『ゴブリンスレイヤー』のキャラ・見所のまとめ。トラウマ級のグロ描写や鬱展開もありの傑作ダークファンタジー。

更新日: 2018年11月11日
ruler777さん
のまとめ
  • views78

ゴブリン退治だけに専念するストイックで寡黙な青年の活躍を描いている『ゴブリンスレイヤー』のあらすじ、登場人物、見所のまとめです。本格的なダークファンタジーなので、ゴブリンの卑劣かつ残虐な行為、ゴブリン退治の描写はハードでシリアスなグロ展開になっています。現在放送中なので随時更新。

『ゴブリンスレイヤー』 ハードなダークファンタジー

『ゴブリンスレイヤー』 ダークファンタジー。ゴブリンが人間やエルフを襲う残虐な行為、ゴブリン退治の描写はハードでシリアス。グロ展開あり。トラウマ級の鬱展開もあり。

引用元: twitter.com

最下級モンスターであるゴブリンのみを狩る冒険者・ゴブリンスレイヤーの活躍を描く作品。ジャンルはハイファンタジー及びダークファンタジー。ゴブリンの残酷な描写が特徴。

熟練の冒険者でも場合によっては死に至る可能性がある中、新米の冒険者では経験不足もあって舐めてかかるがゆえ、ゴブリンたちの餌食となってしまう。そのような社会において、決して油断せず、様々な技巧や知識を駆使し、そしてただ淡々とゴブリンのみを狩る存在として、ゴブリンスレイヤーが描かれる。

伝説や英雄になれないキャラクターの苦闘や死闘、生活など世界観が明確に描写されると共に、雑魚モンスターの定番ながら「一般人では対処できない冷酷且つ狡猾な敵」として再定義されたゴブリンによる容赦のない残酷な描写など、既存のイメージを打ち破る衝撃的一作として知られる。

引用元:dic.pixiv.net

TVアニメ『ゴブリンスレイヤー』第2弾PV

TVアニメ『ゴブリンスレイヤー』2018年10月放送!!
原作シリーズ累計200万部突破!

(C)蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト

ゴブリンスレイヤー ゴブリン退治だけに専念。銀等級の冒険者。

ゴブリンスレイヤー「そんなことはどうでもいい。ゴブリン退治だ。」 ゴブリン以外には微塵も興味がない。ストイック過ぎる硬派。

引用元: anicobin.ldblog.jp

「小鬼(ゴブリン)を殺す者」の通り名通り、最弱級モンスターとされるゴブリンのみを専門に狩り続け、銀等級の冒険者として認められた戦士。

評価にも報酬にも無頓着で、ゴブリン退治と聞いただけで報酬額を確認せずに引き受けてしまうので周りに呆れられたり怒られることもしばしばである。

ゴブリンスレイヤー「ゴブリン退治だ。場所は水の街。報酬は1人金貨1袋。来るのか来ないのか好きにしろ」

ゴブリンスレイヤー「ゴブリンだ。依頼はあるか?」

ゴブリンスレイヤー「ゴブリン退治に来た」 ゴブリン退治以外はやらない。行動原理・思想信条はすべてゴブリンを殺すことだけに向けられている。

引用元: anicobin.ldblog.jp

寡黙でぶっきらぼうな淡々とした口調が特徴で、「そうか」「そうなのか?」「ああ」「いや」といった言葉だけで会話する癖がある。

「そうか」
「他を当たれ。ゴブリン以外に用はない」
「理解はできる。だが世界が滅びる前にゴブリンは村を滅ぼす。世界の危機はゴブリンを見逃す理由にならん」
「そうかならば受けよう。どこだ?数は?巣の規模は?シャーマンやホブは確認しているか?」

ゴブリンスレイヤー「でゴブリンはどこだ?」 決して名声や冒険の楽しみのためではなく義務的に狩りを続ける。

引用元: anicobin.ldblog.jp

ゴブリンスレイヤーは「辺境最強」の槍使い、「辺境最高」の一党を率いる重戦士との対比で「辺境最優」と称されることもある。

「次だ。突入する際の手順は?」
「えっと…可能なら火を焚いて燻ったりして追い出します。巣穴の中は危ないから」
「そうだ。踏み込むのは他に手がないか時間がないか確実に皆殺す時だけだ」

ゴブリンスレイヤー「救えるかどうかは分からん。だがゴブリンどもは殺そう」 ゴブリン退治は責任を持って果たす。

引用元: anicobin.ldblog.jp

俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ。

ゴブリンを確実に倒すために練習を重ねて鍛えてはいる。ゴブリン殲滅に対して常軌を逸するほどの執着を持つ一方、ゴブリン以外の怪物に対しては関心が薄く名前すら覚えようとしない。

「暗い所が見えるのですか?」
「まさか。練習をした。奴らの喉の高さを狙って」
「練習って…どれくらい…!?」
「たくさんだ」

「想像力は武器だ。それがない奴から死ぬ」

第7話で瀕死の重症を負ったゴブリンスレイヤーだったが、剣の乙女と女神官の二人による処女同衾の奇跡(リザレクション)・『蘇生』によって回復する(第8話)。ゴブリンスレイヤーの体は全身傷だらけ。

引用元: ckworks.jp

ゴブリンスレイヤーの5人パーティー

ゴブリンスレイヤーの一党。ゴブリンスレイヤー・女神官・妖精弓手・鉱人道士・蜥蜴僧侶の5人パーティー。

引用元: anicobin.ldblog.jp

ゴブリンスレイヤーと、その仲間達の女神官(地母神の神官)、妖精弓手(ハイエルフのレンジャー)、鉱人道士(精霊使いのドワーフ)、蜥蜴僧侶(リザードマンの僧侶)による活躍が描かれる。

ゴブリンスレイヤーの一党はキャンプを通じて親睦を深めた。

引用元: anicobin.ldblog.jp

女神官 地母神の神官。ゴブリンスレイヤーと行動を共にする少女。相棒的立場。

女神官 地母神の神官。ゴブリンスレイヤーに助けられてからは彼のゴブリン退治に付き添うようになる。

引用元: anicobin.ldblog.jp

ゴブリンスレイヤーとパーティを組む地母神の神官。

神殿で育った孤児で、独立するにあたって冒険者となることを選んだ。最初の冒険で彼女を残してパーティー3名が全滅したところをゴブリンスレイヤーに救われた。 ゴブリンスレイヤーに助けられてからは彼のゴブリン退治に付き添うようになり、徐々に彼のことを知っていく。

最初の冒険で彼女を残してパーティー3名が全滅したところをゴブリンスレイヤーに救われた。

引用元: anicobin.ldblog.jp

やや臆病ながら健気で慈愛に満ちた少女であり、虜囚がどんなに汚されていても躊躇なく救護し、人間・NPCの区別なく死者の冥福を祈るなど、聖職者に相応しい性格の持ち主。

「臭いを消す必要がある」
「血の臭いには慣れておけ」
「はい…」

女神官はゴブリンスレイヤー達と冒険を重ねる中で成長してゆく

引用元: anicobin.ldblog.jp

最初は仲間が次々に殺害・凌辱される姿を見た末にゴブリンに狙われた恐怖で失禁してしまったほどであったが、ゴブリンスレイヤー達と冒険を重ねる中で成長してゆく。

女神官「いと慈悲深き地母神よ か弱き我らをどうか大地のお力でお守りください!プロテクション!」

引用元: anicobin.ldblog.jp

使用可能な奇跡は、物語開始当初は《小癒(ヒール)》《聖光(ホーリーライト)》。後に《沈黙(サイレンス)》《聖壁(プロテクション)》、鋼鉄等級に昇格したあたりで《浄化(ピュアリファイ)》も加わる。奇跡の回数は3回。

重症を負ったゴブリンスレイヤーに処女同衾の奇跡(リザレクション)を行う

引用元: aaieba.livedoor.biz

ゴブリンスレイヤーが第7話で重傷を負った際には、剣の乙女は、女神官に手伝ってもらった上で処女同衾の奇跡(リザレクション)・『蘇生』(瀕死からの回復であって、死者蘇生は存在しない)を試みる(第8話)。

処女同衾の奇跡『蘇生』のためには処女と共に一夜を過ごす必要がある。そのため女神官がゴブリンスレイヤーに添い寝していた。

女神官「見ましたか」 ゴブリンスレイヤー「ああ」

引用元: aaieba.livedoor.biz

妖精弓手 銀等級。ハイエルフのレンジャー。

妖精弓手 上の森人(ハイエルフ)の野伏(レンジャー)。銀等級。

引用元: anicobin.ldblog.jp

森人(エルフ)の中でも妖精に近いとされる「上の森人(ハイエルフ)」の野伏(レンジャー)。銀等級。鉱人道士や蜥蜴僧侶と行動を共にする。鉱人道士とはよく言い争いをする仲。

当初は多くの冒険者と同様にゴブリンスレイヤーを軽んじていたが、共に行ったゴブリン退治の後は彼を気にかけ、鉱人道士・蜥蜴僧侶と共に彼のパーティーメンバーとなる。

女神官とは冒険を通じて仲の良い姉妹のような関係を構築している。

妖精弓手はゴブリンスレイヤーのパーティーメンバーとなる。

引用元: anicobin.ldblog.jp

エルフ「あなた私のこと嫌いでしょ」
ゴブリンスレイヤー「選り好みはしない」

妖精弓手は銀等級相応に卓越した弓の腕前を持つ

引用元: anicobin.ldblog.jp

鉱人道士 銀等級。精霊使いのドワーフ。

鉱人道士 銀等級。精霊使いのドワーフ。ゴブリンスレイヤーのパーティーメンバーとなる。

引用元: anicobin.ldblog.jp

鉱人(ドワーフ)の精霊使い(シャーマン)。銀等級。妖精弓手や蜥蜴僧侶と行動を共にする。

ゴブリンスレイヤーの無骨な態度を気に入っており、初対面から彼を評価した珍しい人物。

蜥蜴僧侶 銀等級。リザードマンの僧侶。

蜥蜴僧侶 銀等級。リザードマンの僧侶でパーティのまとめ役。ゴブリンスレイヤーのパーティーメンバーとなる。

引用元: anicobin.ldblog.jp

蜥蜴人(リザードマン)の神官。銀等級。妖精弓手や鉱人道士と行動を共にする。誇り高い武人であり、ゴブリンの非道な行いを目の当たりにした時は鉱人道士共々怒りを隠さなかった。

ゴブリンスレイヤーから(彼が居候する牧場で作られた)チーズを貰って食した時に「甘露!」と声を上げるほど大いに気に入り、以降、度々チーズに舌鼓を打つ姿が恒例となる。

牛飼娘 ゴブリンスレイヤーの幼馴染。

牛飼娘 ゴブリンスレイヤーの幼馴染。

引用元: anicobin.ldblog.jp

明るく元気な娘で、胸が大きく肉感的な身体を持つが当人はあまり意識していない。寝るときは下着を付けない。物語開始時点からのゴブリンスレイヤーの数少ない理解者であり、彼に好意を抱いている。

牛飼娘はゴブリンスレイヤーに好意を持っている。

引用元: anicobin.ldblog.jp

ゴブリンスレイヤーに牧場の近くにある小屋を住居として提供したり、食事を作ったりする。

引用元: anicobin.ldblog.jp

ゴブリンスレイヤーにとっても彼女と過ごす日常は大切なものとなっている。ゴブリンスレイヤーが冒険を終えて辺境の街へ戻ってくると、決まって最初に自身のいる牧場へと足を運んでおり、冒険から帰ってきた彼を優しく出迎えている。

受付嬢 冒険者ギルドの窓口担当の女性。

受付嬢 冒険者ギルドの窓口担当の女性。

引用元: anicobin.ldblog.jp

いつも笑顔で優しい。物語開始時点からのゴブリンスレイヤーの数少ない理解者であり、彼に好意を抱いている。数は多いが、熟練者は参加せず、新人では失敗することも多いゴブリン退治を率先してくれるゴブリンスレイヤーに深く感謝している。

受付嬢は硬派な男が好みで、ゴブリンスレイヤーに好意を持っている。

引用元: anicobin.ldblog.jp

監督官 受付嬢の同僚。

引用元: anicobin.ldblog.jp

ギルドの職員であり、至高神の司祭でもある女性。仕事が暇なときには本を隠しながら読んでいる。《看破(センス・ライ)》の奇跡が使用可能。受付嬢とは都の研修の頃からの付き合いで、現在も同僚である。

辺境の街の冒険者

槍使いの一党。槍使い・魔女 銀等級。槍使いは「辺境最強」の異名をとる冒険者。

引用元: anicobin.ldblog.jp

槍使いは鍛え抜いた肉体が強さを表すような青年。銀等級。魔女と行動を共にする。
軟派。「辺境最強」の異名をとる冒険者。受付嬢に恋慕しており、自分の功績を誇ったり声を掛けたりしているが、毎回かわされてしまい、彼女に信頼されているゴブリンスレイヤーを一方的にライバル視している。共に同行する魔女に対しては頼りになる仲間だと信頼を寄せているが、好意を持っている事に気付かない朴念仁な所も。

魔女はスクロールの書き換えなど、当初からゴブリンスレイヤーに協力している人物で、周りの状況をよく観察している。

重戦士の一党。重戦士・女騎士 銀等級。

引用元: anicobin.ldblog.jp

重戦士は見掛け倒しにも見える重装備でも平然と振る舞う厳つい顔立ちの男性。銀等級。女騎士らと共に5人組の一党を組む。
故郷をゴブリンスレイヤーに救って貰ったことがあり、そんなに悪感情を抱いていない。次世代育成として、少年斥候達を鍛えている。

女騎士は銀等級。重戦士のことが好きで、十分な美人だが、女冒険者特有の引け目がある。

新米戦士・見習聖女

ゴブリンスレイヤー5話

引用元: anicobin.ldblog.jp

冒険者となって数ヶ月の新米冒険者。2人とも白磁等級。少年斥候や少女魔術師の様に重戦士達に鍛えられている。ジャイアントローチとの戦いで失った剣を取り戻すべく、ゴブリンスレイヤーのアドバイスを参考にして、新米戦士は棍棒を武器にして再度挑み、ジャイアントラット等を撃退していき、最終的には剣を飲み込んだジャイアントローチを撃退し、取り戻すことに成功した(第5話)。

剣の乙女 金等級第2位 水の街の至高神の大司教

剣の乙女 10年前に魔王を倒した冒険者の一人で金等級。水の街で至高神の大司教(アーク・ビショップ)。

引用元: anicobin.ldblog.jp

西方辺境一帯の法を負って立つ人物、至高神に愛されし大司教。10年前蘇った魔神王を打ち滅ぼした第二位の冒険者。

伝説に導かれし勇者ではなく人の内より現れ出た至上の存在。それこそが剣の乙女。

剣の乙女

引用元: anicobin.ldblog.jp

「お願いします。どうか私どもの街を救ってはいただけないでしょうか?」

過去に冒険者として駆け出しの頃失敗し、ゴブリンたちに陵辱された挙句に両目を焼かれるという凄惨な経験をしている。
その後遺症で、失明は辛うじて免れたものの視力が大きく衰え、輪郭を認識する程度しかできなくなり、その身体も一見白く傷ひとつない綺麗な肌をしているが入浴などで体温が上がるとゴブリンに穢された時の傷痕が全身に浮かび上がる。ゴブリンによる陵辱がトラウマとなっており、ゴブリン相手では恐怖で戦えないが、親しい間柄の者でもこの事実を知る者は多くない。

引用元:ja.wikipedia.org

六人の英雄

湾刀の術理を極めた頭目、その従姉の女魔術師、槍使いの女戦士、半森人の斥候、蟲人(むしびと)僧侶、そして後に剣の乙女と呼ばれる女司教の6人。

引用元: anicobin.ldblog.jp

地下水道に潜んでいたゴブリンたちはゴブリンスレイヤーの一行に殲滅されるが、状況を訝しんだ彼に対面で剣の乙女自身による情報操作を指摘される。剣の乙女はそれを認めるも彼は咎めることはせず、剣の乙女の悲惨な経験を聴いても同情することはなかったが、ただ、ゴブリンが出たなら自分がたとえ夢の中でも殺しに行くとだけ告げる。その答えに救いを見出した剣の乙女は、去っていく彼の背中に涙ながらに愛を告白し、彼を慕うようになった。

魔神王に打ち勝ったその1人 偉大なりし至高神の下僕 剣の乙女。

引用元: anicobin.ldblog.jp

剣の乙女は、ゴブリンたちに陵辱されてしまう。その時の悪夢を見続けている。

引用元: aaieba.livedoor.biz

剣の乙女は、ゴブリンの群れに襲われ救出されるまでの数ヶ月間、ゴブリンたちに陵辱されたという凄惨な過去を経験している。 それ以来ゴブリンに対して恐怖の余り戦えないほどのトラウマを抱く様になり、毎晩その悪夢にうなされている。しかも、英雄視されている自分が最弱のゴブリンに怯えている事など立場上公に明かすことも出来ず、それが輪をかけて彼女を苦しめている。

帰還したゴブリンスレイヤーから真相を隠していた事を問われ、彼女は全てを打ち明けた。そんな彼女に彼は咎めも同情もせず、「ゴブリンが出たなら呼べ」「たとえ夢の中でもゴブリンなら俺が殺してやる」ただそう告げて彼女の心を救う。

以来、毎夜安らかに眠れるようになった彼女は、前よりも精力的に活動を行う一方で、自分の悪夢を打ち倒してくれた勇者にも勝る希望(ヒーロー)にぞっこんになり、彼絡みの案件になると途端に乙女回路がフル稼働を始めるようになった。

剣の乙女が、両目を焼かれるところ・・・

引用元: aaieba.livedoor.biz

勇者のパーティー(勇者・賢者・剣聖) 本編の裏で黒幕などを退治している。

勇者の3人パーティー(勇者・賢者・剣聖)

引用元: anicobin.ldblog.jp

主に作中で描写されているのはゴブリンスレイヤーを初めとする辺境の冒険者達なので、勇者は、基本的にはエピローグで事件の黒幕や敵の置き土産などをさっさと片付けていくポジションになっている。

勇者 伝説に導かれし勇者。 魔王を倒した功績によって白金等級。15歳。一人称がボク。

引用元: anicobin.ldblog.jp

孤児院を出て冒険者となるも、当初から呪文を連射できるなど規格外の能力を持っていた。そして遭遇した魔王の幹部をゴブリンの親玉程度の存在だと思い、ちょっと追い詰められるが偶々手にした聖剣を手に入れて討ち果たしたことで「勇者」となった。

魔神の手下「何故我らが教団の潜伏場所が…!」
勇者「直感で!」

賢者と剣聖

引用元: anicobin.ldblog.jp

勇者はゴブリンスレイヤーとは対照的にこれでもかと神の寵愛と恩恵に恵まれた人物で、規格外なレベルの才能・幸運・精神力を生まれ持っている。ちなみに女の子であり、剣聖(CV:戸松遥)と賢者(CV:井上ほの花)の2人を併せ、女性3人の一党を組んでいる。

賢者「あなたたちの企みは既に発覚している」
剣聖「もはや逃れることはできぬと知れ」

ゴブリンの残虐な行為 ハードでシリアスなグロ展開。トラウマ級の鬱展開も。

ゴブリンの残虐な行為、ゴブリン退治の描写はハードでシリアスなグロ展開になっている。

『ゴブリンスレイヤー』第1話「ある冒険者たちの結末」

引用元: twitter.com
この作品に登場するゴブリンは一般的なファンタジー世界を舞台とする小説やゲームに登場するものとほぼ同じであるが、世界観に立脚してリアルに描かれる。1匹なら力自慢の村人でも倒せるほど弱いが、群れをなして残忍狡猾なやり口で冒険者たちを陥れる存在であり、油断すれば村を滅ぼすことすらある脅威として描かれる。

引用元:ja.wikipedia.org

ゴブリンに攫われた娘を助け出すため、女神官と新米の冒険者たちがゴブリン退治に赴くが・・・ゴブリンたちの餌食となってしまう。

『ゴブリンスレイヤー』第1話「ある冒険者たちの結末」

引用元: anicobin.ldblog.jp

助け出された娘たちが慰み者にされたことを儚んで神殿に入ったことも。仲間を失った冒険者が故郷に引き篭もったことも。

アニメ化決定当初から、ゴブリンの残酷な描写への規制が懸念されていたが、第1話では洞窟内なので影の部分が多いものの、誤魔化さず、ありのままを描いたため、初見者だけでなく原作既読者も驚きを隠せなかった。

引用元:dic.pixiv.net

新米の冒険者たちが殺され、ゴブリンに捕まり、慰み者にされる・・・トラウマ級の鬱展開

『ゴブリンスレイヤー』第1話「ある冒険者たちの結末」

引用元: anicobin.ldblog.jp

熟練の冒険者でも場合によっては死に至る可能性がある中、新米の冒険者では経験不足もあって舐めてかかるがゆえ、ゴブリンたちの餌食となってしまう。

ゴブリンの性格は極めて残忍かつ身勝手で、自分達の悦楽の為に標的となった人物を拷問したり食料としたりする他、女の場合は強姦する(場合によってはその後に殺害するか、もしくは後述の「孕み袋」にする)などの行為を好む。

引用元:ja.wikipedia.org

ゴブリンの嬲り者にされ玩具にされる・・・ 『ゴブリンスレイヤー』第1話「ある冒険者たちの結末」

引用元: anicobin.ldblog.jp
討伐報奨金も低く玄人からは獲物扱いされず新人冒険者等から侮られる事が多い。しかし、素早い動きに悪知恵が利き、暗闇でも視える目と優れた嗅覚を持って絶えず闇間から徒党を組んで襲ってくるため油断は禁物で、実は最も多くの新人殺しとなっている存在でもある。

引用元:ja.wikipedia.org

あまりの恐怖、地獄絵図に女神官は失禁してしまう。ゴブリンスレイヤーに助けられて難を逃れた。 『ゴブリンスレイヤー』第1話「ある冒険者たちの結末」

引用元: anicobin.ldblog.jp

ゴブリンは人間やエルフ等の他種族の雌を「孕み袋」として道具扱いし繁殖する。

引用元: anicobin.ldblog.jp
ゴブリンの性別は雄しか存在せず繁殖には人間やエルフ等の他種族の雌を必要とする。それらは「孕み袋」と呼ばれ道具扱いされる。産まれるのは全てゴブリンとなる他、妊娠期間は人間より極めて短く成長も早いため、1つの巣に3~4人も孕み袋が居れば、短期間のうちに軍勢ができる程の危険性がある。ゴブリンは子供といえども危険でしかも相手への恨みを決して忘れずに知恵を付けていくため、ゴブリンスレイヤーは一切の躊躇無くゴブリンの子供も処分している。

引用元:ja.wikipedia.org

エルフの娘がゴブリンの餌食に・・・

引用元: anicobin.ldblog.jp

妖精弓手は、同胞のエルフが被害を受けているのを見て、ショックを受ける。ゴブリン退治の厳しい現実を知る。

引用元: anicobin.ldblog.jp

ゴブリンスレイヤーの壮絶な過去・回想シーン:復讐のために戦うゴブリンスレイヤー。

ゴブリンスレイヤーの姉と思われる

「ゴブリンスレイヤー」第二話「小鬼を殺す者」より

引用元: anicobin.ldblog.jp
ゴブリンスレイヤーの過去について詳細は不明だが、両親を亡くして姉(声 – 上田麗奈)に育てられるも、10年前に故郷の村をゴブリンに滅ぼされた挙句に姉を惨殺される一部始終を目の当たりにし、その後5年間「先生」によって鍛えられたことが語られている。辺境の街に現れたのは5年前だという。

引用元:ja.wikipedia.org

故郷の村をゴブリンに滅ぼされる・・・ 「ゴブリンスレイヤー」第二話「小鬼を殺す者」より

引用元: anicobin.ldblog.jp

ある日突然自分たちの住処が怪物たちに襲われたと考えてみろ。

そう、ある日突然自分たちの住処が怪物どもに襲われる。奴らは我が物顔でのし歩き友人を殺し家族を殺し略奪して回る。

姉が襲われ嬲り者にされ玩具にされ殺された・・・ 「ゴブリンスレイヤー」第二話「小鬼を殺す者」より

引用元: anicobin.ldblog.jp

他にも例えば自分の姉が襲われ嬲り者にされ玩具にされ殺されたとする・・・

姉を惨殺される一部始終を目の当たりする・・・ 「ゴブリンスレイヤー」第二話「小鬼を殺す者」より

引用元: anicobin.ldblog.jp

その光景を初めから終わりまで隠れて息を殺して見続けていたとする。

許せるわけがない。武器を取りとにかく報復してやろうと行動に移す。

探して追い詰め、襲い掛かり、殺して殺して殺していく。もちろん上手くやれる時もあれば失敗する時もあるだろう。

ならば次はどう殺せばいいか何日、何か月と考え続ける。思いついた考えを片っ端から試す。そうしているうちに楽しくなってくる。

勇者たちは「魔神王」を倒す

勇者のパーティーが魔神王と戦う

引用元: amazon.co.jp

勇者の女の子は、ゴブリンスレイヤーの物語において、各巻の幕間に登場し活躍している『勇者』の称号を持った只人(ヒューマ)の少女。勇者の証とされる聖剣を所有している。
聖剣によって勇者に選ばれ魔神王を倒した功績によって、冒険者としては歴史上において10人目となっている最高位『白金等級』の地位を持っており、自身と同じく階級の高い女性の冒険者である剣聖、賢者の二人とパーティーを組んで活躍している。

白金等級(規格外)の勇者の女の子。第一位の白金等級は史上でも数人である。

引用元: amazon.co.jp

本来の主人公であるゴブリンスレイヤーが、各ストーリーでゴブリンをぶっ殺しまくっている傍ら、彼女はもっぱら剣聖や賢者と共に裏で暗躍する黒幕などと戦っている。数多くの勝利を収め輝かしい功績を叩き出し続けている彼女だが、これでもまだ15歳のうら若き乙女である。

勇者である彼女の率いる一派は、冒険者達の間では有名な存在となっており、彼等の会話の中で様々な武勇伝が語られている模様。

勇者のパーティーの「剣聖」

引用元: amazon.co.jp

勇者のパーティーの「賢者」

引用元: amazon.co.jp

魔神王が姿を現した。

引用元: amazon.co.jp
魔神王
世界の存亡に関わる存在は定期的に出現するらしく、一般に最上位の白金等級冒険者とは、魔神王とその軍勢を倒すことを期待されている存在である。10年前にも「六人の英雄」が倒した1体がいる。

引用元:ja.wikipedia.org

勇者のパーティーは魔神王を倒した。

引用元: amazon.co.jp