本当は残酷で怖すぎる「ディズニーアニメ映画」の原作 10選

更新日: 2018年08月27日
ruler777さん
のまとめ
  • views58

「シンデレラ」 シンデレラが最初の継母を殺害!姉たちは両目が失明と残酷な展開

「シンデレラ」(1950年2月15日米国で公開、ディズニー作、声優アイリーン・ウッズ) ディズニープリンセスの中でも人気を誇る名作アニメ。

意地悪な継母や姉たちと暮らすシンデレラは、魔法使いの力によって赴いたお城の舞踏会で王子と出会う。だが魔法使いとの約束で、夜の12時を過ぎると、かぼちゃの馬車もドレスも消えてしまい…。

引用元: amazon.co.jp
シンデレラ (英: Cinderella) は、童話の一つ。和名は『灰かぶり姫』あるいは『灰かぶり』。グリム兄弟によるアシェンプテル (Aschenputtel) 、シャルル・ペローによるものが知られているが、より古い形態を残していると考えられている作品としてジャンバッティスタ・バジーレの『ペンタメローネ(五日物語)』に採録されたチェネレントラ (Cenerentola) が挙げられる。

引用元:ja.wikipedia.org

シンデレラ MovieNEX 「アナと雪の女王」、「マレフィセント」のディズニーが贈る、ラブストーリーの原点であり、頂点である『シンデレラ』が、比類の映像美で完全実写化。

過酷な状況の中でも勇気と優しさを忘れないヒロイン・シンデレラが生み出す“奇跡の愛"を圧倒的な映像美で描き出す。同時上映された『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』も収録。

引用元: amazon.co.jp
グリムによる『灰かぶり姫』
王子が靴を手がかりにシンデレラを捜す際、連れ子の姉たちは靴に合わせるためにナイフで足(長女が爪先、次女は踵)を切り落とす。しかしストッキングに血が滲んで見抜かれる。

引用元:ja.wikipedia.org

物語の終わり、シンデレラの結婚式で姉2人はへつらって両脇に座るが、シンデレラの両肩に止まった白鳩に両目ともくり貫かれ失明する。

引用元:ja.wikipedia.org

グリム童話の原作では、因果応報ですがシンデレラをいじめていた連れ子である姉たちは超バッドエンディングを迎えることになります。靴に合わせるためにナイフで足を切り落とす・・・白鳩に両目ともくり貫かれ失明・・・意地悪と嘘つきのせいで、彼女たちは罰せられ、死ぬまで目が見えなくなりました。これはひどい。かなり残酷です。

『シンデレラ ダイヤモンド・コレクション MovieNEX』デジタルリマスターで甦らせたダイヤモンド・コレクションMovieNEX。

冷酷な継母や義理の姉たちに耐えながら、願いが叶うと信じるシンデレラの物語。

引用元: amazon.co.jp

シンデレラは、城で王子に見初められる。

零時の鐘の音に焦ったシンデレラは階段に靴を落としてしまう。王子は、靴を手がかりにシンデレラを捜す。

引用元: amazon.co.jp

靴がピタリと合ったシーン。ギュスターヴ・ドレによるイラストレーション

姉2人も含め、シンデレラの落とした靴は、シンデレラ以外の誰にも合わなかった。シンデレラは王子に見出され、妃として迎えられる。

引用元: ja.wikipedia.org
バジーレによる『灰かぶり猫』
ペローやグリムよりも古い形と考えられ、両者と異なる部分がある。バジーレの作品の最大の特徴は最初にゼゾッラ(シンデレラ)が最初の継母を衣装箱に挟んで首を折って殺害する場面があることである。

引用元:ja.wikipedia.org

バジーレによる原作では、なんとシンデレラが不仲であった最初の継母を殺害しています!なんと恐ろしい展開でしょう。こんな残虐な原作なら知らないほうが良かった・・・。

「白雪姫」 因果応報とはいえ白雪姫の王妃に対する報復はかなり残酷

「白雪姫」 王子様のキスで目覚めるファンタジー!

雪のように白い肌を持った美しい白雪姫。 継母の女王は、自分より美しい女性がいることを許すことができません。 女王は、毎日「世界でいちばんきれいなのはだあれ?」と “魔法の鏡”に問いかけていました。 しかしある日ついに鏡は白雪姫の方が美しいと告げてしまいました。

引用元: amazon.co.jp
グリム兄弟による童話『白雪姫』が原作。ディズニーの長編映画第1作目であり、世界初のカラー長編アニメーション映画。現在でもアニメ史に残る傑作として知られる。

引用元:ja.wikipedia.org

ガラスの棺に入れられた白雪姫

王妃は、毒を仕込んだリンゴを造り、善良なリンゴ売りに扮して白雪姫を訪ねる。白雪姫は疑いもなくリンゴを齧り、息絶える。

やがて帰ってきた小人たちは白雪姫が本当に死んでしまったものとして悲しみに暮れ、遺体をガラスの棺に入れる。

引用元: ja.wikipedia.org
初版本(1812・15年版)での記述
召使たちはいつも白雪姫の入った棺を運ばされるので腹を立てていた。
そのうちの一人が怒りに任せて白雪姫の背中を殴ると、喉につかえていた林檎の芯が飛び出し、白雪姫は生き返った。

引用元:ja.wikipedia.org

白雪姫の棺をかついでいた家来のひとりが木につまずき、棺が揺れた拍子に白雪姫は喉に詰まっていたリンゴのかけらを吐き出し、息を吹き返す。

引用元:ja.wikipedia.org

ディズニー映画の白雪姫では王子の口づけにより目を覚ますわけですが・・・この感動のクライマックスシーンは原作にはないのですね。

原作とは異なるファンタジーさ溢れるストーリーで映画史上に残るマスターピースとなりました。

美しい白雪姫に嫉妬の炎を燃やす継母

引用元: amazon.co.jp
王妃
白雪姫の母親。継子の王女が自分よりも美しいことに我慢ならず、三度も王女を謀殺しようとし、最期にはその報いで真っ赤に灼けた鉄の靴を履かされ、祝宴の最中王女らの目前で死ぬまで踊り続けさせられる。

引用元:ja.wikipedia.org

真っ赤に灼けた鉄の靴を履かされ、死ぬまで踊り続けさせられる悪党の王妃。当然の報いですが、白雪姫の王妃に対する報復はかなり残酷な拷問ですね。こんな原作なら知らないほうが良かった・・・。

「リトル・マーメイド」 原作は叶わぬ恋の代名詞。かなり暗く悲劇に終わる。

「リトル・マーメイド」 海の上の世界に憧れる海の王国の人魚姫・アリエルと人間の王子・エリックの恋の行方を綴る。自由に泳ぐ。自由に歌う。自由に生きていく。

主人公はマーメイドのアリエル。明るく好奇心が強くて、何事にも一途な可愛いアリエルは、《ディズニープリンセス》の中でも一番の人気キャラクターで、小さな女の子から大人の女性までを幅広く魅了しています。原作はアンデルセンの世界的な名作「人魚姫」ですが、ディズニーならではのストーリー展開で、より楽しく、よりたくさんの感動を味わえる珠玉の作品となっています。

引用元: amazon.co.jp
原作では悲劇に終わるのをここではハッピーエンドに変更するなど、徹底して娯楽色を強めて従来のディズニー・アニメからの脱却を図り、新たな時代を築く礎となった記念碑的作品でもある。

引用元:amazon.co.jp

お目当ての王子さまはほかの女性と恋に落ちてしまい、人魚姫はふたりの結婚式が済んだ朝に死に、海の波の泡と消える運命にあった。

引用元:karapaia.com

短剣を差し出す姉たち

悲嘆に暮れる人魚姫の前に現れた姫の姉たちが髪と引き換えに海の魔女に貰った短剣を差し出し、王子の流した血で人魚の姿に戻れるという魔女の伝言を伝える。

引用元: ja.wikipedia.org
姉さんたちが人魚姫を助けるために、自分たちの髪の毛と引き換えに海の魔女と取り引きし、まさに人魚姫が命絶えようとしているところへやってくる。魔女からあずかったナイフを渡し、王子を殺せば命が助かると人魚姫に言うのだ。

引用元:karapaia.com

人魚姫は王子を心から愛していたので、どうしてもその胸にナイフを突き刺すことはできず、死んでいった。

引用元:karapaia.com

この人魚姫の話はアンデルセンの不朽の名作として有名で、しばしば「悲劇(悲恋)」や「叶わぬ恋」の形容詞となっているが、原作では人魚姫が王子と(本来彼女の恋敵になる)花嫁に祝福し、新しい人生を歩むという比較的前向きな終わり方である。

「眠れる森の美女」 王子は、なんと眠る王女を強姦して双子を孕ませてしまう。

「眠れる森の美女」 ディズニーで最もロマンチックなプリンセスストーリーです。

16歳の誕生日を迎えたオーロラ姫に予言通り呪いがかけられ…。魔女の呪いによって永遠の深い眠りに閉じ込められたオーロラ姫を主人公にしたディズニー名作アニメ。

引用元: amazon.co.jp
1643年に発表され、グリム兄弟が基にしたと言われている原作「日と月とターリア」では、ある日、王様が眠っているお姫様を見つけ、あまりの美しさに妊娠させてしまい、お姫様は寝ている間に双子を出産する。そのことを知った王様の妻である王妃が双子の子供たちをスープにして王様に飲ませようとする。

引用元:disneynohimitsu.com

世界で一番、ロマンチックな「キス」。

魔女の呪いによって永遠の深い眠りに閉じ込められたオーロラ姫を主人公にしたディズニー名作アニメのプラチナ・エディション版。

引用元: amazon.co.jp

眠れる森の美女(Edward Frederick Brewtnall画)

バジレ版「日と月とターリア」では、鷹狩りで偶然たどり着いた王が、眠る王女を見つけ、あまりの美しさに我慢出来なくなり愛の果実を摘む。

引用元: ja.wikipedia.org
原作はハッピーエンドとは程遠い内容で、王女の下に辿り着いた王子は、なんと眠る王女を強姦して双子を孕ませてしまう。その後生まれた赤ん坊が王女の指をしゃぶり、爪に挟まっていた魔法の棘が抜けたことで王女は目を覚ました。

引用元:tocana.jp

ペロー童話集版
グリム版では省かれたと思われる、2人の結婚の後の話が残っている。「王女は2人の子供をもうける。しかし、王子の母である王妃は人食いであり、王女と子供を食べようとする。そこを王子が助け、王妃は自分の悪行が息子にばれて気が狂い自殺してしまう」といった内容である。

引用元:ja.wikipedia.org

バジレ版「日と月とターリア」
嫉妬した王妃は王の名前を装い、双子を呼び寄せ殺し、スープにして王に食べさせようとするが、子供に同情した料理人が子山羊とすりかえる。次に王妃はタリーアを呼び寄せて火焙りで殺そうとしたが、王が助けにはいり、子供をスープにして飲ませたという話をきいて王は怒り狂い、王妃を火の中に投げ込む。

引用元:ja.wikipedia.org

「美女と野獣」 原作には性悪な姉2人が存在し罰が下ります。

「美女と野獣」 醜い獣にされた王子と囚われの身となった娘・ベルの出会いと愛を描いたディズニー名作アニメ。

魔法によって、世にも恐ろしい姿に変えられてしまった野獣。魔法のバラが散る前に誰かを心から愛し、そして心から愛されなければ、彼は永遠に元の美しい姿に戻ることができなくなる。心を閉ざし、絶望の日々を送る野獣だったが、彼の前に美しく可憐な娘ベルが現れた時、運命は大きく動き始める。果して、愛の奇跡は起こるのだろうか・・・?

引用元: amazon.co.jp
ヴィルヌーヴ版
3人の娘と3人の息子を持つ商人が、町からの帰り道にある屋敷に迷い込み、そこで体を温め料理にありつくというもてなしを受ける。商人が、「ラ・ベル(フランス語で「美女」という意味の一般名詞)」と呼ばれている心の清い末娘がバラを欲しがっていたことを思い出し、庭に咲いていたバラを摘むと、彼の前に屋敷の主である野獣が現れ、「もてなしてやったのにバラを摘むとは何事だ」と言う。そして野獣は娘を要求した。末娘は身代わりとして野獣のもとに赴き、野獣は娘に慇懃に求婚するが拒否される。

引用元:ja.wikipedia.org

美女と野獣

原作では、野獣と暮らすようになって3か月。ベルは野獣に心を許していましたが、結婚を迫る野獣に対して、いつまでも友達でありたいと願っていることを伝えます。

引用元: amazon.co.jp
ヴィルヌーヴ版
父親が床に臥せっていることを知ったラ・ベルの一時帰郷の申し出に、野獣は嘆きながらも許可を与える。ラ・ベルは一週間で戻ると約束をした。2人の姉は里帰りした末娘から豪邸での生活を聞き、嫉妬して妹を引き止め、日限に間に合わないよう仕向ける。10日目の夜、ラ・ベルは野獣が死にかかっている夢を見、屋敷に戻った。

引用元:ja.wikipedia.org

ヴィルヌーヴ版:ラ・ベルは瀕死の野獣に再会し、「これで幸せに死ぬことができる」という野獣に「いいえあなたはわたしの夫になるのです」とラ・ベルが叫ぶと野獣は本来の姿に戻る。

ウォルター・クレインによる『美女と野獣』挿絵。死にかかっている野獣を見て、ベルは自分がどれだけ野獣のことを想っているかということに気づかされます。美しさや知性よりも美徳を選んだラ・ベル。

引用元: ja.wikipedia.org
ボーモン版
ヴィルヌーヴ版の話の最後に、王子を野獣に変えた妖女が再登場し、意地悪な二人の姉を石に変えるくだりが追加されている。ヴィルヌーヴ版ではラ・ベルの3人の兄たちが当初は家にいて、セリフもあるが、ボーモン版ではずっと兵役に行っており、出番はない。

引用元:ja.wikipedia.org

「アラジン」 アラジンの父親が非業の死。

「アラジン」 おなじみ『アラジンと魔法のランプ』の世界を、ミュージカル仕立てで構成している。

「アラジンと魔法のランプ」をモチーフにした、ディズニーの映画。貧しい青年アラジンは、魔法の洞窟で不思議なランプを手に入れて、その中から現れた魔神ジーニー(声はロビン・ウィリアムス/怪演!)から3つのお願いをかなえてもらうことに。

引用元: amazon.co.jp
アラジンの父親で盗賊団の長でもあるカシムは、魔法の宝石庫を盗もうと企てる。アリ・ババから秘密の合言葉を聞いたカシムは、洞窟の奥に隠された宝石庫の中で眠る大金に大興奮し、宝石庫から出るための合言葉を忘れてしまう。その後、カシムは宝石庫に戻ってきた盗賊に見つかり、その場で体をバラバラに切断されて殺害され、盗賊は見せしめとして彼の切断死体を洞窟の入口付近に放置したという。

引用元:tocana.jp

「ポカホンタス」 実際のポカホンタスが歩んだ人生は、悲惨そのもの。

「ポカホンタス」 何度観てもこのラストは泣ける。

1607年のアメリカ、今のヴァージニア州にイギリスから開拓団がやってきた。そこで一行のひとりジョン・スミス(声:メル・ギブソン)は先住民の娘ポカホンタス(声:アイリーン・ベダード)と出会い、恋に落ちていく。しかし、開拓団と先住民の対立は日増しに激しくなっていき…。

引用元: amazon.co.jp
ネイティブアメリカンは文字を持たなかったので、現在彼女について知られていることはすべて後の世代によって文献を通して語られたものであり、現実の人物、一女性としての彼女の考え、感情、行動の動機などは分からないところが多い。それゆえ彼女にまつわる物語は、社会的な役割の側面を持つ。

引用元:ja.wikipedia.org

「拉致されるポカホンタス」ヨハン・T・デ・ブライ画(1618年)

1612年、イギリス人たちは「部族指導者」(実際は違う)のポウハタン酋長の娘であるポカホンタスを人質にとれば、ポウハタン族は屈服するだろうと考え、ポウハタン族に捕らわれたジェームズタウン入植者の身代わりとしてポカホンタスを誘拐した。

引用元: ja.wikipedia.org
実際のポカホンタスが歩んだ人生は、悲惨そのものだった。彼女は17歳の頃、英国人に捕まり身代金のために拘束されている。また、夫が殺害されただけでなく、ポカホンタス自身も繰り返される強姦に苦しみ、その結果、子どもまで孕まされたという。後に英国でタバコ農家を営む男と強制的に結婚させられたポカホンタスは、洋風の服装に身を包み“飼いならされた野蛮なバージニア人の象徴”として見せ物にされている。

引用元:tocana.jp

「塔の上のラプンツェル」 夜ごと王子を部屋に招き入れて逢瀬を重ね、結果として妊娠。

「塔の上のラプンツェル」 外の世界を知らずに成長した少女・ラプンツェルの冒険を描く。

森の奥深く、人目を避けるようにしてたたずむ高い塔。そこには、金色に輝く“魔法"の髪を持つ少女ラプンツェルが暮らしていました。18年間一度も塔の外に出たことがないラプンツェルは、毎年自分の誕生日になると夜空を舞うたくさんの灯りに、特別な想いを抱き、今年こそは塔を出て、灯りの本当の意味を知りたいと願っていました。そんな中、突然塔に現れた大泥棒フリンと共に、ついに新しい世界への一歩を踏み出します。初めての自由、冒険、恋、そして、彼女自身の秘められた真実が解き明かされ…。

引用元: amazon.co.jp
グリム兄弟が童話集から性的な要素を省くプロセスが明確である例としてよくあげられる。初版では主人公が夜ごと王子を部屋に招き入れて逢瀬を重ね、結果として妊娠。それがばれてしまったため放逐されたプロセスを詳細に書いているが、後の版では逢瀬シーンが最小限に、さらに性行為の暗示は全てカットされ、放逐の理由も外部の人間である王子を招き入れ、恋仲にまでなっていることをうっかり言ってしまったためとされ、後に自分が生んだ子供と暮らしている描写が挿入されることにより「妊娠」が発覚、という版に改変された。

引用元:ja.wikipedia.org

塔のラプンツェルを発見する王子

ラプンツェルは王子を部屋に招き入れて逢瀬を重ね、結果として妊娠。

引用元: ja.wikipedia.org
森の中を歩いていた王子が美しい歌声に引かれ、塔の中に閉じこめられたラプンツェルを発見。魔法使いと同じ方法を使って塔に登る。はじめて男性との性交渉を知ったラプンツェルは驚くが、やがて愛し合い、魔法使いに隠れて夜ごと王子を部屋に招き入れて頻繁に性交を行う。その結果ラプンツェルは妊娠する。(初版)その事実を知って激怒した魔法使いはラプンツェルの髪を切り落とし、荒野へと放逐する。

引用元:ja.wikipedia.org

「ピノキオ」 原作がかなり残酷でするどい皮肉に満ちている。

「ピノキオ」 ぼく、人間の子供になりたいんだ! 夢は愛と勇気をもたらす魔法!

心を込めて作り上げた木の人形“ピノキオ”が、人間の子供になって欲しいと星に願うジェペットじいさん。妖精はピノキオを自由に動き回り、話すことができるようにしました。でも本当の子供になるためには、勇気を持ち、正直で優しくなければいけません。

引用元: amazon.co.jp
1883年にイタリア人小説家カルロ・コッローディが発表した「ピノッキオの冒険」では、ピノキオがジミニー・クリケットを殺害するシーンがあるほか、作中には「びっこのキツネ」、「めくらのネコ」といった他のキャラクターの障害を差別する表現がでてくる。

引用元:disneynohimitsu.com

ピノッキオが家に帰ると、長いことゼペットじいさんの家に住んでいるおしゃべりコオロギが、ピノッキオの誤った行いを諭し始める。しかし、アニメ版と違って、ピノッキオはまもなくコオロギのお説教にうんざりして、木槌で彼を殺してしまう。オリジナル版はなんとも後味の悪い結末なのだ。

引用元:karapaia.com

ピノキオは勉強と努力が嫌いで、すぐに美味しい話に騙される。ピノキオが心を入れ替える前に、おしゃべりコオロギのジミニーを殺してしまう・・・かなり残酷な描写です。

コッローディの本は、1881年に最初ローマの新聞で連載された。話は15章のピノッキオが木から吊るされているこの場面で終わっている。ああ、父なる神さま、親愛なる神さま! あなたがここにいらしたなら!"これがピノッキオの最期の言葉だ。ピノッキオは目を閉じ、口を開け、足をだらりと垂らして、死んだようにただそこにぶら下がった。

引用元:karapaia.com

「ピーター・パン」

「ピーター・パン」 夢と冒険の国 ネバーランドへ! 子供たちだけのワクワクの旅!

いつも弟のジョンとマイケルにピーター・パンの話を聞かせている姉のウェンディはお父さんに子供部屋を出るようにと言われてしまいます。その夜、ピーター・パンと妖精ティンカー・ベルが、なくした影を探しにやってきました。目を覚ました子供たちは、ピーター・パンの住む、永遠に子供のままでいられる夢と冒険の国・ネバーランドへと旅立っていきました。

引用元: amazon.co.jp
制作にあたりウォルトは原作ではピーター・パンに子供じみた、フック船長に紳士的な描写があったが、それに対し本作ではパンの性格が勇気ある一本気な青年に変更され欠点がほとんどなく(ただし、女の子にもてる事を少々鼻にかけている)、逆にフックは紳士的な一面が取り払われて阿呆で間抜けな男に貶められて描かれ、原作者バリーの込めた含みや皮肉といった隠し味が削除されている。

引用元:ja.wikipedia.org

フック船長がワニに食い殺されるシーンも無い。

引用元:ja.wikipedia.org