アニメのトラウマ回《衝撃的なキャラの死亡シーン編⑭》9作品

更新日: 2019年03月30日
ruler777さん
のまとめ
  • 3,230 view

アニメ史に残る伝説のトラウマ回・鬱回の中でも衝撃的なキャラの死亡シーンに焦点を当てた特集のまとめ第14弾。『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』、『吸血姫美夕』、『ソードアート・オンラインⅡ』、OVA『魔界転生』、『機動戦士ガンダムF91』、『トータル・イクリプス』など。

「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」第10話 輪切りのソルベ。

『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』第10話「暗殺者(ヒットマン)チーム」 「ホルマリン漬け」にされた「輪切り」のソルベは、視聴者にトラウマを植えつけた。アニメ史に残る放送の限界に挑戦する残忍性・猟奇性の高い表現。

引用元: niwakajikomi.hatenablog.com

『ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風』は、荒木飛呂彦の漫画作品『ジョジョの奇妙な冒険』のPart5(第5部)のサブタイトル。イタリアなので、本部のみ特別に『Parte5』と記される。スタンド(幽波紋)シリーズ第3弾。

原作のPart5『黄金の風』を描いた4th Season『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』は、2018年6月に製作が発表され、同年10月から放送されている。

輪切りのソルベとは、「ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風」第10話「暗殺者(ヒットマン)チーム」にて発生した事件である。黄金の風の舞台となるギャング組織「パッショーネ」にてこの物語の始まる少し前に発生した事件。

パッショーネの中にあるチームの一つ「暗殺チーム」に所属していた「ソルベ」と「ジェラート」の2人が、ある日組織内でタブーとされていた組織のボス(ディアボロ)の正体を探り、ボスが支配していた「麻薬のルート」をボスから奪い乗っ取ることを目論んだ。

そもそもこの「暗殺チーム」自体、組織内では冷遇されており、実力と依頼の危険性に見合わない報酬のみしかディアボロから受け取っておらず、なぜ実力のある俺たちがこんな…と憤りを感じていた。

しかしその後日、片割れの「ジェラート」が彼の自宅のソファーの上で死体となって発見された。死因は布を飲み込んだことによる窒息死。また彼の肩には「罰」と書かれた紙が貼りつけられていた。暗殺チームの残りの7人は、仲間が勝手に殺されたことに怒りを感じていたが、何故か「ソルベ」が見つからない。恐らくはジェラートと同様殺されたのであろうが一体どこに…と残りのメンバーは考えていた。

そのまた後日、この暗殺チーム宛に差出人不明のある郵便物が届く。額縁が中には入っていたが、その額縁の中には絵は入っておらず、謎の物体がはめ込まれていた。しかもそれは一つだけではなく、日を重ねるごとにどんどん送られてきた。実にその数30を超えた時、その郵便物の正体が判明した。

郵便物に取り付けられていた額縁を取り外し、中の透明のケースを順々に並べていくとそこにあったのは…。「ホルマリン漬け」にされた……「輪切り」のソルベだった!

暗殺チーム宛に差出人不明のある郵便物が届く。

引用元: ponpokonwes.blog.jp

郵便物の正体は、「ホルマリン漬け」にされた……「輪切り」のソルベだった!

引用元: twitter.com

「輪切り」のソルベを見て、暗殺チームのメンバーは皆、表情が凍り付いた。

引用元: chansoku.com

この残忍性・猟奇性ともに極まった行為は、「組織に逆らえばどうなるか」を如実に示していた。

引用元: twilab.org

「輪切りのソルベ」とは、ジョジョの奇妙な冒険のキャラクター、ソルベの末路である。作中におけるソルベの二つ名ではなく、あくまでファンの間での呼称なので注意されたし。

数日後、暗殺チームの元に小包が36個も届く。 小包の中身は、額縁付きの、謎の物体。それらを全て並べた時、暗殺チームのメンバーは皆、表情が凍り付いた。

それは、「ホルマリン漬け」にされた、「輪切り」のソルベだった!

ソルベは身体を36等分に切断され、その後、パーツごとにホルマリン漬けにされた。

引用元: jojosoku.com

ソルベは身体を36等分に切断されたのである。その後、パーツごとにホルマリン漬けにされた。死体の恐怖に歪んだ表情から、生きたまま切断されたと思われる。

ジェラートはその様子を見物させられ、恐怖のあまり猿轡を喉に詰まらせ死んでしまったのだ。この残忍性・猟奇性ともに極まった行為は、「組織に逆らえばどうなるか」を如実に示していた。この一件以降、暗殺チームはボスに逆らう気も失せ、組織の従順な下僕として働き続けることとなった。

ソルベを切断しているのが、チョコラータらしきシルエットになっている。側にはビデオカメラで撮影しているセッコらしき影もいる。

引用元: mouseion.hatenablog.jp

『吸血姫美夕』第2話「次の駅で」 放送中止になった伝説の回。

『吸血姫美夕』第2話「次の駅で」 神戸連続児童殺傷事件の影響で放送中止になった伝説の回。被害女性たちが救われない後味が悪い結末。

引用元: amazon.co.jp

『吸血姫美夕』(ヴァンパイア ミユ)は、1997年10月6日から1998年3月30日にかけてテレビ東京で放送されたテレビアニメ。全26話。ただし、第二話の放送が急遽中止されたために実際には計25話しか放送されず、その後に未放送の第二話を含んだVHS/LD/DVD『吸血姫美夕 Integral』(ヴァンパイア ミユ インテグラル)が発売された。

『吸血姫美夕』第二話「次の駅で」は本放送では放送されず、第二話前半に美夕が千里たちと出会うという重要なシーンがあったため、本来第三話となる話の前半に第二話の前半を流用し、辻褄を合わせる編集が行われた。

放送中止となった理由は公表されていないが、シリーズ構成を担当した早見裕司は自身の公式ブログ「うらそえ日記」で、猟奇過ぎるとのクレームがあった(神戸連続児童殺傷事件の影響があった)ため没となったと述べている。

神戸連続児童殺傷事件(こうべれんぞくじどうさっしょうじけん)とは、1997年(平成9年)に兵庫県神戸市須磨区で発生した当時14歳の中学生による連続殺傷事件。少年が名乗った名前から別名『酒鬼薔薇事件』『酒鬼薔薇聖斗事件』とも呼ばれる。数か月にわたり、複数の小学生が被害を受け、2名が死亡し、3名が重軽傷を負った。通り魔的犯行や遺体の損壊が伴った点、特に被害者の頭部が「声明文」とともに中学校の正門前に置かれた点、地元新聞社に「挑戦状」が郵送された点など、強い暴力性が伴なう特異な事件であった。また、犯人がいわゆる「普通の中学生」であった点も社会に衝撃を与えた。

引用元:ja.wikipedia.org

妖しい青年(正体は、神魔)は、地下鉄の乗客の女性に声をかけて、地下街に、女をさらっては生き人形にして、マネキンのように飾っていた。かなりシュールで猟奇的な演出といえる。

引用元: amazon.co.jp

『吸血姫美夕』第2話「次の駅で」のあらすじ

地下鉄の中で、若い女が次々と行方不明になった。同級生の千里に誘われて、繁華街へウインドウショッピングに行った美夕。その帰りで妖しい青年を見かけた美夕は、彼を神魔と悟って、自らを囮に誘い出す。青年は地下鉄のトンネルの奥の、今は使われていない地下街に、女をさらっては生き人形にして、マネキンのように飾っていたのだった。

マネキンのように飾られている生き人形にされた女性たちは、皆、すすり泣いていた。地下鉄の駅のホームで働く駅員たちにも聞こえるときがあった。

引用元: amazon.co.jp

(生き人形の犠牲になった女性たちの悲しみの声)

美夕「あなたには聞こえないの?この声が?」
妖しい青年(神魔)「なんのことです?」
美夕「やっぱり。あなたは神魔なんだね。人間の本当の気持ちは分からない。」

はぐれ神魔を狩る監視者の少女「美夕」と妖しい青年(神魔)の戦いになる。生き人形の女性の一人の首が、美夕に仕えるラヴァによって、切断される。この斬首の残酷演出が、放送中止となった最大の原因かもしれない。

引用元: amazon.co.jp

美夕は、神魔を倒したが、生き人形にされた女性たちを救うことはできなかった。女性たちは、そのまま置き去りに・・・。被害女性たちが救われない後味が悪い結末になっている。

引用元: amazon.co.jp

地下街の生き人形にされた女性たちは全く救われない。今でも彼女たちのすすり泣きは続いている・・・あまりにも救いのない結末。

引用元: amazon.co.jp

物語のラストシーン、地下街の生き人形にされた女性たちは全く救われず、今でも彼女たちのすすり泣きは続いている・・・という後味が非常に悪い結末になっている。

ラストシーンは、すすり泣く悲しげな表情をした女性の生首がアップで映し出される。瞳孔が開いた死体のようにも見える。

引用元: amazon.co.jp

生首がアップで映し出され幕を閉じる。第2話「次の駅で」は、かなり猟奇的な作品になっており、神戸連続児童殺傷事件の影響で、この回が放送中止になったのは致し方ない。

【動画】吸血姫美夕 オープニングテーマ「神魔の鼓動」

オープニングナレーションは岸田今日子が務めている。救いのない鬱展開の話が多い。

『ソードアート・オンラインⅡ』 《死銃(デス・ガン)》事件の謎。

テレビアニメ第2期『ソードアート・オンラインⅡ』(ファントム・バレット編) 「仮想世界で銃撃されたプレイヤーが現実世界でも死に至る」という怪現象《死銃(デス・ガン)》事件の真相。

引用元: amazon.co.jp

『ソードアート・オンライン』(Sword Art Online)は、川原礫によるライトノベル、およびその関連作品群。公式略称は「SAO」。テレビアニメ第2期『ソードアート・オンラインII』は2014年7月から12月まで放送された。ファントム・バレット編、キャリバー編、及びマザーズ・ロザリオ編をアニメ化。

『ソードアート・オンラインⅡ』の「ファントム・バレット編」にて、キリトは、漆黒の銃を持つ謎のアバターに撃たれたプレイヤーは、実際に現実世界でも《死》に至る……怪現象《死銃(デス・ガン)》事件の捜査依頼を受ける。

「死銃」(デス・ガン)とは、『ソードアート・オンライン』に登場するキャラクター。ガンゲイル・オンライン(GGO)で起きた「銃撃されたプレイヤーが現実でも死に至る」事件の犯人。 ソードアート・オンライン作中では「ゼクシード」「薄塩たらこ」「ペイルライダー」「ギャレット」を殺害した。

漆黒の銃を持つ謎のアバター《死銃(デス・ガン)》が中継映像の「ゼクシード」に向かって銃撃する。周囲の人は冷笑し傍観していたが・・・。

引用元: amazon.co.jp

中継映像の「ゼクシード」は突然苦しみだし、心臓麻痺で死亡した。死銃(デス・ガン)による「仮想世界で銃撃されたプレイヤーが現実世界でも死に至る」という怪現象の始まりであった。

引用元: amazon.co.jp

死銃(デス・ガン)は、ソードアート・オンライン作中では「ゼクシード」「薄塩たらこ」「ペイルライダー」「ギャレット」を殺害した。

引用元: amazon.co.jp

死銃「俺とこの銃の名はデス・ガンだ!」 キリト「同じだ・・あいつとデス・ガンの声は同じだった。あいつが・・あの灰色マントがデス・ガンなのか・・?」

引用元: hiro-game.sakura.ne.jp

死銃(デス・ガン)は、殺人ギルド「ラフィン・コフィン」の三幹部の一人「赤眼のザザ」であった新川昌一と弟の新川恭二の複数犯だった。

引用元: amazon.co.jp

死銃は複数犯である。VR空間内部で銃撃を行うデスガンこと「Sterben(ステルベン)」のアバターを操るプレイヤー1名と、銃撃されたアバターのプレイヤーを銃撃を合図に現実世界で薬殺する2名で構成される。

新川昌一は、「Sterben」のメインプレイヤー。SAO生還者であり、当時のプレイヤーネームは「ザザ(XaXa)」。殺人ギルド「ラフィン・コフィン」の三幹部の一人「赤眼のザザ」として恐れられていた。

新川恭二は、昌一の弟。普段はアバター「シュピーゲル」を操る。死銃事件構想の発案者。兄と共に暗躍していた。

金本敦は、SAO生還者で、当時のプレイヤーネームは「ジョニー・ブラック(Johnny Black)」。昌一と同じ元ラフコフメンバーであり、SAO時代は彼といつも行動を共にしていた。

死銃(デス・ガン)事件の真相は「GGOにダイブしているメンバーがステルベンを使ってターゲットのアバターへ銃撃し、それを合図に予めプレイヤーの住居に侵入していた現実世界の実行犯が寝ているプレイヤーにサクシニルコリンを注射して心臓麻痺に至らしめる」というものである。

「死銃」(デス・ガン)は、複数犯であり、現実世界の実行担当者が、救急目的の電子錠解除用マスターキーを使って、予めプレイヤーの住居に侵入していた。

引用元: amazon.co.jp

『ソードアート・オンラインⅡ』の作中世界では住宅の鍵の多くが電子錠に置き換わっている。父が大病院の院長であった昌一と恭二は救急目的の電子錠解除用マスターキーをくすねて使用していた。

現実世界の実行犯である死銃(デス・ガン)は、サクシニルコリンを注射して心臓麻痺に至らしめる。無針注射器を使っていたことで注射痕も見つからなかった。

引用元: amazon.co.jp

死銃達に共通して言えることは、皆現実世界に希望を見いだせず、仮想世界に異常にのめりこんでしまっていたということである。そして現実がますます希薄になり、さらに仮想世界に依存するという悪循環に陥ってしまっていた。

新川昌一・恭二兄弟は、互いに兄弟以外誰一人、心を開ける相手が居ない中、晶一はデスゲームと化したSAOで殺人ギルドと出会ってしまい、恭二は唯一心を許せる兄、SAO事件を通して殺人衝動に捕らわれた兄の影響を受けてしまったことによる、悲惨かつ狭い人間関係、殺人衝動に苛まれる彼らを止めてくれる者が周囲には誰もいなかったことが更に悲劇を生んだ。

OVA『魔界転生』 全4巻の予定が、2巻で打ち切り。

OVA『魔界転生』 1998年に起きた通り魔事件の煽りを受けて2巻まで発売したものの打ち切りとなった。エログロ、残虐描写が多くアニメ史に残る屈指のグロアニメといえる。

引用元: twitter.com

『魔界転生』(まかいてんしょう)は、山田風太郎の伝奇小説、またそれを原作とした日本映画・演劇・オリジナルビデオ・アニメ・漫画・ゲーム。作中に登場する秘術の名でもある。

1998年、OVAとしてアニメ化。「地獄篇 第一歌」「地獄篇 第二歌」の2作が発売されている。当初は全4巻の予定だったが、製作取り止めとなったため、未完となっている。もともとは全6巻予定だったが、大人の事情で全4巻の予定と圧縮され、1997年の神戸連続児童殺傷事件や1998年に起きた通り魔事件の煽りを受けて2巻まで発売したものの打ち切りとなった。

エログロ、残虐描写が多くアニメ史に残る屈指のグロアニメといえる。打ち切りになったのは致し方ない。

OVA『魔界転生』の「地獄篇 第二歌」の終盤の見所である秘術「魔界転生」のシーン。

引用元: youtube.com

忍法“魔界転生”は、森宗意軒が西洋の黒魔術と日本の忍法を混合させ編み出した秘術。宗意軒自身の手の指1本ずつを子宮に宿させた生贄の女性(忍体と呼ばれる)を素体に、死の淵に瀕した武芸者を新たな肉体を持った魔人として再誕させる秘術。

生贄の女性の体(子宮・腹部)を突き破って、天草四郎時貞が姿を露出していく。非常に残虐なグロシーンとなっている。

引用元: youtube.com

天草四郎時貞は、新たな肉体を持った魔人として生まれ変わった。生贄の女性の体は原形をとどめていないバラバラになっている。

引用元: youtube.com

OVA『魔界転生』の「地獄篇 第二歌」のラストシーンでは、天草四郎時貞をはじめとした4人の魔界衆が大虐殺を繰り広げて幕を閉じる。

引用元: youtube.com

『機動戦士ガンダムF91』の「バグ」はトラウマ兵器。

劇場アニメ『機動戦士ガンダムF91』 一般人を生々しく執拗に惨殺し続ける自律型の無人兵器「バグ」は、視聴者にトラウマを植えつけた。

引用元: twitter.com

『機動戦士ガンダムF91』(きどうせんしガンダム フォーミュラ ナインティワン )は、1991年3月に劇場公開されたガンダムシリーズのアニメ映画。時代設定は一年戦争から40年以上、第二次ネオ・ジオン抗争からは約30年経った宇宙世紀0123年が舞台である。それまでのシリーズに登場した人物は登場しない。

ガンダムF91のバグは、『機動戦士ガンダムF91』に登場した自律型の無人兵器。ガンダムの宇宙世紀シリーズでは代々、コロニー落とし、毒ガスなどの形で不特定多数の一般人を無差別に殺害する粛清が描写され続けてきたが、『F91』のバグによる殺戮描写は、それまでの不特定多数を一瞬で消し炭にしてしまうようなものではなく、走行中のバスを丸ごと横一線したり、家の中にまで入り込んだ挙句隠れて怯える父親と子供をビームで焼き払うなど、惨殺と呼んでも差し支えないような登場により、「より生々しく分かり易い粛清」として視聴者に記憶されることとなる。

バグは、人間の体温や、呼吸による二酸化炭素に感知し発見した人間を攻撃する。コスモ・バビロニア建国戦争時に、フロンティアサイドの住民に対して使用された。劇中では戦艦ザムス・ガルに秘密裏に搭載されていた。

コロニーに侵入した「親バグ」は巨大なチェーンソーを回転させながら飛行する円盤で、車両などを攻撃。これが射出する小型円盤「子バグ」は自爆用の爆薬と小型レーザーを装備して建物に侵入、攻撃する。

自律型の無人兵器の小型円盤「子バグ」は、家の中にまで入り込んだ挙句隠れて怯える父親と子供をビームで焼き払う。

引用元: twitter.com

一般人を生々しく惨殺し続けるバグは、視聴者にトラウマを植えつけた。

引用元: twitter.com

小型円盤「子バグ」がしつこく襲い掛かってくる。パニック映画的な恐ろしさ。

引用元: aonow.blog.fc2.com

『ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)』

『ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)』 クローン人間・マモーとの壮大な戦い。人間離れした不気味な姿にトラウマを植えつけられた。

引用元: twitter.com

『ルパン三世 ルパンVS複製人間』(ルパンさんせい ルパンたいクローン)は、1978年12月16日に公開されたモンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』の劇場映画第1作。

本来の作品タイトルは『ルパン三世』であるが、ビデオソフト化の際に以後の劇場作品と区別するため、パッケージタイトルとして『ルパンVS複製人間』という副題が付いた。

マモーが燃えながら不二子に詰め寄るシーン

引用元: bibi-star.jp

マモーは1万年もの間、「神の実験」と称してクローン技術を駆使し自身のクローンを作り続けてきた複製人間だった。

燃え尽きようとしているマモーのオリジナルのコピー(クローン)。マモーの存在がオドロオドロしく、気持ちが悪い描写が多い。人間離れした不気味な姿に視聴者はトラウマを植えつけられた。

引用元: amemura.fwdsclub.net

ルパンが「瓶詰めの赤ん坊」を目撃する。マモーは、複製人間(クローン)であった。

引用元: twitter.com

マモーと不二子を探し求めて、途中で生成中のクローンたちの試験管ベビーをルパンが目撃するシーン。テレビ放送版はカットされているシーン。

引用元: middle-edge.jp

マモーのクローンとなる大量の胎児のアップ。この「標本の胎児」は、テレビ放送版はカットされているシーン。マモーは「複製人間」(クローン体)なので、死んだはずのマモーが、ルパンの前に再度現れた。

引用元: middle-edge.jp

クローン体を操るマモーのオリジナル(本体)は、巨大な脳であった。

引用元: bbink.blog.jp

マモーの正体を知ったルパンは「神どころか薄汚ねえ化け物」と酷評し、その最期に対しては、「マモー、感謝しな。やっと死ねたんだ」と皮肉を言った。

マモーの巨大な脳はルパンが仕掛けた時限爆弾でロケットごと爆破された。

【動画】『ルパン三世 ルパンvs複製人間(クローン)』MX4D®版 予告編

ムスカの最期(天空の城ラピュタ)

スタジオジブリの映画『天空の城ラピュタ』 悪役「ムスカ」の最期。

引用元: togetter.com

ムスカとは、スタジオジブリの映画『天空の城ラピュタ』に登場する悪役。

玉座の間へ逃げたシータに追いつき、拳銃でシータの(両三つ編みの)髪を撃ち飛ばし飛行石を戻すよう脅迫する。そのすぐ後に姿を現したパズーと再会した彼女に、「3分間待ってやる」と言い、猶予を与える (英語版では1分間。猶予を与えたのは拳銃に銃弾を再装填するためでもあった)。直後、シータとパズーの滅びの言葉によってペンダントヘッドが発した強烈な光を受けて視力を失い、「目が、目が〜!」と悲鳴を上げながら、崩壊するラピュタと共に遥か高空から下の海へと落ちていった。

ムスカ「3分間待ってやる。」

引用元: togetter.com

シータとパズーが唱えた呪文「バルス」によって飛行石から強い光が放たれたシーン。

引用元: togetter.com

ムスカ大佐の名セリフ「目が、目が~!」

引用元: studiototoro.com

ムスカは、崩壊するラピュタと共に遥か高空から下の海へと落ちていった。

引用元: bibi-star.jp

崩れ去る天空の城ラピュタ。実は城壁が落ちていくシーンの中に、ムスカ大佐の最後の姿が描かれています。

天空の城ラピュタの城壁が落ちていくシーンの中に、ムスカ大佐の最後の姿が描かれている。

引用元: ghibli.fandom.com

山城上総(トータル・イクリプス)

『トータル・イクリプス』第2話 山城上総(やましろかずさ)は、戦車級によって生きたまま食い殺され、戦死となった。残虐シーンはテレビ放送では真っ黒に塗りつぶされている。

引用元: twitter.com

『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』(Muv-Luv Alternative Total Eclipse)は、アダルトゲームメーカー「âge(アージュ)」から発売された、PC用ビジュアルノベル『マブラヴ オルタネイティヴ』のスピンオフ企画として、テックジャイアンで連載される小説。およびそれを元にした漫画化作品やフィギュアなどのメディアミックス展開の事を指す。通称は、「トータル・イクリプス」「TE」。

2012年7月から同年12月までテレビアニメが放送され、2013年5月には家庭用テレビゲームが発売された。

山城上総(やましろかずさ)は、アニメ版『トータル・イクリプス』のオリジナルキャラ。唯依と同じく、京都衛士訓練学校に通う訓練生で、外様武家でありながら数多くの衛士を輩出している山城家の娘。

搭乗機は瑞鶴(白)で支援突撃砲を装備。階級は少尉。嵐山第3小隊小隊長。

能登機の墜落に巻き込まれて自身も墜落、BETAの戦車級に取り囲まれる。更には墜落の際に手足を骨折し自決もままならないため、唯依に介錯(状況的には射殺)を頼むが、学友を手にかけることに唯依が躊躇した為に、戦車級によって生きたまま食い殺され、戦死となった。

山城上総(やましろかずさ)は、BETAの戦車級によって生きたまま食い殺されていく・・・。

引用元: twitter.com

テレビ放送では真っ黒に塗りつぶされている残虐シーンの解禁画像:山城上総は、BETAの戦車級に下半身を食いちぎられた。(BD版「トータル・イクリプス」より)

引用元: amazon.co.jp
シリーズの特徴である残虐シーンも盛り込まれているが、テレビ放送では真っ黒に塗りつぶされている。これらはセルビデオ版で解禁されており、BETAに食い引きちぎられる登場人物等が明確に描かれているが、それでも残虐すぎる一部のシーンは真っ黒に塗りつぶされている。

引用元:ja.wikipedia.org

BETAの戦車級に体を引き裂かれるシーンを直接的な描写ではなく影絵的に表現。(BD版「トータル・イクリプス」より)

引用元: amazon.co.jp

テレビ放送では真っ黒に塗りつぶされている残虐シーンの解禁画像:最期には山城上総は首だけになってしまった。(BD版「トータル・イクリプス」より)

引用元: amazon.co.jp

『アカメが斬る!』

『アカメが斬る!』第17話「呪縛を斬る」 クロメが操る骸人形のナタラとドーヤによって殺され、さらし首にされたチェルシー。

引用元: amazon.co.jp

『アカメが斬る!』は、原作:タカヒロ、作画:田代哲也による日本の漫画作品。『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)で2010年4月号から2017年1月号まで連載。

帝国の圧政によって苦しむ村の少年剣士・タツミは、旅の途中で殺し屋集団「ナイトレイド」の一員である赤目の少女・アカメと出会う。そして仲間達と共に、腐敗した帝国に立ち向かう。中世的なSF要素を織り交ぜたダークアクションファンタジー。

クロメが操る骸人形のドーヤは、チェルシーの左手四本諸共ガイアファンデーションを銃撃で吹き飛ばした。

引用元: amazon.co.jp

チェルシーは、『アカメが斬る!』に登場するキャラクター。アカメと同等の仕事量をこなしてきた手練れ。直接的な戦闘こそ不得手としているものの、ガイアファンデーションの性質を生かして確実に標的に接近し、これを仕留める暗殺の達人である。

『アカメが斬る!』第17話「呪縛を斬る」では、ボルスに変身しクロメの始末も試みるが、仕留めきれず返り討ちに遭い、最期はナタラに首を切られて死亡。首はロマリーの街広場にて晒され、身体はナイトレイドの情報収集のためエスデスに解剖された後、シェーレ同様コロの餌にされた。

アカメの妹のクロメは骸人形のナタラとドーヤを操って、チェルシーを始末した。クロメの身体は薬物投与によって強化されており、首の急所を抉られても死なないため、チェルシーは仕留めそこなった。

引用元: amazon.co.jp

クロメの骸人形は、『アカメが斬る!』の登場人物の一人、クロメが操る死体人形達。クロメは、死者行軍・八房で仕留めた相手を骸人形として操って戦わせることが出来る。骸人形は生前の能力のまま、最大八体まで操ることが可能。クロメは、姉であるアカメもコレクションに加えたい模様。

クロメの骸人形のナタラとドーヤが、チェルシーを追跡し、連携して殺害した。

引用元: amazon.co.jp

チェルシーは、アカメの妹のクロメが操る骸人形のナタラとドーヤに敗れる。クロメの骸人形のナタラに右腕を斬られた。

引用元: amazon.co.jp

チェルシーは、最後にクロメが操る骸人形のナタラに首を切られて死亡。

引用元: amazon.co.jp

クロメの骸人形のナタラは、クロメ命令で暗殺に失敗し逃げたチェルシーをドーヤと共に追跡し、ドーヤとの連携でチェルシーを追い詰めて殺害に成功する。

チェルシー「ああ、そっか。報いを受けるのは私のほうだったか…戻って褒められたかったなあ。どう、タツミ、私すごいでしょ、って…。それで…」

タツミは街の広場にさらし首にされたチェルシーを見つけた…。

引用元: amazon.co.jp

関連するまとめ「アニメのトラウマ回《衝撃的なキャラの死亡シーン編》」シリーズ・「鬱アニメ」

アニメのトラウマ回《衝撃的なキャラの死亡シーン編①》9作品 | altoria[オルトリア]

https://altoria.jp/12434/

アニメ史に残る伝説のトラウマ回・鬱回の中でも衝撃的なキャラの死亡シーンに焦点を当てた特集のまとめ第一弾。『未来日記』『CHAOS;CHILD』『ふしぎの海のナディア』「サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER」ほか。

このウェブサイトへ行く

アニメのトラウマ回《衝撃的なキャラの死亡シーン編②》9作品 | altoria[オルトリア]

https://altoria.jp/12659/

アニメ史に残る伝説のトラウマ回・鬱回の中でも衝撃的なキャラの死亡シーンに焦点を当てた特集のまとめ第二弾。『ef – a tale of melodies.』『ソードアート・オンラインⅡ』『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』『地獄少女』『エルフェンリート』ほか。

このウェブサイトへ行く

アニメのトラウマ回《衝撃的なキャラの死亡シーン編⑩》9作品 | altoria[オルトリア]

https://altoria.jp/16229/

アニメ史に残る伝説のトラウマ回・鬱回の中でも衝撃的なキャラの死亡シーンに焦点を当てた特集のまとめ第10弾。『グリザイアの果実』、『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』、『機動戦士Zガンダム』、『この世界の片隅に』、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』、『なるたる』、『メイドインアビス』など。

このウェブサイトへ行く

アニメのトラウマ回《衝撃的なキャラの死亡シーン編⑪》9作品 | altoria[オルトリア]

https://altoria.jp/16422/

アニメ史に残る伝説のトラウマ回・鬱回の中でも衝撃的なキャラの死亡シーンに焦点を当てた特集のまとめ第11弾。『NARUTO‐ナルト‐』、『シグルイ』、『獣の奏者 エリン』、『もののけ姫』、『ひぐらしのなく頃に』、『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』など。

このウェブサイトへ行く

アニメのトラウマ回《衝撃的なキャラの死亡シーン編⑫》9作品 | altoria[オルトリア]

https://altoria.jp/16424/

アニメ史に残る伝説のトラウマ回・鬱回の中でも衝撃的なキャラの死亡シーンに焦点を当てた特集のまとめ第12弾。『3丁目のタマ うちのタマ知りませんか?』、『機動戦士ガンダムSEED』、『ゴブリンスレイヤー』、『勇者警察ジェイデッカー』、『空の境界』、『太陽の牙ダグラム』など。

このウェブサイトへ行く

アニメのトラウマ回《衝撃的なキャラの死亡シーン編⑬》9作品 | altoria[オルトリア]

https://altoria.jp/16963/

アニメ史に残る伝説のトラウマ回・鬱回の中でも衝撃的なキャラの死亡シーンに焦点を当てた特集のまとめ第13弾。『アークザラッド』、『宇宙の騎士テッカマンブレード』、『DEVILMAN crybaby』、『タイムボカンシリーズ 逆転イッパツマン』、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』など。

このウェブサイトへ行く

トラウマ級の「鬱アニメ」24選!悲壮な話や鬱成分に飢えているあなたにおすすめ! | altoria[オルトリア]

https://altoria.jp/197/

絶望気分や鬱成分に飢えているあなたにおすすめの「鬱アニメ」の24選です。名作の鬱アニメは泣ける作品も多いのが特徴です。とくに『火垂るの墓』『ぼくらの』『School Days』『エルフェンリート』は別格の4強とも呼べるトラウマ級の鬱アニメですね。ネタバレやグロ要素も含んでいる作品紹介があるので閲覧注意で。

このウェブサイトへ行く

衝撃のラスト!救いのないバッドエンドのアニメ 18選 | altoria[オルトリア]

https://altoria.jp/2455/

あまりにも救いがない欝すぎるバッドエンド、あまりにも衝撃的な展開の流れによるバッドエンドの傑作アニメをまとめています。ネタバレ、グロ成分、トラウマ要素多目なので、閲覧は自己責任でお願い致します。

このウェブサイトへ行く



関連まとめ

カテゴリ一覧