【ガンダムシリーズ】宇宙世紀の「機動戦士ガンダム」作品の振り返り

更新日: 2018年09月20日
ruler777さん
のまとめ
  • views21

宇宙世紀の原点(オリジン)である「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」、1年戦争の流れを継承する「機動戦士ガンダムUC」が大ヒットし、劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT』も発表となり、ますます盛り上がりを見せる 宇宙世紀シリーズの「機動戦士ガンダム」。最新作からOVA作品も含めて宇宙世紀の「機動戦士ガンダム」作品を振り返ってみましょう。

『ガンダムUC』の先を描く宇宙世紀サーガ最新作『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』

『ガンダムUC』のその先を描く、宇宙世紀サーガ最新作『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』は、2018年11月30日より全国90劇場でロードショー!!

引用元: twitter.com
本作品はアニメ版『UC』の後日談としての側面も有しており、脚本を務める福井晴敏が以前に執筆した小説版『UC』の外伝短編小説『機動戦士ガンダムUC 不死鳥狩り』を原案に用いて再構成し、アニメ版『UC』の約1年後の物語として描かれる。

引用元:ja.wikipedia.org

『機動戦士ガンダムNT』 特報映像
『機動戦士ガンダムNT』2018年11月劇場公開予定

ニュータイプ神話の行き着く先・・・そこにあるのは破滅か、永遠の生命か?

HGUC 機動戦士ガンダムNT ユニコーンガンダム3号機 フェネクス (デストロイモード) (ナラティブVer.) [ゴールドコーティング] 1/144スケール 色分け済みプラモデル BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

引用元: amazon.co.jp
RX-0 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス
連邦軍がユニコーンガンダムとバンシィ」の製造データをもとに独自に組み上げた機体。物語の2年前に暴走事故を起こし、パイロットごと消息不明となるが、ミネバ・ラオ・ザビが「ラプラスの箱」の真実を公表した直後から目撃証言が相次ぐようになる。

引用元:ja.wikipedia.org

HGUC 機動戦士ガンダムNT シナンジュ・スタイン (ナラティブVer.) 1/144スケール 色分け済みプラモデル BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

引用元: amazon.co.jp
MSN-06S-2 シナンジュ・スタイン
「UC計画」の一環として生み出されたサイコフレームの実験機で、ユニコーンガンダムの前型にあたる。本作では、フル・フロンタルに奪取された2機のうち、改修されていない予備機がゾルタン・アッカネンの乗機として登場する。

引用元:ja.wikipedia.org

機動戦士ガンダムUC 宇宙世紀0096年。第三次ネオ・ジオン戦争(ラプラス戦争)

機動戦士ガンダムUC 宇宙世紀0096年。『機動戦士ガンダム』から続く地球連邦とジオンとの一連の抗争に一応の決着を付ける総括的作品

TVシリーズ『機動戦士ガンダムUC RE:0096』(全22話)第二次ネオ・ジオン抗争の終結から3年後の、宇宙世紀0096年。普通の学生としての日常にも違和感を抱きながらもインダストリアル7内にあるアナハイム工専へ通っていた少年バナージ・リンクスは、謎めいた少女オードリー・バーンとの運命的な出会いを果たし、彼女に強く惹かれる。オードリーの正体はザビ家の生き残りであるジオンの姫、ミネバ・ラオ・ザビであり、大きな戦争の火種となる可能性のある「ラプラスの箱」の引き渡しを独断で阻止しようとしていた。

引用元: amazon.co.jp
劇場用アニメ作品『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(以下『CCA』)から3年後の宇宙世紀0096年が主な舞台となっている。物語は宇宙世紀元年から始まり、その年に起こった宇宙世紀誕生や、一年戦争の発端にも関わるラプラス事件が物語の中核となっている。

引用元:ja.wikipedia.org

BandaiChannel:『機動戦士ガンダムUC』全話ダイジェスト ~バナージの旅路~【動画】

オリジナルビデオアニメ(OVA)版のパッケージ販売を中心としたアニメ作品としては大きなヒット作となり、episode 1から7までの全作品がBDの週間ランキングで初登場総合首位を達成した。OVA版全7巻のBD/DVDの累計出荷数は180万枚を超え、映画館でのイベント上映、劇場先行パッケージ販売、ネット配信を同時に行うという新たなビジネススキームを確立した、アニメ業界において記念碑的タイトルとなった。2016年2月時点では、BDとDVDの累計出荷数は190万枚以上と「ガンダムシリーズ」の作品で最高を記録している。

また2016年4月3日から9月11日まで、タイトルを『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』と題して、テレビシリーズアニメとして、2クール・全22話が放送された。

ラプラス戦争とは
本作品にて描かれた、宇宙世紀0096年に発生した「ラプラスの箱」にまつわる一連の紛争を指す。劇中においては、暴走したガーベイのダカール襲撃によって甚大な被害が生じたことで、「袖付き」は単なるテロリスト集団ではなく名実共に新生ネオ・ジオンの後継勢力であるとの認識が持たれるようになり、地球連邦高官ジョン・バウアーの呼びかけで、「第三次ネオ・ジオン戦争」として認定する動きが出ているとされている。

引用元:ja.wikipedia.org

RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル バンダイ(BANDAI)

引用元: amazon.co.jp
RX-0 ユニコーンガンダム
主人公の少年バナージ・リンクスが搭乗する、「ラプラスの箱」の“鍵”になると言われる白いモビルスーツ。通常時はユニコーンを模した姿だが、敵ニュータイプを感知することでガンダムタイプの姿に変形する。特定ポイントで条件を満たすことで、「ラプラスの箱」へと導く仕様となっている。

引用元:ja.wikipedia.org

HG 1/144 ガンダムベース限定 ユニコーンガンダム(光の結晶体)【2018年11月発送】 全世界のガンプラファンにむけた、公式ガンプラ総合施設「ガンダムベース」の限定ガンプラです。『機動戦士ガンダムUC』エピソード7の最終局面で登場した究極の形態、ユニコーンガンダム(光の結晶体)をキット化。

引用元: p-bandai.jp

RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン 1/144スケール 色分け済みプラモデル バンダイ(BANDAI)

引用元: amazon.co.jp

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 新たに語られる宇宙世紀の原点(オリジン)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 新たに語られる宇宙世紀の原点(オリジン)。『ファースト』の前日譚、外伝的エピソード。

引用元: eiga.com
原作におけるシャアとセイラの少年少女時代から一年戦争開戦までを描いた通称「シャア・セイラ編」(コミックス9〜12巻)が2015年から2016年にかけて全4章構成で公開、2017年から2018年にかけて「ルウム編」が全2章で公開、全6話構成となった。

引用元:ja.wikipedia.org

BandaiChannel:3分でわかる『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』【動画】

『ガンダム』物語の時系列的には『V激突 ルウム会戦』『VI 誕生 赤い彗星』が、ようやく『ファースト』の物語直前ということになる。

引用元:biz-journal.jp

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I  第1話「青い瞳のキャスバル」

宇宙世紀0068年、サイド3、ムンゾ自治共和国。宇宙に進出した人の革新を説き、地球連邦政府からの完全独立を宣言しようとしたジオン・ズム・ダイクンは、議会檀上で演説中に突如倒れ、帰らぬ人となった。
ダイクンの死後、ザビ家陰謀説を唱えるダイクンの側近ジンバ・ラル。しかし、サイド3ムンゾの実権を掌握せんとするデギン・ソド・ザビ率いるザビ家の暗躍は加速していく。これまで語られる事の無かった動乱の歴史が明らかになる中、ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアには、激動の時代を象徴した数奇な運命が待ち受けていた…。

引用元: amazon.co.jp

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 第2話「哀しみのアルテイシア」

宇宙世紀0071年。サイド3、ムンゾ自治共和国を脱出して3年。ジオン・ズム・ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアの兄妹は、ジンバ・ラルと共に地球に逃れ、テアボロ・マス家に身を寄せており、エドワウとセイラという名で平穏に暮らしていた。だが、彼らを追うザビ家の魔の手が、再び迫りつつあるのであった…。そのころ、サイド3はジオン自治共和国と国名を変え、ザビ家が実権を掌握し、支配体制を固めつつある一方、地球連邦軍に対抗するための新兵器、モビルワーカーの開発に着手していた。

引用元: amazon.co.jp

機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 第3話「暁の蜂起」

宇宙世紀0074年。テキサス・コロニーを離れたエドワウ・マスは身分を偽り、シャア・アズナブルとしてジオン自治共和国国防軍士官学校に入学する。同期となったザビ家の御曹司ガルマと親交を深めるシャア。次第に二人は学生たちからも一目置かれる存在になってゆく。そして宇宙世紀0077年、ついに学生たちは独立をかけ地球連邦軍治安部隊に対し武装蜂起する。しかしそれはシャアの描く復讐への壮大なシナリオの幕開けでもあった……。

引用元: amazon.co.jp

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 第4話「運命の前夜」

「暁の蜂起」のあと、地球に向かったシャアは、不思議な力を持つ少女、ララァ・スンと出会う。一方、RX-78開発計画を推進するアムロの父テム・レイは、ジオンのモビルスーツ開発の重要人物、ミノフスキー博士亡命の報を得て、月へ向かう。その月面のトワイライトゾーンで繰り広げられる人類史上初のモビルスーツの死闘。そして、時に宇宙世紀0079年――。地球から最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた。人類が総人口の半分を死に至らしめた、動乱の時代が始まろうとしていた――。

引用元: amazon.co.jp

機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 第5話「激突 ルウム会戦」

宇宙世紀0079 年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。 世界の人口の半数を死に至らしめた作戦を実行し突き進むジオン公国軍に対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍、その裏で交錯するザビ家の陰謀。変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7 で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた―。そして、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブルの「赤い彗星」としての伝説が誕生する。

引用元: amazon.co.jp

機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 第6話(最終話)「誕生 赤い彗星」

宇宙世紀0079年1月23日、サイド5、ルウムでジオン、地球連邦の雌雄を決する戦いが始まった。圧倒的劣勢に追い込まれたジオンは、秘策である人型兵器「モビルスーツ」で編成した特別強襲大隊を投入し戦況を一気に逆転させ、大勝利を収める。なかでも、ジオン軍のシャア・アズナブルは、赤いモビルスーツ「ザクII」で戦果を上げ少佐に昇進、「赤い彗星」の異名をとる。ルウム会戦後、地球連邦軍はジオンに反撃すべく「V作戦」を計画。その裏側で、サイド7の少年アムロ・レイは自ら行動し、新兵器「ガンダム」の秘密を探っていた。一方、地球の南極大陸でのジオン、地球連邦の両軍の高官がそろう早期和平交渉の場でルナツーから世界中にある声明が発信される…。

引用元: amazon.co.jp

ガンプラ HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII (機動戦士ガンダム THE ORIGIN) バンダイ(BANDAI)

引用元: amazon.co.jp

機動戦士ガンダム(通称:ファーストガンダム) 宇宙世紀0079。全てのガンダムシリーズの原点

TVシリーズ「機動戦士ガンダム」 宇宙世紀0079。全てのガンダムシリーズの原点

「ガンダム」シリーズの原点となる、1979年から1980年に放映されたTVアニメ。宇宙世紀0079。戦闘に巻き込まれた少年・アムロが、地球連邦軍のパイロットとなりジオン軍に立ち向かう。全43話。『ガンダムシリーズ』と呼ばれる作品群の第1作であることから、初代ガンダム、ファースト(ガンダム)の名で呼ばれることも多い。

引用元: amazon.co.jp
ロボットアクション以上に、主人公の社会的成長が物語の主軸に据えられている。また、戦争を舞台としたリアリティに富んだ人間ドラマと、ロボットを「モビルスーツ」と呼ばれる兵器の一種として扱う設定を導入したことで、1980年代初頭から半ばにかけての、後に「リアルロボットもの」と称されることになる一連のロボットアニメ変革の先駆けとなった。

引用元:ja.wikipedia.org

ガンプラ RG 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム) バンダイ(BANDAI)

引用元: amazon.co.jp
社会現象ともいえるガンプラブーム
放映終了半年後にバンダイから発売されたMSのプラモデルが爆発的な売れ行きを見せ、ガンプラと呼ばれた。後の劇場版公開もあわせ、社会現象ともいえるブームを巻き起こした。その後も本作と世界観や設定、歴史などを踏襲、あるいは共有する小説や漫画が数多く制作された、メディアミックスの先駆けともいえる作品である。

引用元:ja.wikipedia.org

SFアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」劇場版3部作の第1弾

宇宙世紀0079。宇宙植民地・サイド3はジオン公国を名乗り、連邦軍に独立戦争を仕掛ける。サイド7に住む少年・アムロは偶然モビルスーツ・ガンダムに乗り込み、ジオン軍のザクを撃退する。

引用元: amazon.co.jp
宇宙世紀0079。地球から最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた。開戦後1ヶ月あまりの戦いで、ジオン公国と連邦軍は総人口の半分を死に至らしめ、戦線は膠着状態に陥っていた。劣勢に立つ連邦軍は、ジオン軍の機動兵器であるモビルスーツ・ザクに対抗するため、試作型モビルスーツ・ガンダムを開発。しかしそれを察知したジオン軍は最終テストが行われているサイド7を攻撃。混乱の中、少年アムロはガンダムに乗り込む。

引用元:amazon.co.jp

機動戦士ガンダムII 哀・戦士編

TVアニメ「機動戦士ガンダム」を再編集した劇場版の第2弾。連邦軍のオデッサ作戦が進行する中で、アムロはさまざまな人たちと出会い成長していく。そして命を賭けて戦い散っていく人たちの姿を見て、彼はニュータイプへと覚醒しようとしていた…。

引用元: amazon.co.jp
ニュータイプの概念
本作の重要なキーワードの一つが「人類の革新ニュータイプ」である。超能力にも似た特別な感覚を得た人々として設定されたニュータイプは、当初は主人公アムロに超人的活躍をさせるためのアイデアだったが、やがて宿敵シャアもまたニュータイプであることが明かされ、そして同じくニュータイプである少女 ララァ・スンとの出会いと3人の間で起こる悲劇を通じて、「人類の革新」とは何なのかという抽象的なテーマへと昇華された。

引用元:ja.wikipedia.org

機動戦士ガンダム劇場版 特報&予告

第16話 – 第31話前半を再編集した第2作は『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』と題され、1981年7月11日に公開された。

1.特報
2.予告編 1:06
3.哀戦士編 特報 4:37
4.哀戦士編 予告編 5:51
5.めぐりあい宇宙編 特報 9:16
6.めぐりあい宇宙編 予告編 10:21

機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編

SFアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」劇場版3部作の第3弾。ニュータイプへと覚醒したアムロ。ガンダムで凄まじい戦果を挙げていく中、運命の少女・ララァと交戦し精神が激しく共鳴する。しかし、その戦いは恐ろしい悲劇へと繋がっていく。

引用元: amazon.co.jp

機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編 (1982) – 劇場予告編

第31話後半 – 第43話を再編集した第3作は『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙(そら)編』と題され、1982年3月13日に公開された。

主題歌がオリコンチャートの上位にランキングされるなど、劇場版三部作は音楽面でも大きな社会現象にまで発展した。

機動戦士ガンダム MS IGLOO

機動戦士ガンダム MSイグルー 過酷なガンダム“一年戦争史”全3シリーズ

ジオン軍試作兵器運用試験隊と地球連邦軍地上部隊において、戦史の狭間に消えていった兵士たちの生き様をフルCGで描く連作OVAシリーズ。

引用元: amazon.co.jp

『機動戦士ガンダム MS IGLOO』は2004年から2006年にかけて制作されたフル3DCGアニメ。

劇場作品の第1期シリーズ『1年戦争秘録』とOVAの第2期シリーズ『黙示録0079』の各3話ずつ、2期合わせて全6話構成で、いずれも一年戦争を舞台にジオン軍側から描いた内容となっている。また2008年には、地球連邦軍側から描いた『機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線』が公開された。

「機動戦士ガンダム MSイグルー -1年戦争秘録-」
 第1話「大蛇はルウムに消えた」
 第2話「遠吠えは落日に染まった」
 第3話(最終話)「軌道上に幻影は疾る」

「機動戦士ガンダム MSイグルー -黙示録0079-」
 第1話「ジャブロー上空に海原を見た」
 第2話「光芒の峠を越えろ」
 第3話(最終話)「雷鳴に魂は還る」

「機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線」
 第1話「あの死神を撃て!」
 第2話「陸の王者、前へ!」
 第3話(最終話)「オデッサ、鉄の嵐!」

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 ガンダムシリーズ初のOVA作品。

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争

一年戦争を少年の目線で描いたガンダムシリーズ初のOVA。アル少年とジオン公国軍新兵のバーニィという2人の主人公を軸に、ガンダムを倒す側の視点で描いた意欲作となる。またその後のガンダムサーガに「裏面史」という作劇方法を確立させた先駆け的作品ともなっている。

引用元: gundam0080.net
地球連邦軍とジオン公国軍による戦いが熾烈を極める宇宙世紀0079年末期。連邦軍の開発したニュータイプ専用モビルスーツ・ガンダムNT-1 アレックスを巡る戦いが、宇宙に浮かぶコロニー・サイド6で展開する。

引用元:gundam0080.net

BandaiChannel「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 Blu-rayメモリアルボックス」PV【動画】

ある日、少年は“戦争”と出会った――

1989年発売の『ガンダムシリーズ』OVA作品。全6話。略称は「0080」「ポケ戦」(ポケせん)。

物語の語り手であるアル、ヒーロー役であるバーニィ、ガンダム乗りであるクリスと、主人公として扱われるべき人物が3人居るのが特徴。

民間人の少年の視点で物語が進むため、本来なら主役機になっているはずの『ガンダム』は後半まで登場しない(その為、戦闘シーンも少なく、戦闘シーンの有無で巻ごとの売上の上下が激しかった)。

オープニングの「いつか空に届いて」とエンディングの「遠い記憶」は名曲とされていて、少年期の心を見事に表現している。

HGUC 1/144 MS-18E ケンプファー (機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争) バンダイ(BANDAI)

引用元: amazon.co.jp

機動戦士ガンダム 第08MS小隊

機動戦士ガンダム/第08MS小隊 ミラーズ・リポート

OVA『機動戦士ガンダム/第08MS小隊』の本編で語られなかったエピソードを描いた劇場版。“アリス・ミラー”の視点から描く、OVA第6巻~第9巻の空白を埋めるエピソード!宇宙世紀0079。アプサラスと接触した8小隊は善戦するも捕獲に失敗。シローはアプラサスとの交戦中に消息を絶ち…。

引用元: amazon.co.jp

『機動戦士ガンダム第08MS小隊』PV

1996年から1999年にかけて全11話と後日談の特別編『ラスト・リゾート』を制作、1998年には劇場版『ミラーズ・リポート』も公開された。

第08小隊は『機動戦士ガンダム』とほぼ同時期を描いた外伝作品。他のガンダムシリーズ作品よりも、戦場の生々しさやリアリティを追求した描写が特徴。そこに、理想に燃える青年士官シロー・アマダが主人公として登場することで、戦争の現実とかけ離れた彼の人物像が強烈な印象をもって対比されている。

HGUC 1/144 MS-07B3 グフカスタム (機動戦士ガンダム 第08MS小隊) バンダイ(BANDAI)

引用元: amazon.co.jp
一年戦争において連邦軍が勢いを伸ばし始めた頃が舞台であり、登場する兵器もモビルスーツ (MS) だけに偏らず、テレビシリーズ『機動戦士ガンダム』に登場した一見奇抜な兵器をもリメイクして登場させている。MSがあくまで一兵器として扱われるのは、ガンダムシリーズ全体を通しての特徴であるが、本作ではその傾向がことさら強い。特に、主人公の乗機は大抵強力な特別機なのが通例なところを、本作では量産機やその改造機を主人公が駆っている。それ以外のメカ描写も細部まで技術考証が徹底された。

引用元:ja.wikipedia.org

機動戦士ガンダム0083 宇宙世紀0083年。「1st」と「Ζ」の空白の時間を埋める作品

機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光

1991~92年にかけて発売された全13話のOVA「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」の総集編に新規カットを加えて製作された劇場版。

引用元: eiga.com
機動戦士Ζガンダムにおけるティターンズの結成に至るまでの過程を描いており、「1st」と「Ζ」の空白の時間を埋める作品となっている。

引用元:dic.pixiv.net

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』

ガンダムシリーズのOVA。1990年制作、1991年から1992年にかけて全13話が製作された。略称は『0083』で通称『星屑』(ほしくず)。

作品タイトルの「0083」とは宇宙世紀0083年を指し、『機動戦士ガンダム』の宇宙世紀0079年と、当時すでに放映済みであった『機動戦士Ζガンダム』の宇宙世紀0087年の間の出来事が描かれ、両作品間の空白を埋めるストーリーとなっている。

一年戦争が終結して3年、地球連邦軍再建計画に基づきガンダム開発計画が提唱され、その試作機であるガンダム試作1号機、ガンダム試作2号機が性能テストのためにオーストラリアのトリントン基地に搬入される。しかし、ジオン軍の残党がこの情報をつかんでおり、核兵器を搭載したガンダム試作2号機を強奪せんと基地を襲撃する。

機動戦士Ζガンダム 宇宙世紀0087年・グリプス戦役。

TVシリーズ『機動戦士Zガンダム』 宇宙世紀0087年。グリプス戦役。

宇宙世紀0087年。反連邦組織・エゥーゴに所属するクワトロ・バジーナ大尉は、潜入したコロニーで黒いガンダムを目撃する。物語は1979年 – 1980年に放送された『機動戦士ガンダム』の続編にあたるが、設定はその劇場映画版3部作から連なるものとなっている。

引用元: amazon.co.jp
前作の連邦対ジオンという明快な図式に対して、本作はティターンズとエゥーゴという地球連邦軍から発生した二つの勢力による抗争を中心に、中盤以降ではジオン残党最大勢力であるアクシズの地球圏帰還や、各勢力同士の同盟・決裂、指導者の暗殺など、複雑な構図となっている。

引用元:ja.wikipedia.org

ガンダム史上最強の戦闘シーン:シャア・アズナブル(クワトロ・バジーナ)の百式、ハマーン・カーンのキュベレイ、パプテマス・シロッコのジ・Oの決戦。エゥーゴ、ティターンズ、アクシズ三つ巴の死闘が展開される

HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル バンダイ(BANDAI)

引用元: amazon.co.jp

機動戦士ガンダムΖΖ 宇宙世紀0088年・第一次ネオ・ジオン抗争

機動戦士ガンダムZZ 宇宙世紀0088年。第一次ネオ・ジオン抗争

グリプス戦役が終焉を迎えた宇宙世紀0088年。激戦で傷ついたエゥーゴの主艦アーガマはサイド1のコロニー“シャングリラ”に降り立つ。そこにはジュドーをはじめ、ジャンク屋稼業で生計を立てている少年達が住んでいた。アーガマが寄港したとの情報を聞きつけたジュドーは、大金獲得の為にZガンダムを盗み出そうとするのだが・・・。

引用元: amazon.co.jp

テレビアニメ「機動戦士ガンダムZZ」 OP 「サイレントヴォイス」

ガンダムシリーズの第3作であり、『機動戦士Ζガンダム』の直接的な続編として第一次ネオ・ジオン抗争を描いた作品である。前作とは一転して、当初は明るい雰囲気でスタートし、敵も味方もコミカルに描かれることも多かったが、第19話以降より順次、シリアスな作風に路線変更となった。

HGUC 195 機動戦士Zガンダム キュベレイ 1/144スケール 色分け済みプラモデル バンダイ(BANDAI)

引用元: amazon.co.jp
宇宙世紀0088年、グリプス戦役で地球連邦軍が創設したエリート部隊「ティターンズ」は事実上壊滅した。しかし、エゥーゴも大半のパイロットが戦死し、有力な指揮官のクワトロ・バジーナ大尉は行方不明となったうえ、エースパイロットのカミーユ・ビダンも精神崩壊に陥り、深刻な戦力不足に悩まされていた。そんな中、三つ巴の決戦から一時手を引き、高みの見物をしていたハマーン・カーン率いるジオン公国残党組織アクシズはネオ・ジオンと名を変え、地球圏の制覇に乗り出す。

引用元:ja.wikipedia.org

HGUC 1/144 キュベレイMk-II(エルピー・プル専用機)【再販】【2次:2018年11月発送】 『機動戦士ガンダムZZ』 エルピー・プルが駆る黒きキュベレイMk-II、新生-REVIVE- HGUCキットで登場!

引用元: p-bandai.jp

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 宇宙世紀0093年・第二次ネオ・ジオン抗争

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 宇宙世紀0093年。第二次ネオ・ジオン抗争。アムロ対シャア 最終決戦の時きたる! !

宇宙世紀0093年。ネオ・ジオンの総帥となったシャアは、地球に住む怠惰な人々を粛正するために隕石落とし作戦を開始した。ロンド・ベルのブライトたちは作戦阻止に奮戦するが、シャアの作戦は一枚上手であった。闘いの中で連邦高官の娘クェス・パラヤはシャアにひかれてネオ・ジオンに入り、パイロットとしてニュータイプの素養を開花させていく。作戦は成功し、小惑星アクシズは地球落下に向かって前進を始めた。シャアのライバルたるアムロはν(ニュー)ガンダムに乗って惨劇をくい止めようと出撃するが……。様々な人間模様が交錯し、宇宙空間を高機動モビルスーツが駆けめぐる。

引用元: amazon.co.jp

RG 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア サザビー 1/144スケール バンダイ(BANDAI) 『逆襲のシャア』劇中終盤において、主人公「アムロ・レイ」が搭乗する「νガンダム」と死闘を繰り広げる。

引用元: amazon.co.jp
サザビー (ガンダムシリーズ)とは
「新生ネオ・ジオン軍」の総帥「シャア・アズナブル」の専用機。特殊な人間であるニュータイプ用に開発された機体で、歴代のガンダム作品に登場するジオン系MSの集大成とされる高性能機。劇中のMSのなかでも大柄な体躯と、シャアのパーソナルカラーである赤い機体色が特徴。背部上段に装備された2基のコンテナには、「ファンネル」と呼ばれる遠隔誘導ビーム砲台を片方3基ずつの計6基搭載している。

引用元:ja.wikipedia.org

RE/100 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ヤクト・ドーガ(ギュネイ・ガス機) 1/100スケール BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) 最終決戦ではクェスのα・アジールと共にνガンダムに挑むも、パイロットの技量と機体性能の両面で圧倒され、背後を取られたクェスを救おうと無理な姿勢で攻撃に出た際、バズーカとシールドを囮にした戦法に隙を突かれ、ビームライフルの直撃を受けて撃破される。

引用元: amazon.co.jp

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1988) 予告

本作は『機動戦士ガンダム』から14年後の宇宙世紀0093年を舞台に、一連のシリーズの主要人物であるアムロ・レイとシャア・アズナブルの最後の戦いを描いている。

機動戦士ガンダムF91 宇宙世紀0123年

機動戦士ガンダムF91 宇宙世紀0123年。ガンダムF91、新たなる時代へ飛翔せよ! !

宇宙世紀0123年。コスモ・バビロニア建国を目指すクロスボーン・バンガードのモビルスーツ群が、新興コロニー、フロンティアIVを奇襲した。高校生のシーブック・アノーたちは、攻撃をかわしつつ脱出する。その最中、級友のセシリー・フェアチャイルドはロナ家に後継者として迎えられ、鉄仮面に変わり果てた父カロッゾと再会する。一方、フロンティアIへと逃げ込んだシーブックは、母のつくった新型MSガンダムF91に乗り込んでいた!

引用元: amazon.co.jp

『機動戦士ガンダムF91』6/22発売4KリマスターBOX PV

1991年3月に劇場公開されたガンダムシリーズのアニメ映画。時代設定は一年戦争から40年以上、第二次ネオ・ジオン抗争からは約30年経った宇宙世紀0123年が舞台である。それまでのシリーズに登場した人物は登場しない。