の軍人。パイロットとしての能力も非常に高く、自ら開発したNT専用MS「ジ・O」でハマーン・カーンの操るキュベレイのファンネルの挙動すら予測し、これを完全に封じている。最終的にバイオセンサーの力を解放したカミーユ・ビダンに操縦を奪われるまで、作中一度も直撃弾を被弾することがなかった。戦闘で発揮されるNT能力についても、ハマーン・カーンと互角に渡り合い、カミーユの精神を崩壊に追い込むほどであった。自らの能力に対する絶対の自信から、劇中ではノーマルスーツを一切着用しなかった。

引用元:ja.wikipedia.org

MG 1/100 PMX-003 ジ・O (機動戦士Zガンダム)

引用元: amazon.co.jp

ジ・O(ジ・オ、THE-O)は地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」の所属機で、木星船団指揮官「パプテマス・シロッコ」が自身の専用機として開発した。ずんぐりした体型の大型機だが、全身に配置された推進器によって高い機動性を発揮する。

特殊能力者「ニュータイプ」でもあるシロッコに対応した特殊な操縦システムを持ち、主人公「カミーユ・ビダン」が搭乗する「Ζガンダム」や、アクシズ(ネオ・ジオン)指導者「ハマーン・カーン」が搭乗する「キュベレイ」と渡り合う。

HGUC 1/144 MRX-009 サイコガンダム (機動戦士Zガンダム)

引用元: amazon.co.jp

機動戦士ガンダム

アムロ・レイ 「機動戦士ガンダム」の主人公。ニュータイプの元祖。戦いと出会いを通じて人類の革新「ニュータイプ」として覚醒する。

引用元: festy.jp

アムロ・レイは「機動戦士ガンダム」の主人公。機械いじりの好きな内気な少年。父は地球連邦軍でV作戦のMS開発などを担当するテム・レイ大尉。母はカマリア・レイ。彼は急遽リーダーとなった士官候補生 ブライト・ノアとの衝突や、仲間たちを守るために必然的にも軍兵として戦争に巻き込まれていくことへの葛藤を抱えながらも、サイド7脱出以来の宿敵シャア・アズナブルやMSパイロットとしても人間としても経験豊富なベテラン軍人ランバ・ラルとの戦い、初恋の女性マチルダ・アジャンや兄貴分リュウ・ホセイの戦死といった現実を経て人間的に成長していく。さらにララァ・スンとの運命的な出会いで人類の革新「ニュータイプ」として覚醒する。

ガンプラ HGUC 191 機動戦士ガンダム RX-78-2ガンダム 1/144スケール

引用元: amazon.co.jp

シャリア・ブルが駆るニュータイプ専用モビルアーマー (MA)「ブラウ・ブロ」の有線制御式メガ粒子砲によるオールレンジ攻撃をかいくぐるガンダム。

引用元: robotto-news24.info

ララァ・スン ニュータイプ能力は非常に高い。元祖ニュータイプヒロイン。

引用元: altoria.jp

ララァ・スンは、宇宙世紀0079年の一年戦争中にシャア・アズナブルによって見出され、フラナガン機関で育てられたニュータイプの少女。彼女のニュータイプ能力は非常に高く、サイコミュシステムを搭載したモビルアーマー「エルメス」によるオールレンジ攻撃により、宇宙要塞ソロモン攻略戦の後に集結していた地球連邦軍の艦船やモビルスーツを次々と撃破し、ソロモンの亡霊と恐れられた。

ララァ・スンは、ガンダムとの戦いで、ニュータイプとして目覚めていたアムロ・レイと意識を共鳴させる。

引用元: chansoku.com

ララァ・スン専用モビルアーマー「エルメス」 無人攻撃ポッド「ビット」による無線式オールレンジ攻撃。

引用元: chansoku.com

ララァ・スン専用モビルアーマー「エルメス」は、一年戦争末期に、ジオン公国軍がブラウ・ブロの流れを汲んでニュータイプ専用MA初の実戦タイプとして開発した機体。当時のジオン軍が開発したニュータイプ用MS・MAの遠隔誘導端末のほとんどは有線式であるが、本機は無線式であり、ニュータイプ用兵器として「究極」とも評される。

「ララァ・スン専用モビルアーマー」という名称に変更される前の、かなりレアな『エルメス』の名称のプラモデル。

引用元: plamo-kaitori.jp

プラモデルは当初『エルメス』の名称で発売されたが、ファッションブランドであるエルメスは日本国内において「おもちゃ、人形」を指定商品とした商標を登録しており、商標権の侵害となるおそれがあることからパッケージの「ララァ・スン専用モビルアーマー」という名称に変更された。

シャア・アズナブル アムロの宿命のライバル。ジオン軍のエースパイロットにして天才的軍人。通称「赤い彗星」。

引用元: amass.jp

シャア・アズナブルは、アムロの宿命のライバル。ルウム戦役で多大な戦果を挙げ、弱冠20歳にして佐官となったジオン軍のエースパイロットにして天才的軍人。通称赤い彗星。ガルマ・ザビ戦死時の不可解な行動により失脚するも、キシリア・ザビの抜擢で大佐に昇進して再起を果たす。オデッサの敗戦後、起死回生のジャブロー攻略作戦では潜入工作隊長という重責を担い、戦いの舞台が宇宙となるやキシリア麾下のニュータイプ部隊の指揮官となる。

MSN-02 ジオング ジオン軍大佐シャア・アズナブルが搭乗したニュータイプ用モビルスーツ。

引用元: middle-edge.jp

ジオングは「ジオン公国軍」の試作機で、同軍が開発した最終型のMSという位置づけにある。特殊な素養を持つ「ニュータイプ」パイロットに対応した操縦および火器管制システム「サイコミュ」を標準装備している。劇中では両脚のない状態で、脚部の代替として大型の推進器を内蔵している。

シャアは宇宙要塞ア・バオア・クーでの決戦ではニュータイプ用モビルスーツ・ジオングに搭乗してSフィールドに出撃。連邦軍が要塞に取り付くのを阻止する任務には失敗するが、ガンダムと互角に戦い相討ちになる。

ガンプラ HGUC 1/144 MSN-02 ジオング (機動戦士ガンダム)

引用元: amazon.co.jp