『劇場版 艦これ』の見所、艦娘と深海棲艦の関係、吹雪が「特別な艦娘」である理由

更新日: 2018年09月12日
ruler777さん
のまとめ
  • 135 view

テレビ版「艦隊これくしょん -艦これ-」(2015年1月から3月にかけて全12話)の続編・後日談である『劇場版 艦これ』(2016年11月26日公開)のあらすじと見所を分かりやすくまとめています。主人公の吹雪と深海棲艦の正体などテレビ版では解決されず残されたままだった謎の多くが明らかになります。このまとめは重大なネタバレを「多く」含みます。

『劇場版 艦これ』 激戦のMI作戦に勝利して終わるTVアニメ版の後日談・完全な続編

「劇場版 艦これ」 テレビアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』の続編・後日談。艦娘と深海棲艦の関係と、本作の吹雪が「特別な艦娘」である理由が明かされる。

海を蹂躙する謎の敵「深海棲艦」。在りし日の艦艇の魂を胸に抱き、その脅威に唯一対抗できる「艦娘」たち。激戦の果てに勝利を収めたMI作戦以降、艦娘たちの戦いはますます熾烈になっていた。作戦の成功を足掛かりに鎮守府は南方海域に進出し、敵泊地のさらなる攻略に臨む。

引用元: amazon.co.jp

『劇場版 艦これ』は、テレビアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』の続編・後日談にあたる劇場アニメーション。2016年11月26日に全国各地の映画館で公開された。

テレビアニメ版『艦隊これくしょん -艦これ-』では、新たに鎮守府に着任した吹雪の成長と「MI作戦」での勝利までを描く。劇場版では、テレビアニメ版で作戦行動中行方不明になっていた如月が帰還を果たしたところから始まり、艦娘と深海棲艦の関係と、本作の吹雪が「特別な艦娘」である理由が明かされる。

艦娘はなぜ戦うのか?
艦娘たちのいる世界の閉塞感は、一体なんなのか?
劇場版は心身ともに限界の彼女たちを描くことで、今まで意図的にぼかし続けていたところに踏み込んだ。

引用元:excite.co.jp

『劇場版 艦これ』本予告

『劇場版 艦これ』11月26日より全国ロードショー。
今回の劇場版では、TVアニメと同じく特型駆逐艦の「吹雪」を主人公に、成長した艦娘たちと謎の敵「深海棲艦」たちとの新たな戦いが描かれる。彼女たちの想いが紡ぐ、より深化した物語をお届けします。
(C)2016 「劇場版 艦これ」連合艦隊司令部

コミカルな場面が多かったTVアニメ版とは打って変わって終始シリアスな雰囲気となっており、視覚的にも精神的にもエグいシーンが多い。

引用元:www49.atwiki.jp

アニメ版の世界観における「轟沈してしまった艦娘のその後」についても描いており、「艦娘」と「深海棲艦」の互いの関係性についてなど、これまでぼかされていた描写に関して深く踏み込んだ内容となっている。

引用元:dic.nicovideo.jp

西沢幸奏/帰還 Music Video(2chorus)_ 『劇場版 艦これ』主題歌

「帰還」 歌:西沢幸奏
作詞:minatoku 作曲:WEST GROUND / Hige Driver 編曲:WEST GROUND / 亀岡夏海
西沢幸奏が歌う主題歌のタイトルは『帰還』。この言葉は本作のストーリーを通したテーマにもなっているようだ。

テレビアニメ『艦これ』の「MI作戦」では特型駆逐艦「吹雪」の活躍もあり艦娘たちが勝利を収めた

『劇場版 艦これ』は、テレビアニメ『艦これ』の「MI作戦」の後日談。

テレビアニメ『艦これ』の「MI作戦」(第11・12話)では特型駆逐艦「吹雪」の活躍もあり艦娘たちが激戦の果てに勝利を収めた。『劇場版 艦これ』はこの後日談・続編になる。

引用元: futomichi.blog57.fc2.com
アニメ版OPの『海色』の歌詞は記憶を失った「私」が「あなた」と再び巡り会い、共に進もうとするという内容になっており、
劇場版を顧みると、その本質は吹雪と深海吹雪棲姫の対決と救済を描いた曲であった。
実際、吹雪と深海吹雪棲姫の会話は『海色』の歌詞から引用したものがいくつか見受けられる。

引用元:www49.atwiki.jp

テレビアニメ『艦これ』の戦闘・砲撃シーンを集約した動画

「劇場版 艦これ」の冒頭の夜戦が見所:鳥海率いる第8艦隊が大活躍する

「劇場版 艦これ」の冒頭の夜戦が見所。鳥海率いる第8艦隊が泊地を強襲して、敵輸送船団を殲滅する。

衣笠、加古、古鷹の第一次ソロモン海戦の第八艦隊の面々。

引用元: zekamashi1941.com

テレビアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』の「MI作戦」(第11・12話)の成功で南方への足掛かりを得た艦娘達は、ショートランド泊地を拠点に南方の深海凄艦泊地の攻略を開始する。

「劇場版 艦これ」の冒頭の夜戦で、手始めに鳥海率いる第8艦隊が泊地を強襲して、敵輸送船団を殲滅する。殲滅に成功した艦娘たちは、正体不明の謎の声が聞こえるという現象に遭遇し、それと同時に轟沈したはずの如月が海面に浮上して戻ってきた。

アニメ劇場版では、鳥海、青葉、天龍、衣笠、古鷹、加古の編成で登場。第一次ソロモン海戦と似たシチュエーションで深海棲艦艦隊に夜戦を仕掛ける。

引用元:dic.pixiv.net

MI作戦成功から月日は流れ、ショートランド泊地を拠点にし、南方海域へと進出していた艦娘達。
鳥海率いる第8艦隊が、敵の輸送船団を壊滅させると、かつて轟沈したはずの如月が海面に浮上し、それと同時に謎の声が聞こえる現象にも遭遇する。

引用元:www49.atwiki.jp

二航戦に同行していた龍驤ちゃんが念のために対潜哨戒機を飛ばしていた・・・

引用元: kanmsu.com
作戦終了後も二航戦に同行していた龍驤が念のために対潜哨戒機を飛ばしていたため、史実では帰投中に敵潜水艦に沈められた加古も無事帰投している。

引用元:dic.pixiv.net

「加賀」の意外かつ壮絶な過去が明かされる。深海棲艦の正体が明らかになる。

「加賀」(艦隊これくしょん)の意外かつ壮絶な過去が明かされる。一度轟沈し深海棲艦になったが、再び撃沈されて艦娘に戻った過去があった。

瑞鶴に対して加賀「それはとても…悲しくて辛い事だから」

引用元: cinesoku.net

加賀(艦隊これくしょん)は、『艦隊これくしょん』に登場する空母の艦娘の一人。史実同様赤城の相棒を務める。同じ一航戦である赤城には盲目的に好意的で甘く(デレ)、それ以外の艦娘、とりわけ五航戦の瑞鶴にはとことん厳しい(ツン)。

劇場版『艦これ』にて、驚きの展開が待ち受けていた。

「艦娘は撃沈されると深海棲艦となり、深海棲艦が撃沈されると艦娘になる場合がある」(作中では「D案件」(おそらくドロップの頭文字)と呼ばれている)という設定が(今更ながら)明かされたのである。

さらに、この説明を吹雪たちにした加賀自身も、一度轟沈し深海棲艦になったが、再び撃沈されて艦娘に戻った過去があったと判明する(深海棲艦が撃沈されて艦娘になるときは稀にだがその記憶を引き継ぐ場合があり、加賀は記憶を引き継いでいた)。

加賀は、実は一度轟沈したが深海凄艦化した過去がある。 深海棲艦時代はヲ級として、「カエリタイ」という心に残った未練のままにかつての仲間たちと交戦し、そして…… 当時の記憶が残っており、「轟沈した艦娘は深海凄艦へと変化し、それが倒されることで艦娘として戻ることが出来る」という事実を吹雪達に語った。

引用元:www49.atwiki.jp

回想場面で深海棲艦だった頃の加賀と思われるヲ級が登場

引用元: ure.pia.co.jp
相討ちでお互いの勢力が沈み続けた場合「艦娘→深海棲艦→艦娘→深海棲艦→(以下略)」 という無限ループに陥ってしまう為、「艦娘達は1人も沈まずに、深海棲艦達を全滅させる必要がある」という目標が掲げられることとなる。

引用元:dic.pixiv.net

ツンデレ同士の組み合わせである「瑞鶴」と「加賀」の仲もいっそう深まったようだ。

引用元: kanmsu.com

アイアンボトム・サウンドへの突撃!左から蒼龍、衣笠、飛龍、那珂。二航戦の「飛龍」と「蒼龍」は無双な強さを見せる。

引用元: aucview.aucfan.com

終盤の見所「アイアンボトムサウンドの夜戦」

劇場版『艦これ』終盤の見所「アイアンボトムサウンドの夜戦」 夜戦バカの「川内」、「夕立」が鉄底海峡「アイアンボトム・サウンド」で大活躍。

お馴染み夜戦バカの川内「夜はいいよねぇ……また夜に逝くのも」

引用元: hangenjouriku0.blog.fc2.com
「夜はいいよねぇ……また夜に逝くのも」
上記の台詞を見直すと川内は自分が一度轟沈している事を認識しているため、 特に何も語られなかったが、川内もかつて深海棲艦化していた上にその記憶を保持している可能性がある。

引用元:www49.atwiki.jp

川内は後半の戦闘では三水戦を率いていたが途中で中破してしまい、合流した神通に後を託して同じく中・大破した比叡、霧島や弾薬切れを起こした北上、大井達と共に撤退することになるが 直後に深海棲艦に取り囲まれてしまう。

深海棲艦に追い詰められた状況に彼女は魚雷を片手に「夜はいいよねぇ……また夜に逝くのも」という台詞を不敵に呟くと、勝ち目のない夜戦へと挑んでいった……死亡フラグバリバリな描写だったが別行動中の金剛・榛名が救援に駆けつけた事により無事生還できた。

【動画】劇場版艦これ【夜戦編】『鉄底海峡に陽は沈む』

海が赤く変色する「変色海域」という現象が、鉄底海峡「アイアンボトム・サウンド」を中心に発生していた。
そして遂に、艦娘達は深海棲艦を殲滅するべくアイアンボトム・サウンドを目指すことに―――――。

「夕立」はマイペースで呑気なところは相変わらずだが、アイアンボトム・サウンドでの戦いでは無双する。すごい活躍。

金剛型四姉妹の活躍は目覚しかった。金剛・榛名が救援に駆けつけたおかげで、中・大破した比叡、霧島や弾薬切れを起こした北上、大井達も無事に帰還できた。金剛さんは今回の戦いで無傷のようにも見えた。

引用元: amazon.co.jp

史上最強の艦娘「大和さん」の大活躍

史上最強の艦娘「大和さん」の大活躍

引用元: kancolle-news.com

大和(艦隊これくしょん)は、『艦隊これくしょん』に登場する戦艦娘。テレビアニメ「艦これ」8話より満を持して登場。トラック島に存在するFS作戦遂行のための前進基地の管理を任されている。

衣笠「これが噂の大和ホテルのラムネ」
大和「ホテルじゃありません!」

映画の序盤ではコック姿を披露し、ローストビーフを振る舞った。

大和「それを"希望"と呼ぶのかしら・・・」 この「希望」という言葉が最後に重要なキーワードになった・・・吹雪「私はみんなの希望なんだ・・・絶望じゃない」

引用元: kanmsu.com

劇場版 艦これ 大和出演シーン 動画

終盤の戦いでは大破してしまうが、それでも変色海域の中心部へ向かう吹雪をアシストした。
大和さんの戦闘力の高さを存分に堪能させてくれた。

最後に、吹雪が「特別な艦娘」である理由も判明する。

劇場版「艦これ」にて、主人公「吹雪」の正体が明らかになる。轟沈した吹雪は、皆が作りだした希望の「吹雪」と絶望を背負った「深海吹雪棲姫」に分離した。

大和・吹雪・睦月・深海棲艦と化した如月の苦闘によって突入路の確保に成功し、吹雪はアイアンボトムサウンド中心部へ突入する。

引用元: ameblo.jp

吹雪はアイアンボトム・サウンドで轟沈してしまったが、そこで自身の強い思いと積もっていた無念や思いが吹雪を助けた為、海の上に戻ることができた。このことが原因で吹雪は特別な存在(繰り返される戦いの中で定めの軛から自由)となり、他の艦娘の運命をも変える力を手に入れた(アニメ最終話で赤城達一航戦が史実からそれることができた要因が恐らくこれ)。

しかし、その時に二つに分離してしまい、海の上に戻れたのは片方だけで悲しい記憶を背負ったもう片方は底に沈むこととなった。

吹雪を呼んでいる声、水底に沈んだ吹雪の分離した片割れである「深海吹雪棲姫」の声「カエリタイ……カエリタイ…… カエシテ……カエシテ…………オイデ…」

多くの艦娘が傷つく中、残された大和・吹雪・睦月による最終突入部隊は突入を図るが、大和が大破し、睦月は轟沈寸前の窮地に陥る。そこに、深海棲艦と化してもなお自我を保ち続けた如月が助けに来たことで形勢が逆転。突入路の確保に成功し、吹雪はアイアンボトムサウンド中心部へ突入する。

「劇場版 艦これ」のラスボスは「深海吹雪棲姫」 水底に沈んだ吹雪の分離した片割れに残されたものは水上にある物への憎しみや妬みのみだった。

深海吹雪棲姫「消えてしまえお前も!そのためにお前は帰ってきたのだろう!何度でも何度でもここへ戻ってきて沈め!光などない!望みなどない!この水底で!そうして誰からも忘れさられて消えていけ!」

引用元: ameblo.jp
「吹雪と深海吹雪棲姫の関係」
実はかつて、アイアンボトム・サウンドで轟沈していた。その時は自身の強い思いから海の上に戻ることができたが、その際に二つに分離してしまい、その片割れが悲しい記憶を背負ったまま海底に沈み、長い年月をかけて深海棲艦と化した。 変色海域の中心に飛び込んだ吹雪は、そこで深海棲艦と化した自身の片割れこと深海吹雪棲姫と対峙。

引用元:www49.atwiki.jp

始めは吹雪に精神的な揺さぶりをかけた上で束縛、深海棲艦化させて自らの一部にしようとするが、吹雪が「自身は皆が作りだした希望」であることに気がつき束縛を解くと、近づいてくる吹雪に怯えてしまう。
その際に吹雪の足が折れたことでそれにシンクロするように自身の足も折れ、動けなくなる。
吹雪に抱かれ、海の上に共に戻ること、自身のことも決して忘れないこと、無念の分だけ希望があることを教えられ、光となって消えた。

引用元:dic.pixiv.net

深海吹雪棲姫の触手に締めつけられ、自身も深海棲艦へと変化しかけるが、最後は深海吹雪棲姫を受け入れ、彼岸花の花畑の中でかつて睦月にしたように深海吹雪棲姫を強く抱きしめた。
「私、貴女の事も忘れない。私たち、歩き出せる……だから!」
それと同時に、変色海域は消滅し、周囲にいた全ての深海棲艦も一斉に消え去った。

引用元:www49.atwiki.jp

「劇場版 艦これ」は「睦月」と「如月」の物語

「如月」は「劇場版 艦これ」の第2のヒロインと呼べるほど重要な役回り。「劇場版 艦これ」は如月ちゃんの帰還を描いた物語。

「如月」は第2のヒロインと呼べるほど重要な役回りだった。

引用元: nicovideo.jp
「劇場版 艦これ」において、予告にはなかった如月の出番があった。しかも、回想などではなく第2のヒロインと呼べる重要な役回りであった。

引用元:dic.nicovideo.jp

第3話において如月は轟沈した。何と劇場版では、如月の轟沈にリカバーを入れている。 それも、「艦娘」と「深海棲艦」の関連性にまで切り込んで、アニメ版なりの「1つのアンサー」として形にまとめて打ち出している。

引用元:hobbyfragments.blog.fc2.com

劇場版艦これ主題歌『深海如月』再び海峡へ・・・

第一次ソロモン海戦のさなか、三川艦隊によって救い出された如月。しかし、睦月と再会した喜びも束の間、鉄底海峡から響く謎の声が、またも彼女を深淵へといざなう・・・やがて、過去と現在が交錯する記憶の狭間で、如月は再び、激戦の続く運命のポイントレコリスへと赴くのだった・・・睦月と交わした、あの日の約束を果たすために・・・

「劇場版 艦これ」の裏主人公ともいえる「睦月」

この映画の真の主役は「睦月」。彼女もまた練度を重ねたようで、本作では改二となっている。如月が深海凄艦になりつつある事を加賀達との会話で知り、彼女を救うには沈めるしかないという非情な現実を突き付けられ、号泣。

引用元: jin115.com
艦娘としての意識を保ち続けた如月は仲間たちを救うために睦月型の艤装を身に着けてアイアンボトム・サウンドに突入し、睦月の窮地を救う。 深海凄艦と化している故に変色海域のダメージを受けず、変色海域の中心部へ向かう吹雪をアシストしつつ、睦月と共に深海凄艦と戦う。 どうやら姫級に覚醒していたらしく、睦月にトドメを刺そうとしたネ級を軽々と撃破。

引用元:www49.atwiki.jp

それから月日は流れ、睦月は、出撃する吹雪に自身の作った戦闘糧食おにぎりの包みを手渡して見送った後、別に取っておいたおにぎりの包みを携えて、海岸へ向かう。
そして、そこで彼女を待っていたのは……

引用元:www49.atwiki.jp

エンドロール後、如月は再び艦娘として転生することが叶い、睦月がおにぎりを持って彼女に会いに行き抱擁するシーンで物語は終わる。

「劇場版 艦これ」とは、睦月ちゃんと如月ちゃんの物語だったのかも知れません。如月ちゃんの帰還を描いた物語。

待望のアニメ第2期「艦これ」

アニメ第2期「艦これ」の主人公は「時雨」となる模様。

引用元: wikiwiki.jp

2019年1月4日に行われたイベント『新春鎮守府JAZZ祭り2019 in 日本武道館』において待望のアニメ第2期が発表された。主役は時雨を中心とした西村艦隊になる模様。アニメーション制作は前作のディオメディアではなく、2018年6月にKADOKAWAとサミーが主な出資元となって発足したENGIが行う。

PVでは時雨がメインキャラとして描かれており、逆に第1期の主人公だった吹雪を初めとする第1期および劇場版のメインキャラ達の多くは登場しなかったことから、劇場版で自身の戦いに一区切りつけた吹雪から時雨に主人公が交代する模様。

引用元:dic.pixiv.net



関連まとめ

カテゴリ一覧