【グリッドマン】テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」のあらすじ、主要キャラ、見所、考察のまとめ。

更新日: 2018年11月25日
ruler777さん
のまとめ
  • views34

1993年に放映され人気を博した特撮アクションヒーロー「電光超人グリッドマン」をアニメ化した『SSSS.GRIDMAN』のあらすじ、主要キャラ、見所のまとめ。本作は、主役の響裕太とグリッドマン以上に黒幕の新条アカネの魅力が光っています。シナリオはもちろん作画や動画など作品のクオリティも最高の仕上がりです。

現在放送中の作品なので随時更新していきます。ネタバレにもなっているので、未視聴の方は閲覧は要注意で。

『SSSS.GRIDMAN』 特撮アクションヒーロー「電光超人グリッドマン」をアニメ化。

テレビアニメ『SSSS.GRIDMAN』 特撮「電光超人グリッドマン」をアニメ化。アニメ版グリッドマンと特撮版がリンクしている可能性も。物語の舞台である「ツツジ台」という町は、新条アカネによって創られたコンピューターワールド的な箱庭だった。

引用元: twitter.com

テレビアニメ『SSSS.GRIDMAN』は1993年に放映された特撮アクションヒーロー「電光超人グリッドマン」をアニメ化した作品。

7話までに明かされたことから、物語の舞台である「ツツジ台」という町は、黒幕と新条アカネによって創られたコンピューターワールド的な箱庭(ツツミ台の町の外は何もない)のようである。人物はすべてアバターの可能性があり、主要キャラ以外の人物は、NPC的な存在に過ぎないかもしれない。かなりゼーガペインに近い世界観。

コンピューターワールドの箱庭と現実世界の関係性はまったく不明。記憶喪失の響裕太の謎、現実世界はどうなっているのか、黒幕の真の目的や物語の構造的部分はわからないことが多い。まだまだ裏がありそうであり、今後の展開が楽しみ。衝撃的な結末、ドンデン返しもありそうです。

新番組『SSSS.GRIDMAN』放送直前PV!

ツツジ台に住む高校1年生の響裕太は、ある日目覚めると記憶喪失になっていた。そして裕太は古いパソコンに映る『ハイパーエージェント・グリッドマン』と出会う。グリッドマンは使命を果たせと語りかけ、裕太はその言葉の意味と記憶を探し始める。突然の事に戸惑いつつも、クラスメイトの内海将や宝多六花、新条アカネたちに助けられながら毎日を送る裕太だった。が、その平穏な日々は、突然現れた怪獣によって容易く踏みつぶされた――

©円谷プロ ©2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

グリッドマン同盟 グリッドマンと3人組みの主人公グループ

グリッドマン同盟 戦闘担当:響裕太・グリッドマン サポート:宝多六花・内海将 (新世紀中学生の4人や怪獣少女も加わるかも)

引用元: twitter.com

『SSSS.GRIDMAN』第一話での戦闘終了後、内海将が結成したチーム。戦闘担当は響裕太とグリッドマン。そのサポートに宝多六花と内海将がつく体制になっており、ジャンクのあるリサイクルショップ「絢JUNK SHOP」を一応の拠点としている。

本作品『SSSS.GRIDMAN』では、3人組の主人公グループや身近にいる敵など原作のフォーマットを継承しつつも、グリッドマン以外の登場人物やメカニックが原作の1993年から1994年にかけて放送された円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』より一新され、新たな世界観を舞台としたグリッドマンの活躍が描かれる。

グリッドマン ついにアニメ化された特撮アクションヒーロー。アカネが生み出した怪獣・世界で戦う。

グリッドマン(SSSS.GRIDMAN) ハイパーエージェントと名乗るエネルギー体。記憶や本来の力を失っている。

引用元: twitter.com

グリッドマンは自らをハイパーエージェントと名乗るエネルギー体。響裕太が、電力供給されたジャンクの前でプライマルアクセプターを介し「アクセス・フラッシュ」とコールすることで合体し、一定時間だけ実体のある巨大な姿となって出現することが出来る。

GRIDMAN(グリッドマン)のウルトラマンのような登場シーン。

引用元: henshin-hero.com

『SSSS.GRIDMAN』第2回「修・復」

引用元: twitter.com

GRIDMAN Initial FighterはBlu-ray特典のみです。Blu-ray「SSSS. GRIDMAN 4」きゃにめ限定オリジナルソフビ&全巻収納ボックス付き完全予約生産限定盤

引用元: twitter.com

当初は青や紫を基調とした「イニシャルファイター」と称される姿で登場。裕太にしか認識出来ず、戦闘中もキーボードでメッセージをタイピングすることでしかコンタクトが取れなかった。

しかし、サムライ・キャリバーがジャンクを最適化したことで機能が向上。メインカラーは赤・白・青のトリコロールに変化し、誰とでもコンタクトをとれるようになる。また、記憶や本来の力を失っており、「迫りくる危機から街を守る」という使命だけを理解している。

『SSSS.GRIDMAN』第3回「敗・北」

引用元: twitter.com

販売元:FineΦClover「Strong Style Sofvi Series/GRIDMAN」サイズ:185mm 価格:3,980円+税

引用元: twitter.com

響裕太 『SSSS.GRIDMAN』の主人公。謎が多い人物。

響裕太 記憶を失っている。アカネに生み出された存在ではない?もしくはアカネにとって想定外の何か異変が起きたのか?

引用元: twitter.com

響裕太(ひびき ゆうた)は『SSSS.GRIDMAN』の主人公。記憶喪失の少年。宝多六花の家のベッドで目覚めてから自分の家の場所も六花のことも覚えていない。なぜかパソコンの画面にグリッドマンが見え、グリッドマンに世界に危機が迫っていることを告げられる。

謎の多い人物。六花に好意を持っているが、告白する勇気を出せずにいる。

響裕太はグリッドマンになぜなれるのか?響裕太の失われた記憶、正体が物語の根幹にかかわる重要な事柄でしょう。

引用元: henshin-hero.com

響裕太はなぜ記憶喪失になったのか?裕太とグリッドマンの失われている過去の記憶が戻ることで、物語の大きな進展が見られそうです。

宝多六花 メインヒロイン。

宝多六花 メインヒロイン。アカネに生み出された存在・・・彼女がらみのドンデン返しがありそうな予感。

引用元: tapittalk.com

宝多六花(たからだ りっか)は『SSSS.GRIDMAN』の主人公サイドのメインヒロイン。今どきの女子高生ながら少しクールな雰囲気の少女。実家はリサイクルショップ「絢JUNK SHOP」を経営している。

家の前で倒れた裕太を介抱したことで彼と面識をもち、裕太とグリッドマンが合体するところを目撃したことで、内海とともにサポートすることとなる。

宝多六花の健康的な太もも。アニメ映えするむっちり感が魅力的。

引用元: tapittalk.com

宝多六花は、アカネを好きになる設定の「友達」として生み出された存在・・・(第8話より)

引用元: twitter.com

この町の人物のすべてが、アカネのことを好きになるように設定され、アカネによって生み出されたのだと言う。宝多六花はアカネのことを好きになる設定の「友達」として生み出された。そのため、アカネのことを嫌いになれないのだと言う。

引用元: aaieba.livedoor.biz
宝多六花は、自宅が近いアカネとは幼馴染の関係であり、アカネによると彼女を好きになる設定の友達として怪獣から生み出された存在とされる。

引用元:ja.wikipedia.org

宝多六花と新条アカネのダブルヒロイン。この二人には今後何かがありそう。

引用元: henshin-hero.com

内海将

内海将 記憶喪失の裕太の案内役となる眼鏡男子。オタトークする仲間としてアカネに生み出された存在?

引用元: twitter.com

内海将(うつみ しょう)は、響裕太の同級生である眼鏡男子。裕太とは春に知り合い、三か月の間に友人関係になっていったらしい。怪獣との戦いに巻き込まれ、裕太や宝多六花と深く関わるようになってからは自分たちの集まりのことを「グリッドマン同盟」と名付けた。

「ウルトラシリーズなら怪獣に弱点があるのに!!」と発言しており、本屋で雑誌「宇宙船」を立ち読みするほどの特撮ファンである模様。アカネと特撮・怪獣談義で盛り上がっていた。

特撮オタクの内海将は、SF・特撮ビジュアルマガジン「宇宙船」を立ち読みしている。『SSSS.GRIDMAN』第6回「接・触」より

引用元: twitter.com

新世紀中学生 グリッドマンの武器である「アシストウェポン」の人間態。

新世紀中学生 グリッドマンの武器である「アシストウェポン」の人間態。

引用元: twitter.com

新世紀中学生は「SSSS.GRIDMAN」に登場するグリッドマンをサポートする集団。その正体はグリッドマンの武器であるアシストウェポンの人間態であり、「アクセス・コード!○○(本来の姿)!」と叫んでジャンクに突入することで本来の姿に戻る。六花の家のジャンクショップ「絢」のカフェをたまり場にしている。

SSSS.GRIDMAN グリッドマン DXアシストウェポンセット

引用元: amazon.co.jp

ジャンクショップ「絢」を経営している六花ママ。六花の母。ジャンクショップ兼喫茶店「絢」を営む。六花との親子関係は良好で、面倒見の良い性格から裕太たちにも友好的に接する。

引用元: twitter.com

アシストウェポンは新世紀中学生がアクセスコードを叫ぶことによって変身する。アシストウェポンの4人まとめて全員で行こうとするが・・・

引用元: henshin-hero.com

なんとジャンクのスペック不足で、演算処理が追いつかず、全員出撃したらフリーズしてしまう。ジャンクの処理能力の限界から、全てのアシストウェポンが出撃するとグリッドマンを含めてフリーズを起こすため、あらかじめ処理落ちしないように出力スケールを調整する必要がある。

引用元: henshin-hero.com

サムライ・キャリバー/グリッドマンキャリバー

サムライ・キャリバー/グリッドマンキャリバーの人間態

引用元: twitter.com

サムライ・キャリバーは腰に4本の刀を提げた猫背の男。裕太たちの前に最初に現れた新世紀中学生の男性。グリッドマンキャリバーの人間態。アクセスコード「グリッドマンキャリバー」を叫ぶことで、同名の剣になる。普段は寡黙でどもるような喋り方で会話をするが、根は優しく、裕太たちを気遣うこともある。

グリッドマンキャリバー

引用元: henshin-hero.com

電撃大斬剣グリッドマンキャリバーはサムライ・キャリバーが、アクセスコード「グリッドマンキャリバー」によって変身した長剣。

アシストウェポン「グリッドマンキャリバー」を装備したグリッドマン。SSSS.GRIDMAN グリッドマン DXアシストウェポンセット

引用元: twitter.com

マックス/バトルトラクトマックス

マックス/バトルトラクトマックスの人間態

引用元: henshin-hero.com

マックスは口元にマスクを付けた大柄な男。バトルトラクトマックスの人間態。アクセスコード「バトルトラクトマックス」を叫ぶことで、同名の走行メカとなる。新世紀中学生のリーダー格であり、性格・言動共に真面目で、常に落ち着き払っている。

バトルトラクトマックスと合体したグリッドマンの合体形態「剛力合体超人マックスグリッドマン」

引用元: twitter.com

バトルトラクトマックスは、マックスが、アクセスコード「バトルトラクトマックス」によって変身したトレーラー型の走行メカ。武器は車両後部の大砲「タンカーキャノン」。

剛力合体超人マックスグリッドマンはグリッドマンとバトルトラクトマックスが合体した姿。バトルトラクトマックスは縦に二分割してタンカーキャノンが付属した巨大な腕部となり、攻撃力と火力が強化される。前腕部の車輪はスラスターとして機能し、跳躍時の軌道補正やパンチの威力強化、短時間の飛行を可能にする。

「グリッドマンDXアシストウェポンセット」のアシストウェポン「バトルトラクトマックス」

引用元: twitter.com

ボラー/バスターボラー

ボラー/バスターボラーの人間態

引用元: twitter.com

ボラーは小柄なツインテールの少女…のような少年。バスターボラーの人間態。アクセスコード「バスターボラー」を叫ぶことで、同名のドリル戦車となる。粗暴な口調と横柄な態度で周囲と接し、特に内海には容赦なく蹴りを入れることが多い。

バスターボラーと合体したグリッドマンの合体形態「武装合体超人バスターグリッドマン」

引用元: twitter.com

バスターボラーはボラーが、アクセスコード「バスターボラー」によって変身したドリル戦車。武器はミサイルとツインドリル。ミサイルは火災を鎮める「フォレスター消火弾」、相手の動きを封じる「シドニー凝固弾頭弾」など、多数の種類を備える。一方で悪路での走行が苦手という弱点をもつ。

武装合体超人バスターグリッドマンはグリッドマンとバスターボラーが合体した姿。バスターボラー本体は胴体の追加装甲、キャタピラー部はガトリング砲とミサイルハッチを備える射撃兵装として使用される。両肩部のツインドリルは、ドリラーモードと、パラボラアンテナ型に展開したバスターモードに使い分けることが可能。オープニングではキャタピラーを利用して地上を高速走行する姿も見せる。

バスターボラーと合体した「グリッドマンDXアシストウェポンセット」の「バスターグリッドマン」形態

引用元: twitter.com

ヴィット/スカイヴィッター

ヴィット/スカイヴィッターの人間態

引用元: henshin-hero.com

ヴィットはホスト風の若い優男。スカイヴィッターの人間態。アクセスコード「スカイヴィッター」を叫ぶことで、同名の戦闘機となる。

スカイヴィッターが顕現する。グリッドマンと合体し、「大空合体超人スカイグリッドマン」となる。

引用元: mirikai.site

スカイヴィッターはヴィットが、アクセスコード「スカイヴィッター」によって変身した戦闘機[19]。攻撃手段は機首にある機銃と、機体後方から自在に偏向する追尾レーザーを無数に放つ「アンプレーザーサーカス」。

大空合体超人スカイグリッドマンはグリッドマンとスカイヴィッターが合体した姿。主翼部およびエンジン部は脚部パーツ、前翼部は背部スラスター、コクピット部はヘッドパーツとして合体し、高い空戦能力を発揮する。

スカイヴィッターとグリッドマンの合体形態「大空合体超人スカイグリッドマン」

引用元: twitter.com

グリッドマンで板野サーカスが見れる。板野一郎氏による板野サーカスと呼ばれるすさまじい作画・動画の演出(板野一郎氏がマクロスプラスで披露した板野サーカスと呼ばれてる空中戦)

引用元: twitter.com
制作スタッフから『とにかくスピード感が出るように奥と手前のメリハリを極端につけました。また、全体のシルエットが重ならないよう注意しました』とのことです。こちらは板野氏からの助言を基に弊社若手スタッフが制作しました。

引用元:twitter.com

超合体超人フルパワーグリッドマン アシストウェポンの4人全員がグリッドマンと合体した姿。

超合体超人フルパワーグリッドマン 全てのアシストウェポンとグリッドマンが合体した姿。

引用元: aaieba.livedoor.biz

超合体超人フルパワーグリッドマンは全てのアシストウェポンとグリッドマンが合体した姿。バトルトラクトマックス、バスターボラー、スカイヴィッターとそれぞれ合体した後、グリッドマンキャリバーから分離したアックスブレードが胸部のプレートとして合体し、最後に角を展開したバスターグリッドマンのヘルメットを装着することで完成する。

ジャンクの処理落ちを防ぐため、合体後、通常の大きさになるように出力スケールが調整されている。

グリッドフルパワーフィニッシュ:黄金色に輝きながらグリッドマンキャリバーにエネルギーをチャージし、長大なエネルギーの刀身を作り出して敵を一刀両断する。

引用元: aaieba.livedoor.biz

合体戦神パワードゼノン

合体戦神パワードゼノン

引用元: tr.twipple.jp

合体戦神パワードゼノンは、全アシストウェポンが合体することで完成する巨大ロボット。バトルトラクトマックスが脚部、バスターボラーが胴体、スカイヴィッターが腕部と背部スラスターを構成し、最後にバスターグリッドマンのヘルメット後部に隠された顔が現れて完成する。

合体戦神パワードゼノンの必殺技「パワードブレイカー」は敵の懐に飛び込み、敵が上空に舞うほどの強力なアッパーカットを放つ。「ジャンボセイバースラッシュ」はエネルギーをチャージしてパワードアックスで敵を切り裂く。

グリッドマンの敵対者・黒幕

グリッドマンの敵対者は、裕太のクラスメイトにして、ツツジ台を作り上げた創造主ともいえる人物「新条アカネ」、アカネに協力する黒ずくめの謎の存在「アレクシス・ケリヴ」などがいる。

新条アカネ 残忍な性格のサイコパス。黒幕の「傀儡」か「共謀者」。怪獣と世界の創造主。

新条アカネ 残忍な性格のサイコパス。黒幕「アレクシス・ケリヴ」の「傀儡」もしくは「共謀者」。実は怪獣と世界の創造主。

引用元: twitter.com

新条アカネは『SSSS.GRIDMAN』のもう一人のメインヒロイン。黒幕サイドの主人公ともいえる存在。終盤の展開によっては、物語の真の主人公の可能性もある。黒幕「アレクシス・ケリヴ」が言うには「本物の人間」(劇中の存在は、本物の人間のアバターといった方がいいかもしれない)。

響裕太の鍵がかかっている家の中に移動することができる。世界の創造主、神のような存在ゆえに、テレポーテーションの類のようなことができるようだ。

響裕太の同級生の一人。クラスのマドンナ的存在の美少女。特撮作品、特に怪獣及び宇宙人好き(ヒーロー嫌い)で第6話で本屋で会った将に打ち明け、両者で仲良く特オタトークしていた。

新条アカネはクラスのマドンナ的存在の美少女なのだが・・・

引用元: twitter.com

新条アカネこそが本作の怪獣の元である怪獣フィギュアの製作者。 グリッドマンに何度も怪獣を倒されたアカネは自信を喪失し始める(第8話)。

引用元: henshin-hero.com

新条アカネこそが本作の怪獣の元である怪獣フィギュアの製作者であり、アレクシス・ケリヴと共謀して町に怪獣を出現させていた張本人であった。 第2話以降の描写でおおよそ明かされていた。

アカネ「……ただいま、アレクシス」
アレクシス『やぁ、お帰り。アカネ君』

新条アカネとアレクシスは、1993年に放映された「電光超人グリッドマン」の藤堂武史とグリッドマンの宿敵カーンデジファーに相当する存在と思われる。

引用元: henshin-hero.com
新条アカネは、原典(電光超人グリッドマン)の藤堂武史(グリッドマンの宿敵カーンデジファーに協力する少年)に相当すると思われる(彼女の自宅は元ネタである武史の自宅とほぼ同じデザインをしている)。

引用元:dic.pixiv.net

新条アカネとアレクシスの関係の始まり、現実の世界は一体どうなっているのか、が今後明るみになっていくでしょう。

引用元: twitter.com

新条アカネの怪獣フィギュアとゴミ袋だらけの狂気な部屋。

引用元: henshin-hero.com

アカネによって、怪獣も町も登場する人物も、すべて生み出された仮想世界に対して、本当の人間がいる現実の世界はいったいどうなっているのか。ここが最大の謎ですね。

新条アカネの原画

引用元: twitter.com
その異常なキャラクター性から、「番組が深夜放送な理由」と称されることもあり、主役の裕太やグリッドマン以上に本作を代表するキャラクターと評され、円谷プロ作品全体で見ても近年における強烈な悪役の一人として数えられるに至っている。

引用元:dic.pixiv.net

ツツジ台という町は、新条アカネによって創られたもの(コンピューターワールド)・・・アカネは神様のような存在。町の外は何もない・・・

引用元: twitter.com

新条アカネは、怪獣のみならず、ツツジ台という町そのものを生み出した人物である。怪獣少女アノシラス曰く「裕太達にとっては神様のような存在」。

ツツジ台は、本作の舞台となる、東京都ネリマ市に存在する街。その実態はアカネによって作られた世界であり、アカネの作った怪獣により彼女の都合のいいように破壊と再生が繰り返されている。

街の外には何もなく、住人は外に出ようとするとガスに巻かれて眠くなる。学校行事などでアカネが止むを得ず外に出る場合は専用の場所が作られ、用が済めば破壊される。また街の遥か上空には、上下逆さになった街が存在する。

ツツジ台という町は、新条アカネによって作られた電脳世界に過ぎなかった・・・まだ裏がありそうな感じはする。

引用元: henshin-hero.com

街にいる不動の怪獣たち(巨大な怪獣のシルエットとして描写)が壊れた街を直していたのだろうか・・・怪獣少女アノシラスの語るイメージでは、アカネが壊した世界を作り直すかのような様子が示唆される。

引用元: henshin-hero.com

新条アカネは鬱屈した感情を抱えている。ヤンデレかも。更正させるのは難しそうである。

引用元: henshin-hero.com
かつては「独りぼっち」であり、鬱屈した感情を抱えていたが、それをアレクシスに付け込まれてしまった模様(この関係は特撮版の藤堂武史とカーンデジファーを彷彿させる)。

引用元:dic.pixiv.net

新条 アカネの家は、宝多 六花の家からあまりにも近い。

引用元: aaieba.livedoor.biz

アカネの家のドアを開けると・・・

引用元: aaieba.livedoor.biz

アンチ アカネが対グリッドマン用に造り上げた。

アンチ(人間態) 執念深い。グリッドマンを宿敵と考えている。再戦で敗北して以降は八つ当たりの対象として邪険に扱われる。

引用元: www49.atwiki.jp

臥薪嘗胆怪獣 アンチは、第3話より登場。アカネが対グリッドマン用に造り上げた、人間と同じ意志をもつオートインテリジェンス怪獣。普段は白髪と赤い瞳が特徴の少年の姿をしており、グリッドマンが現れると青い怪獣の姿に変身する。

初戦でグリッドマンを敗退させるまではアカネに可愛がられていたが、再戦で敗北して以降は八つ当たりの対象として邪険に扱われる。

臥薪嘗胆怪獣 アンチ

引用元: twitter.com

臥薪嘗胆怪獣 アンチは、グリッドマンやアシストウェポンの力を模倣する能力をもち、グリッドマンとの初戦ではグリッドマンキャリバーを模した刀状の爪を、バスターグリッドマン戦ではミサイル攻撃を模して腹部から弾頭を発射する能力を、スカイグリッドマン戦では飛行能力を模して脚部を変化させた巨大ブースターをそれぞれ披露している。

「グリッドナイト」 アンチがグリッドマンのすべてをコピーしたグリッドナイトになる。

アンチが、グリッドマンのすべてをコピーしたことで誕生した黒いグリッドマン。攻撃手段は、手から発生させる切断光線。自分の命の意味を探す決意をしたアンチは、追い詰められたフルパワーグリッドマンを助け、グリッドナイトとなって怪獣を撃破する。

引用元: aaieba.livedoor.biz

アレクシス・ケリヴ 本作の黒幕・ラスボスの可能性が高い。

アレクシス・ケリヴ 特撮作品のラスボスの凶悪星人系の強そうな悪役。謎の存在。目的も不明。

引用元: twitter.com

アレクシス・ケリヴは、アカネに協力する黒ずくめの謎の存在。紳士的な態度が特徴で、アカネとは友好的に接するが、アノシラスからは「外から来たとても危険な人」と称される。

普段はアカネのコンピュータに宿り、怪獣を実体化させる役目を担うが、自分の意思で実体化することも出来る。アカネとは友好的に接してはいるものの時折彼女を追い詰めるかのような行動を取ることもある。

新条アカネの部屋の中では、アレクシスはモニターの中にいる存在。8話にて、アカリの部屋でも実体化して外に出られることが分かった。

引用元: henshin-hero.com

アレクシス「本物の人間であるアカネくん」・・・という台詞の意味は?アカネ以外は作られた存在?

引用元: ckworks.jp

アレクシスは外の世界に出ることができる。実体化できる。新条アカネの部屋以外は仮想世界だから外出できるのか?

引用元: mirikai.site

アレクシス・ケリヴは本作の黒幕・ラスボスの可能性が高い存在。彼はいったい何者なのか、彼の目的は何なのかはまったくの謎。

新条アカネの共謀者というより、彼の野望や目的のために、彼女を上手く騙して利用しているように思われる。新条アカネの部屋の中では、グリッドマンのようにモニターの中に存在するが、外にも出られる。

怪獣少女アノシラス(2代目) 鍵を握る存在。恩返しとしてグリッドマンに色々な情報を教えてくれた。

怪獣少女アノシラス(2代目) メタ的発言「先代が君に救われた」 恩返しとして色々な情報を教えてくれた。1993年に放映された「電光超人グリッドマン」第6話に登場したアノシラスの2代目。

引用元: twitter.com

怪獣少女アノシラス(2代目)は、新条アカネに創られた存在ではなく、この世界・コンピューターワールドに元々住んでいた存在。響裕太に対して、怪獣やこの町は新条アカネによって創られた世界であると解説した。

怪獣少女アノシラス(2代目)は「先代が君に救われた」というメタ的発言を語っており、特撮実写版のグリッドマン=アニメ版グリッドマン(同一世界の未来・続編)=響裕太(人間態)である可能性を示唆しているかもしれない。

このメタ的発言は、単なる視聴者・ファン向けのサービス(ギャグ)の可能性もある。

怪獣少女が着ている音符の柄が入ったTシャツは特撮版グリッドマンに登場する音楽精霊のコスチュームを引用している。初代は音波怪獣なので、音楽がフューチャーされており、目の色なども初代に酷似しており、芸が細かい。

1993年に放映された「電光超人グリッドマン」に救われた先代の「アノシラス」

「電光超人グリッドマン」第6話『恐怖のメロディ』に登場するアノシラス

引用元: www49.atwiki.jp
いつもの如く藤堂武史がイラついたので作った怪獣の一体……ではない。
基本的にグリッドマン怪獣は武史お手製なのだが、アノシラスのみコンピューターワールドに元々住んでいた電子生命体である。

引用元:www49.atwiki.jp

新条アカネがデザインした怪獣・そのほかの怪獣

新条アカネが製作した怪獣人形を元にアレクシスが出現させた怪獣とそれ以外の方法で存在する怪獣がいる。

引用元: twitter.com

本作品の怪獣は、新条アカネが製作した怪獣人形を元に、アレクシス・ケリヴが「インスタンス・アブリアクション」と唱えることで出現するものと、ツツジ台が作られる以前から存在したものの2種類に分けられる。

怪獣が倒されると、翌日には怪獣の被害は無かったことになり、その存在はグリッドマンに関係しない者の記憶や各種記録からは消え去る。また、怪獣の攻撃で死亡した人物は、襲撃以前に別の要因で死亡したことになる。

気炎万丈怪獣「グールギラス」 アカネが生み出した。

引用元: twitter.com

第1話に登場。アカネが同級生の問川さきるへの怒りから作り上げた怪獣。攻撃手段は口から放つ火炎弾で、問川を含むバレー部のといこ / 戸井田光、けなちゃん / 毛苗村里香、土居ハコ、せぶん / 高良奈々たちを殺害した。

因果応報怪獣 「デバダダン」 アカネが生み出した。

引用元: henshin-hero.com

第2話に登場。アカネが歩きスマホでぶつかってきた学級担任に対する怒りから作り上げた怪獣。グリッドマンとの戦闘を想定し、体表はグリッドビームを反射することが可能。攻撃手段は胸の突起物から放つ光線。

街を破壊しながら担任を付け狙い、現れたグリッドマンもグリッドビームを無力化して追い詰めるが、グリッドマンキャリバーを手にしたグリッドマンのグリッドキャリバーエンドによって両断され、撃破される。

朝雲暮雨怪獣 ゴングリー

引用元: ultra.wikia.com

第4話に登場。六花から裕太とグリッドマンのことを探ろうとしたアカネが、大学生のYouTuber集団「Arcadia」によって探索を妨害されたことにいらだちを覚えて造り上げた怪獣。

足に相当する部分に顔が位置しているフォルムが特徴。出現する際は周囲に霧が発生し、グリッドマンに気づかれずに行動する。戦闘では身体の至る所から光る触手を生み出して攻撃や捕縛に用いる。最後は、マックスグリッドマンの超電撃キックによって撃破される。

多事多難怪獣 「ゴーヤベック」 アカネが生み出した。これまでの怪獣とは比較にならないほどの巨体。

『SSSS.GRIDMAN』第5回「挑・発」に登場。

引用元: twitter.com

第5話に登場。土や森林、岩石で構成され、これまでの怪獣とは比較にならないほどの巨体を誇る。攻撃手段は背中の火山から放たれる火山岩。
アカネの指示を受けたアレクシスによって、裕太たちが校外学習で訪れた山間部付近に出現。質量の差でグリッドマンを圧倒するが、バスターグリッドマンの火力に圧倒され始め、最後はツインバスターグリッドビームによって身体を粉砕され、撃破される。

幽愁暗根怪獣「ヂリバー」 アンチがグリッドマンを呼び出すために作り出した銀色の怪獣。

引用元: henshin-hero.com

第7話に登場。アンチがグリッドマンを呼び出すために作り出した銀色の怪獣。浮遊能力を有し、四肢末端から伸ばした糸状の物質によって、赤い光の球体と複数の円錐で出来たUFOを超高速で操ることができる。UFOはヂリバー本体を倒さない限り、撃破されても球体を中心に何度も再生する。

アレクシス「アンチくんの持ち込み企画でさぁ」 アンチがデザインした円盤生物と銀色の怪獣。

引用元: henshin-hero.com

劇中ではまずUFOのみが姿を現し、再生能力と体当たり攻撃によってグリッドマンを翻弄するが、本体の存在をグリッドマンに看破され、上空でアンチとともにスカイグリッドマンと会敵。最後はグリッドライトセイバースラッシュによって両断、撃破される。

複数の円盤生物は、本体の怪獣がピアノ線で釣って操っていた。往年の特撮の撮影でピアノ線で釣って操作するシーンをオマージュしているのでしょう。特撮ファンには堪らない演出です。

メカグールギラス グールギラスの強化体。

グリッドマンを倒すためのアカネの自信作。第8話に登場。怪獣のフィギュア状態。

引用元: aaieba.livedoor.biz

メカグールギラスは第8話に登場。グリッドマン撃退と同時にツツジ台高校の学園祭を潰すために、アカネが作り上げたグールギラスの強化体。脆かった首を始め、背面や手足が機械化されている。特に首から上はひれ状の装甲で覆い回転することで、ドリルとして使用可能となる。火力も増強されており、口からは破壊光線、背面の砲塔からは砲弾を発射する上、尻尾にもドリルも搭載している。

前日に裕太、将、六花の3人にわざわざ犯行を予告させるなど3人を挑発していた。しかし、学園祭当日、先手を取った裕太の提案で学校にいる人々を避難させようと先に出現したグリッドマンの後を追う形で激怒したアカネの指示を受けて出現。アシストウェポンの攻撃をものともせず強化された火力で迎え撃つが、グリッドマンがフルパワーグリッドマンになると攻撃も通用せず、再び首を切断され、最後はグリッドフルパワーフィニッシュによって撃破される。

超合体超人フルパワーグリッドマンと戦う。第8話に登場。

引用元: aaieba.livedoor.biz

アカネがグリッドマン同盟の3人を直接攻撃するために作り上げた怪獣「バジャック」

引用元: anicobin.ldblog.jp
バジャックは、相手を深い眠りへと落とし、各人の記憶にもとづきつつも、アカネのことを好きになる夢を見続けさせることができる。また、実体がないため、街に被害をもたらさない一方、外部からの干渉や攻撃をいっさい受けない性質をもつ。一応護衛手段として内からの放電攻撃が可能だが戦闘能力は低い。
メカグールギラス戦後、ツツジ台に突如出現し、裕太たちに夢を見続けさせる。しかし、裕太たちが夢であることを知覚し、さらにグリッドマンがグリッドキネシスで干渉したことで実体化。アシストウェポンが合体したパワードゼノンと戦闘になり、ジャンボセイバースラッシュによって撃破される。

引用元:ja.wikipedia.org

アカネはスランプに陥りながらも怪獣を作り出すが、フルパワーグリッドマンに容易く倒される。

引用元: aaieba.livedoor.biz

怪獣の死体から新たな怪獣が現れ、読めない動きでフルパワーグリッドマンを追い詰める。

引用元: aaieba.livedoor.biz