アニメ「ガールズ&パンツァー」に登場するライバル校の戦車道チーム(主要キャラ)と保有車両

更新日: 2019年02月18日
ruler777さん
のまとめ
  • 246 view

アニメ『ガールズ&パンツァー』(GIRLS und PANZER)に登場するライバル校である「聖グロリアーナ女学院」「黒森峰女学園」「サンダース大学付属高校」「プラウダ高校」「アンツィオ高校」「知波単学園」「継続高校」「大学選抜チーム」「BC自由学園」の戦車道チーム(主要キャラ)と保有車両のまとめです。

聖グロリアーナ女学院の戦車道チーム(生徒)と保有車両

聖グロリアーナ女学院

引用元: twitter.com

聖グロリアーナ女学院とは、アニメ『ガールズ&パンツァー』(GIRLS und PANZER)に登場する架空の学校である。英国海軍空母アークロイヤルに類似した学園艦に所在し、英国風の校風を持つ名門校。戦車道では全国屈指の強豪校でもあり、全国大会準優勝の実績がある。
イギリスの影響を強く受けた校風の一環として、紅茶に対する並々ならぬこだわりがあり、好敵手と認めた相手にティーセットを贈る習慣がある。
戦車の搭乗者達は乗車中でも紅茶を嗜み、「一滴の紅茶もこぼさない」と豪語する……のだが、戦車の運転そのものは荒っぽい者も多い。

得意とするのは、重装甲の戦車を活かした浸透強襲戦術。敵の攻撃を正面から受け止めつつ、じわじわと侵攻していくスタイルを取る。

ダージリン(CV:喜多村英梨) 聖グロリアーナ女学院の隊長。アッサムやオレンジペコと共にチャーチル歩兵戦車Mk.VIIに搭乗している。

引用元: girls-und-panzer.fandom.com

ダージリン(CV:喜多村英梨)は、アニメ『ガールズ&パンツァー』の登場キャラクター。聖グロリアーナ女学院の隊長。アッサムやオレンジペコと共にチャーチル歩兵戦車Mk.VIIに搭乗している。格言やことわざを大いに好み、会話の中で場面に合わせてそれらを引用してみせる。

引用元: blogs.yahoo.co.jp

引用元: kentarojp.blog15.fc2.com

オレンジペコ(CV:石原舞) 常にダージリンの傍に付き添っている。チャーチル歩兵戦車Mk.VIIの装填手を務める。

引用元: hivicon.com

オレンジペコ(CV:石原舞)は、アニメ『ガールズ&パンツァー』の登場キャラクター。聖グロリアーナ女学院チームの1年生。装填手を務める。おっとりとした印象とは裏腹に、装填手としての力量は高く、資料によっては「驚異的な装填速度」と表現されることも。

常にダージリンの傍に付き添っている。周囲から認められた優秀な隊員にのみ与えられる、紅茶由来のソウルネームを一年生にして名乗っていることからも、彼女からの信頼がうかがえる。

全国大会では、大洗女子学園の試合をダージリンと共に紅茶を飲みながら観戦している。その際、試合の解説も行っている。決勝戦では、試合前にダージリンと共に西住みほを激励しに赴く。

オレンジペコは、大洗女子学園の試合をダージリンと共に紅茶を飲みながら観戦している。

引用元: matome.naver.jp

オレンジペコは、OVA「エンカイ・ウォー」では、各学校の隊長が大洗チームに祝電を贈る中、なぜかダージリンの代理で祝電を贈っていた。祝電に「夫婦とは、お互いに見つめ合う存在でなく、ひとつの星を二人で眺めるものである。」(ドイツの作家ヘルマン・ヘッセの名言)というなぜか結婚式で使う言葉を贈った。

オレンジペコは、無意識に大洗女子チームを応援している

引用元: blog.livedoor.jp

オレンジペコは、観戦中、逸見エリカが搭乗するVI号戦車ティーガーⅡの転輪が外れた時に小さくガッツポーズしたり、川でエンストしたウサギさんチームを助けに向かうみほを見て必死に祈ったり等、無意識に大洗女子チームを応援していることをダージリンに指摘されて顔を赤くする。

アッサム(CV:明坂聡美) チャーチル歩兵戦車Mk.VIIに搭乗し、砲手を担当している。

引用元: rikukaikuu.com

アッサム(CV:明坂聡美)は、アニメ『ガールズ&パンツァー』の登場キャラクター。聖グロリアーナ女学院3年生。ブロンドのロングヘアと大きな黒いリボンが特徴。ダージリンやオレンジペコと同じチャーチル歩兵戦車Mk.VIIに搭乗し、砲手を担当している。

大洗女子学園の秋山優花里同様、潜入調査、情報収集活動を得意としている。

ダージリンから「データ主義」と称されるほど情報面を重視しており、戦車道の試合では車内に持ち込んだパソコンに敵味方の残存車両や総合火力等を入力して自軍の有利不利や勝率を計算するなどダージリンの参謀的なポジションを担っている。

アッサムは、チャーチル歩兵戦車Mk.VIIに搭乗し、砲手を担当している。

引用元: twitter.com

ルクリリ(CV:倉田雅世) マチルダII歩兵戦車の車長。『ガールズ&パンツァー 劇場版』で名前が判明。

引用元: blog.goo.ne.jp

ルクリリは、『ガールズ&パンツァー』の登場キャラクター。聖グロリアーナ女学院の女生徒。 マチルダII歩兵戦車の車長としてテレビシリーズから登場し、『ガールズ&パンツァー 劇場版』では名前がルクリリと公表されるに至りました。

ルクリリ「馬鹿め!二度も騙されるか!!」

強気な性格をしているようで、お嬢様学校である聖グロリアーナの生徒にしては少々品の無い言葉使いが目立つ。

ルクリリは、マチルダII歩兵戦車の車長としてテレビシリーズから登場して人気キャラに。

引用元: blog.goo.ne.jp

ローズヒップ(CV:高森奈津美) クルセイダー巡航戦車隊の隊長。ローズヒップ「リミッタ外しちゃいますわよ!」。

引用元: rikukaikuu.com

ローズヒップ(CV:高森奈津美)は、『ガールズ&パンツァー 劇場版』の登場キャラクター。聖グロリアーナ女学院の女子生徒。 気品と優雅さに溢れる聖グロの中では珍しく常にハイテンションで落ち着きがなく、猪突猛進な性格をしている。何事に対してもスピード狂な面があり、「聖グロ一の俊足」を自称している。

「マジですの!?」「やっつけますのよー!」「いざ尋常に勝負!」など聖グロの生徒らしからぬ言葉選びが目立つ。

搭乗戦車はクルセイダーMk.III。意外なことにオレンジペコと同じく一年生にして紅茶のニックネームを与えられ、更に聖グロリアーナ三大戦車派閥のひとつである、クルセイダー巡航戦車隊の隊長という重要ポストを任されるほどの実力者なのである。

ローズヒップ「リミッタ外しちゃいますわよ!」

他のクルセイダーの搭乗員とチャーフィーの搭乗員らと共に紅茶を飲んでいる

引用元: anime-graffiti.com

ローズヒップは、大学選抜チーム戦の終盤、チャーフィーと堀を挟んで一騎打ちの砲撃戦を繰り広げる。最後はリミッターを外してスピードを上げまくり、堀を飛び越えてすれ違いざまに砲撃し、見事撃破する。だが、勢い余ってそのまま壁に激突し、自身も走行不能となった。

その後、他のクルセイダーの搭乗員とチャーフィーの搭乗員らと共に紅茶を飲んでいた。ここでも周囲の面々が優雅に立っていたのに対し、1人だけ地面に座り込んで足を広げるというお行儀の悪さを晒していた。

聖グロリアーナ女学院の保有車両

聖グロリアーナ女学院の保有車両 「チャーチル歩兵戦車Mk.VII」「マチルダII歩兵戦車Mk.III/IV」「クルセイダーMk.III」

引用元: blog.goo.ne.jp

聖グロリアーナ女学院の保有車両

チャーチル歩兵戦車Mk.VII
マチルダII歩兵戦車Mk.III/IV
クルセイダーMk.III

常時稼動状態にあるのは上3種のみ。

クロムウェル巡航戦車
Mk.VIIテトラーク軽戦車
Mk.VIIIハリー・ホプキンス軽戦車

聖グロリアーナ女学院 チャーチル歩兵戦車 Mk.7 (ガールズ&パンツァー) (プラモデル) ファインモールド ガールズ&パンツァー No.41109 スケール:1/35

引用元: ms-plus.com

『ガールズ&パンツァー 劇場版』にて、カモさんチームの「B1bis」は、聖グロリアーナ女学院の巡航戦車「クルセイダーMk.III」を体当たりで吹っ飛ばす。

引用元: game.watch.impress.co.jp

黒森峰女学園(くろもりみねじょがくえん)

黒森峰女学園(くろもりみねじょがくえん) テレビアニメ「ガールズ&パンツァー」ではラスボスに相当するライバル校。

引用元: rikukaikuu.com

黒森峰女学園(くろもりみねじょがくえん)は、アニメ「ガールズ&パンツァー」に登場する大洗女子学園のライバル校及び学校が所在する学園艦。
戦車道の名門として有名で、名実ともに高校戦車道の頂点に君臨していると言っても過言ではない強豪校。戦車道全国高校生大会では第53回大会から第60回大会まで8年連続で優勝し、西住流戦車道の後継者と目されている西住まほを擁した第61回大会でも優勝したことで、大会9連覇の偉業を達成した。

ドイツ軍の強力な戦車を多数保有しており、整然とした隊列を組んでの電撃戦を得意としている。西住流の影響もあり、いかなる相手も真正面から迎え撃ち、圧倒的な火力を以て捻じ伏せるその戦いぶりは、正に「王者」と呼ぶに相応しい。

西住まほ(CV:田中理恵) 黒森峰女学園の隊長。西住みほの姉。西住流戦車道の後継者。実際は妹思いであり、本質的には温厚な人物。

引用元: youtube.com

西住まほ(CV:田中理恵)は、アニメ「ガールズ&パンツァー」の登場人物。 黒森峰女学園の隊長。西住みほの姉。

西住流戦車道の後継者として頭角を現しており、1年前の第62回戦車道全国高校生大会では、チームは準優勝ながらもMVPに選ばれ、国際強化選手としてメディアに取り上げられるほどの実力者。

強豪校のリーダーにして名家の跡取りということもあり、性格は生真面目かつ厳格で冷静沈着。実妹のみほに対しても、当初は戦車道と西住流から逃げ出したとして表向きは冷徹な態度を取っていた。しかし、実際は妹思いであり、本質的には温厚な人物。

テレビアニメ「ガールズ&パンツァー」最終回での一騎打ち

引用元: matome.naver.jp

大洗がプラウダに勝利すると、西住しほが「敵が油断していただけ」と評したのに対し、西住まほは「臨機応変に対応できたみほと、心合わせて戦ったチームの勝利」と分析し、「実力がある」と評した(しほには「あんなものは邪道」と一蹴されてしまうが)。一方、しほに向かって西住流の名に懸けて大洗女子学園を必ず叩き潰すことを宣言する。

決勝での大洗女子学園との試合では、VI号戦車ティーガーIに搭乗し、自らがフラッグ車を担当する。

逸見エリカ(CV:生天目仁美)「待っててください隊長!」 VI号戦車ティーガーⅡに搭乗。

引用元: rikukaikuu.com

逸見エリカ(CV:生天目仁美)は、アニメ「ガールズ&パンツァー」の登場キャラクター。黒森峰女学園チームの副隊長を務めている女子生徒。隊長は西住みほの姉である西住まほ。スピンオフコミック『フェイズエリカ』では主人公を務めている。VI号戦車ティーガーⅡに搭乗。

強豪校の副隊長ということもあってか、非常にプライドの高い人物。その上やや嫌味な言動が目立っており、大洗女子学園を弱小チームとして完全に見下していた。

引用元: tama-yura.jp

赤星小梅(CV:仙台エリ)

引用元: rikukaikuu.com

赤星小梅(CV:仙台エリ)は、アニメ「ガールズ&パンツァー」の登場人物である。西住みほが黒森峰女学園にいた頃、前年の全国大会決勝戦でプラウダ高校からの砲撃により川に落下したIII号戦車J型に搭乗していた女生徒。

本編第10話にて登場し、昨年の決勝戦で西住みほが自分達を助けるために自身が指揮するフラッグ車を離れたことで優勝を逃してしまい、そのせいで西住みほが学園を去ってしまったことにずっと負い目を感じていた。試合開始前に西住みほの元へ駆け寄って去年のことを謝罪し、西住みほがまだ戦車道を続けていてくれたことに喜んでいた。

黒森峰女学園の保有車両

引用元: kokusaig.co.jp

黒森峰女学園の保有車両

III号戦車J型
IV号/70(V)ラング
パンターG型
ヤークトパンター
VI号戦車ティーガーI
VI号戦車ティーガーⅡ
ヤークトティーガー
エレファント
超重戦車マウス

IV号は走れなくなったのでティーガーに牽引されている。

引用元: anime-graffiti.com

超重戦車マウス

引用元: spi3oy4.hatenablog.com

VI号戦車ティーガーⅡの転輪が外れた

引用元: renote.jp

逸見エリカは、山頂から逃走する大洗チームを単独で追撃する際、自身の戦車の足回りが弱いため転輪が外れるトラブルに見舞われて追撃を断念する。余程悔しかったのか、修理の時に癇癪を起している姿が確認できる。

サンダース大学付属高校

サンダース大学付属高校

引用元: rikukaikuu.com

サンダース大学付属高校は、アニメ「ガールズ&パンツァー」に登場するライバル校および学校が所在する学園艦。

ニミッツ級空母に似た学園艦及び学園艦に所在する高校で、戦車の保有台数全国一を誇るお金持ちの学校として知られている強豪校。

M4シャーマンを中心とした車両は、多少の故障ならば入れ替える事で常にベストの布陣で試合に臨め、その圧倒的な戦車の物量と信頼性と故障率の低さにより投入可能な戦車数が多くなる大会後半戦に本領を発揮する事から、全国大会優勝候補の一角にあげられている。保有車両数と同じく戦車道を選択した生徒の数も全国一で、その数は総勢で500人程。チームは一軍から三軍まで編成されている。

ケイ(CV:川澄綾子) フレンドリーで明朗快活な人柄。高潔なスポーツマンシップを持ち、アンフェアな戦いを嫌う。

引用元: twitter.com

ケイ(CV:川澄綾子)は、アニメ『ガールズ&パンツァー』の登場キャラクターである。サンダース大学付属高校チームの隊長。 開放的で明るい性格。そのポジティブさでチームを一つにまとめている。 フレンドリーで明朗快活な人柄。

高潔なスポーツマンシップを持ち、アンフェアな戦いを嫌うため、アリサが通信傍受をしていた事実を知らされた際には叱責し、その後はあえて大洗女子チームと同数で対するなど、「戦争」ではない「戦車道」を体現した。

ケイ「それより!あの車両は認可されたの?」 アリサ「うちが導入しようとして問い合わせたときは協議中だったんですが」

引用元: anime-graffiti.com

ナオミ(CV:伊瀬茉莉也) 射撃能力が高い砲撃手。射撃の名手。ファイアフライに搭乗。

引用元: matome.naver.jp

ナオミ(CV:伊瀬茉莉也)は、アニメ「ガールズ&パンツァー」の登場キャラクター。サンダース大学付属高校チームの副隊長でNo.2の実力者。射撃能力が高い砲撃手であり、大洗戦ではファイアフライに搭乗し、その射撃の腕でウサギさんチームを撃破する。

アリサ(CV:平野綾) M4A1シャーマンに搭乗。サンダース大学付属高校の副隊長。

引用元: girls-und-panzer.fandom.com

アリサ(CV:平野綾)は、アニメ「ガールズ&パンツァー」の登場キャラクター。サンダース大学付属高校の副隊長でNo.3の実力者。策士としてチーム支えており、作戦の立案や指示をしている。また、隊長のケイが陣頭指揮を執っているため、彼女がフラッグ車の担当もしている。

県立大洗女子学園戦ではフラッグ車のM4A1シャーマンに搭乗し、独断で設置した通信傍受機を使用して大洗チームの通信を傍受していた。大学選抜チーム戦では、M4A1シャーマンに搭乗して参戦。

無線を傍受していたアリサに反省会をすることを伝えた。

引用元: rikukaikuu.com

サンダース大学付属高校の保有車両

サンダース大学付属高校の保有車両「M4シャーマン」「M4A1シャーマン」「 シャーマン・ファイアフライ」

引用元: blog.livedoor.jp

サンダース大学付属高校の保有車両

M4
M4A1
ファイアフライ
M22ローカスト
M1コンバットカー

M4シャーマン

引用元: anime-graffiti.com

ガールズ&パンツァー M4シャーマン75mm砲搭載型 限定 1/35スケール プラモデル ファインモールド(FineMolds)

引用元: amazon.co.jp

「M4A1シャーマン」

引用元: rikukaikuu.com

プラッツ ガールズ&パンツァー劇場版 シャーマン・ファイアフライ サンダース大学付属高校 特別限定版 1/35スケール プラモデル

引用元: amazon.co.jp

プラウダ高校

プラウダ高校

引用元: anime-graffiti.com

プラウダ高校とは、『ガールズ&パンツァー』に登場する架空の学校。ソビエト海軍キエフ級空母に類似した学園艦に所在。保有戦車も全てソビエト製。
学校の所在は青森県であるが、カチューシャ及びノンナの出身地は北海道網走市である。

カチューシャ(CV:金元寿子) プラウダ高校チーム隊長。身長は低いが、物言いはいつも上から目線。T-34/85に搭乗。

引用元: animekabegami.com

カチューシャ(CV:金元寿子)は、アニメ「ガールズ&パンツァー」の登場人物である。 プラウダ高校チーム隊長。通称「小さな暴君」、またの名を「地吹雪のカチューシャ」。T-34/85に搭乗。

彼女の容姿を語る上で外せないのが身長であり、127cmと女子高生とは思えないほど低い。ちなみに8歳女子の平均身長が128cmくらい。ガールズ&パンツァーの中でダントツの幼児体型キャラである。

身長は低いが、物言いはいつも上から目線であり、自分より背が高い相手に対してはノンナに肩車してもらうことで上から目線を保つ。劇場版では西住まほに威圧されて大人しくなってしまうなど、不愛想な相手は苦手としている様子。

引用元: anime-graffiti.com

ノンナ(CV:上坂すみれ) プラウダ高校の副隊長。射撃能力が高い砲撃手。射撃の名手。主にJS-2に搭乗。

引用元: tama-yura.jp

ノンナ(CV:上坂すみれ)は、『ガールズ&パンツァー』の登場キャラクター。プラウダ高校の副隊長。

クールな性格をしており、そのことから「ブリザードのノンナ」の異名を持っている。また、誰に対しても敬語を使い、他校の生徒を年下でもさん付けで呼んだり、試合中に神社の境内に入った時はわざわざ社殿に向かって一礼したりなど非常に礼儀正しい。

射撃能力が高い砲撃手として度々活躍している。射撃の名手。大洗連合チームと大学選抜チームとの試合では、最初からJS-2に搭乗して参戦。

引用元: festy.jp

ニーナ(CV:小笠原早紀) 重戦車・KV-2の搭乗員でアリーナと共に装填手をつとめる。

引用元: anime-graffiti.com

ニーナ(CV:小笠原早紀)は、アニメ「ガールズ&パンツァー」の登場キャラクター。プラウダ高校の一年生。カチューシャ隊長お気に入りの「頼れる同志」こと、重戦車・KV-2の搭乗員でアリーナと共に装填手をつとめる。

KV-2搭乗員の間ではカチューシャの事を「ちびっこ隊長」と呼んでいる。140㎝とかなり小柄で言葉遣いに東北訛りがある。

アリーナ(CV:佐藤奏美) 重戦車・KV-2の搭乗員でニーナと共に装填手をつとめる。

引用元: tama-yura.jp

アリーナ(CV:佐藤奏美)は、アニメ「ガールズ&パンツァー」の登場人物。プラウダ高校の一年生。ニーナ同様言葉遣いに東北訛りがある。重戦車・KV-2の搭乗員でニーナと共に装填手をつとめる。

アリーナ「街道上の怪物をなめんなよ!」

引用元: anime-graffiti.com

大学選抜チーム戦にて撤退している途中、最後尾のカチューシャが敵の砲撃にさらされているのを見て、これを救おうとしたクラーラが敵に突撃するが、カール自走臼砲の砲撃を受けて撃破される。それを見たニーナ達は今度は自分達が盾になってカチューシャを逃がすことを決意し、「街道上の怪物(元ネタはラシェイニャイ市の街道での奮闘から)」の名のもと、その場に立ち止まって応戦する。

クラーラ(CV:ジェーニャ) ロシア人の留学生。T-34/85に搭乗し戦車長兼砲手を務める。

引用元: blog.goo.ne.jp

クラーラ(CV:ジェーニャ)は、『ガールズ&パンツァー 劇場版』の登場キャラクター。プラウダ高校の女生徒。T-34/85に搭乗し戦車長兼砲手を務める。外国人風の登場キャラクターばかりいる本作において、彼女は正真正銘の外国人(ロシア人)の留学生。普段の会話ではロシア語しか話さないためカチューシャによく怒鳴られる。ちなみに、日本語は流暢に話せる。『劇場版』から登場。

最後尾のカチューシャが敵の追撃を受けているのを見て、彼女を助けるために殿を買って出る(この時に日本語が堪能であることを明かす)。

カチューシャの制止を振り切って、追撃してくる敵に猛攻を加えるも、カール自走臼砲からの砲撃を受けて奮闘空しく撃破された。だが、クラーラのこの行動が、ニーナらの乗るKV-2とノンナの乗るIS-2が殿に続くきっかけとなり、カチューシャを無事逃がす突破口となった。

クラーラ「カチューシャ様。お先にどうぞ」
クラーラ「それではごきげんよう」
カチューシャ「何!? その流暢な日本語!」
ノンナ「クラーラは日本語が堪能なんです」
カチューシャ「先に言いなさいよ!…何する気?」
クラーラ「カチューシャ様、一緒に戦うことができて光栄でした」
クラーラ「プラウダのために」

クラーラ「カチューシャ様、一緒に戦うことができて光栄でした」

引用元: anime-graffiti.com

カチューシャ「クラーラ!」 カチューシャを逃がすために特攻したクラーラの頭上にカール自走臼砲の砲撃が直撃し大炎上する。

引用元: anime-graffiti.com

劇中、クラーラは二度撃破されているが、その二度とも大爆発に巻き込まれている。特に二度めはシャレにならない規模である。それでも試合後は無傷で登場しており、まさに戦車道の安全性を実証してみせた存在とも言える。

プラウダ高校の保有車両

KV-2

引用元: anime-graffiti.com

プラウダ高校の保有車両は全てソビエト製。

T-34/76
T-34/85
IS-2
KV-2

IS-2

引用元: anime-graffiti.com

アンツィオ高校

アンツィオ高校

引用元: anime-graffiti.com

アンツィオ高校は、TVアニメ「ガールズ&パンツァー」及びOVA「ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!」に登場するライバル校及び学校が所在する学園艦。

第63回戦車道全国高校生大会終了後の現在において、戦車道チーム隊長は三年生の安斎千代美(アンチョビ)、副隊長は二年生のカルパッチョとペパロニがそれぞれ務めている。大会では1回戦でマジノ女学院を下し、2回戦で西住みほ率いる大洗女子学園と対戦する。

イタリア風の学校だけあって美食に関しては一切妥協せず、宴会の際には豪勢な料理が振舞われる。屋台街での生徒による露店も活発で、ここでの売り上げを諸活動の経費に当てている。

アンチョビ(本名:安斎千代美)(CV:吉岡麻耶) アンツィオ高校隊長。

引用元: d.hatena.ne.jp

アンチョビ(本名:安斎千代美)(CV:吉岡麻耶)は、アニメ「ガールズ&パンツァー」の登場人物。 アンツィオ高校隊長。衰退していたアンツィオの戦車道を再建するために愛知県の学校からスカウトされ、履修者数が僅か数名しか残っていなかった状態から現在のチームを作り上げた過去を持つ作中屈指の苦労人。

大洗女子学園側からは「調子に乗られると手強い相手」と分析されていたが、あっさり(描写的に一瞬で)負けてしまった。

大学選抜チーム戦にはCV33に搭乗して単騎で駆けつける。カルパッチョとペパロニとともに無理矢理3人で搭乗していた。

引用元: anime-graffiti.com

カルパッチョ(CV:早見沙織) アンツィオ高校副隊長。セモヴェンテM41に搭乗。

引用元: blogs.yahoo.co.jp

カルパッチョ(CV:早見沙織)は、アニメ『ガールズ&パンツァー』の登場キャラクター。OVA『これが本当のアンツィオ戦です!』から登場。その性格は、ペパロニを始めとした他の多くのアンツィオ校生徒とは異なり、おっとり穏やかとしている。

アホの子っぷりが激しいペパロニと比べると、実際に副隊長としての責務を果たせていたのは彼女の方かもしれない。

大洗との試合ではセモヴェンテM41に搭乗。遭遇したⅢ号突撃砲にカエサルが乗っていることを察知すると、これに戦いを挑む。超至近距離射撃の非常に激しい一騎打ちの末、引き分けに持ち込むものの、試合結果は本編の通り。

劇場版では、アンツィオ勢はCV33を操りながら縦横無尽に駆け回り、主に偵察活動に従事していたが、カルパッチョは終始メンバーのツッコミ役であった。

引用元: anime-graffiti.com

ペパロニ(CV:大地葉) アンツィオ高校副隊長。チームのムードメーカー。アホの子っぷりを発揮。

引用元: ameblo.jp

ペパロニ(CV:大地葉)は、アニメ「ガールズ&パンツァー」の登場キャラクター。アンツィオ高校の2年生で、戦車道チームの副隊長。OVA『これが本当のアンツィオ戦です!』から登場。戦車道チームを立て直したアンチョビを「姐さん」と呼び慕い、部下たちを鼓舞するその姿から、チームのムードメーカーであるように思える。

大洗女子学園との試合では戦車を描いた偽装パネルで相手を欺く「マカロニ作戦」を実行するも、アンチョビに注意されたことを忘れて予備のパネルまで設置してしまったため、大洗側にその意図がバレる。アンチョビが「分度器作戦」を指示した時、同乗していた後輩ともども作戦内容を忘れていた。等々、壮絶なアホの子っぷりを発揮。

カール自走臼砲の600mm臼砲のデカさに驚いたアンチョビがCV33の8mm機銃の何倍か尋ねると
ペパロニ「割り算も出来ないんスか~? 7.5倍ッス!」
カルパッチョ「75倍です…」

アンツィオ高校の保有車両

アンツィオ高校の保有車両「CV33 カルロ・べローチェ」

引用元: anime-graffiti.com

CV33 カルロ・べローチェ(L3/33)CVとは「Carro Veloce(=快速戦車)」の略である。

劇場版では、大学選抜チームに数で劣っていた大洗女子学園の援軍として、CV33一両にアンチョビ・カルパッチョ・ペパロニが乗り込んで駆けつけた。CV33の小さな体躯を活かし、主にチーム全体のGPS役として奔走する。終盤の戦闘では、豆戦車ならではの活躍シーンも。やったね!

セモヴェンテM41
P26/40
M11/39

プラッツ 1/35 ガールズ&パンツァー CV33 カルロ・べローチェ アンツィオ高校 プラモデル

引用元: amazon.co.jp

引用元: anime-graffiti.com

知波単学園

知波単学園(ちはたんがくえん)

引用元: anime-graffiti.com

知波単学園(ちはたんがくえん)は、「ガールズ&パンツァー」に登場するライバル校および学校が所在する学園艦。三段甲板時代の「赤城」に似た学園艦に所在する高校。勇猛果敢な人物揃いのためチームの士気は高いのだが、同時に猪突猛進で堪え性の無い者が多く、更に知波単魂の名のもとに「突撃して潔く散る」という考え方が浸透している影響で、時には各自で勝手な判断を下して突撃に走ってしまうという悪癖がある。主力戦車は学校名の通り九七式中戦車チハ。

西絹代(CV:瀬戸麻沙美) 知波単学園の隊長。九七式中戦車チハ旧砲塔型に搭乗する。

引用元: anime-graffiti.com

西絹代(にしきぬよ)(CV:瀬戸麻沙美)は、『ガールズ&パンツァー 劇場版』にて初登場。学校名の元ネタでもある九七式中戦車チハ旧砲塔型に搭乗する。第63回全国戦車道高校生大会後に知波単学園の隊長になった。

玉田(CV:米澤円) 九七式中戦車チハ新砲塔型に搭乗。

引用元: anime-graffiti.com

玉田(CV:米澤円)は、『ガールズ&パンツァー 劇場版』の登場キャラクター。知波単学園の戦車長の一人。後ろに編み込んだおさげが特徴。九七式中戦車チハ新砲塔型に搭乗している。敢闘精神溢れる知波単チームの中でも特に血気盛んで、長く我慢出来ない気が短い性格。

福田(CV:大空直美) 九五式軽戦車に搭乗。

引用元: anime-graffiti.com

福田(CV:大空直美)は、『ガールズ&パンツァー 劇場版』の登場キャラクター。知波単学園の戦車長の一人。眼鏡を掛けたおさげ髪が特徴。九五式軽戦車に搭乗している。

『最終章』では、無限軌道杯に向けての作戦会議で律義にノートを出して参加していたが、玉田らの相変わらずの突撃一辺倒な作戦提案に西とともに困惑した様子を浮かべていた。

細見(CV:七瀬亜深) 九七式中戦車チハ旧砲塔型に搭乗。

引用元: twitter.com

細見(CV:七瀬亜深)は、『ガールズ&パンツァー 劇場版』の登場キャラクター。知波単学園の戦車長の一人。頭の上で2つに巻いた髪形が特徴。九七式中戦車チハ旧砲塔型に搭乗している。また、通信手に寺本も搭乗している。

継続高校

継続高校

引用元: anime-graffiti.com

継続高校(けいぞくこうこう)とは、『ガールズ&パンツァー 劇場版』に登場した架空の高校。『劇場版』にて継続高校の生徒であるミカ、アキ、ミッコの三人が初登場。大洗エキシビションマッチの観戦に訪れていた。 大洗女子と大学選抜チームとの試合では、他校の面々と共に助っ人として駆け付ける。

規模が小さく資金に貧しい高校ではあるが、戦車道は盛んに行われている。貧しいためか所有する戦車はフィンランドの他にソ連、ドイツ、フランスなど各国の戦車も組み込んで構成されている。しかも、試合ではパンツァージャケットはなくジャージを着用している。

継続高校のモデルはフィンランド軍で、名称はフィンランドがソ連の侵攻を阻止するために戦った「継続戦争」から取ったもの。

ミカ(CV:能登麻美子) 継続高校チームの隊長。BT-42に搭乗し、戦車長兼砲手を担う。フィンランドの民族楽器・カンテレをよく弾いている。

引用元: anime-graffiti.com

ミカ(CV:能登麻美子)は、『ガールズ&パンツァー』の登場キャラクター。継続高校チームの隊長。BT-42に搭乗し、戦車長兼砲手を担う。フィンランドの民族楽器・カンテレを携えており、よく弾いている。

常にチューリップハットをかぶり、人生訓のような哲学じみたフレーズを口にする。 しかし、ほとんどが否定的に答えるため、アキに「ひねくれてる」と言われる。

飄々とした掴みどころのない性格をしているが、戦車道をやっている理由に「人生の大切なすべてのことが詰まっている」と答えるなど、彼女なりの信念を抱いている。

ミカ「この作戦に意味があるとは思えない」

引用元: anime-graffiti.com

杏「継続ちゃん聞いてた? ちょっと手伝ってほしいんだけど」
ミカ「この作戦に意味があるとは思えない」
アキ「じゃあ従わないの?」
ミカ「しかし彼女たちの判断を信じよう」

アキ「これは人生にとって必要な戦いなの?」

引用元: anime-graffiti.com

アキ「これは人生にとって必要な戦いなの?」
ミカ「おそらくね」

アキ(CV:下地紫野) アキ「戦車道には本当に人生の大切なことが詰まってるね!」

引用元: anime-graffiti.com

アキ(CV:下地紫野)は、『ガールズ&パンツァー 劇場版』の登場キャラクター。継続高校チームの生徒。BT-42に搭乗し、装填手兼砲塔旋回手(ついでに砲手も?)を務める。ミカとよく行動しており、彼女の哲学的な言葉に興味を示している。

アキ「戦車道には本当に人生の大切なことが詰まってるね!」
ミカ「そうだろ」

ミッコ(CV:石上美帆) ミッコ「天下のクリスティー式、なめんなよ!」

引用元: anime-graffiti.com

ミッコ(CV:石上美帆)は、『ガールズ&パンツァー 劇場版』の登場キャラクター。継続高校チームの生徒。BT-42の操縦手を務める。卓越した操縦技術を持っており、試合ではその技術を駆使して強敵と戦う。

ミッコ「天下のクリスティ式、舐めんなよーっ!」

転輪で高速で走り出し、敵の度肝を抜いた。戦車とは思えない速度とドライブテクニックで敵を翻弄。パーシングを仕留めるべく正面に回り左側の転輪に砲撃を受けるが、片輪走行で走り出し、そのままパーシングに突っ込み、至近距離で砲撃を行い撃破した。

『劇場版』に登場した継続高校の保有車両

継続高校の保有車両「BT-42 突撃砲」

プラッツ ガールズ&パンツァー劇場版 BT-42 突撃砲 継続高校 1/72スケール プラモデル

引用元: amazon.co.jp

BT-42とは、第二次世界大戦中にフィンランド軍が開発した突撃砲である。別名「クリスティ突撃砲」。第二次世界大戦中に、フィンランド軍は装甲師団に新しく設立される突撃砲部隊のための車両開発に着手した。そこで敵軍であるソ連から鹵獲したBT-7快速戦車を改修し、QF4.5インチ榴弾砲を搭載して完成させたのがBT-42である。

BT-42は非常にマイナーな戦車であるため登場する作品はほとんどなかったが、『ガールズ&パンツァー劇場版』にて継続高校の戦車として華々しくデビューする。

本編未登場だがKV-1の他、ファンブック月刊戦車道の記述によればIII号突撃砲G型、IV号戦車J型、T-34(76と85両方)、T-26軽戦車、BT-5、BT-7、T-28中戦車等も保有しているとされる。『フェイズエリカ』の黒森峰との練習試合でこれらの戦車が登場している。

大学選抜チーム(『劇場版』から登場)

島田愛里寿(CV:竹達彩奈) 島田流戦車道師範・島田千代の一人娘。大学選抜チームでは本隊長を務める。搭乗車は、英国戦車・A41センチュリオン。

引用元: anime-graffiti.com

大学選抜チームとは、『ガールズ&パンツァー 劇場版』に登場する架空のチームである。選りすぐりの大学生戦車道選手で結成された戦車道選抜チーム。『劇場版』における大洗女子学園のライバル的存在。

島田愛里寿(しまだありす)(CV:竹達彩奈)は、島田流戦車道師範・島田千代の一人娘。優れた指揮統率能力を持ち、日本戦車道連盟・大学選抜チームでは本隊長を務める。搭乗車は、英国戦車・A41センチュリオン。他の搭乗員たちの練度もケタ違いに高く、高度な操縦テクニックと射撃技術も持っている。

愛里寿「どれだけボコボコになっても立ち向かってくる。決して強くないのにあきらめない」

大洗連合チームとの試合では、大隊長として3個中隊を指揮するばかりでなく単独でも戦果を挙げており、彼女の車両だけで計11輌(内1輌相討ちだったため、実質10輌)を撃破し、まさに単騎で戦局をひっくり返している。

島田愛里寿の車両だけで計11輌を撃破する。メグミとアズミと共に西住姉妹との最終決戦に臨む。

引用元: anime-graffiti.com

島田愛里寿のセンチュリオンとあんこうチームは相討ちの形になった。

引用元: anime-graffiti.com

島田愛里寿のセンチュリオンは、遊具の富士山の山頂に陣取っていた西住姉妹が突撃を敢行してくると、それを迎え撃つ構えを見せる。が、西住まほから放たれた空砲を推進力に猛スピードで突っ込んできたあんこうチームに一瞬怯み、砲撃を浴びせて右履帯を破壊するも仕留め切れず、そのまま激突したのと同時に砲撃を受けて走行不能に。あんこうチームとは相討ちの形になったものの、まほのティーガーⅠが残存していたため、大学選抜チームはここに敗北した。

バミューダ三姉妹(メグミ、アズミ、ルミの三人組) 三連携技「バミューダアタック」という必殺技を持つ。

引用元: anime-graffiti.com

バミューダ三姉妹とは、大学選抜チームの副官であるメグミ、アズミ、ルミの三人組のトリオタグ。メグミはサンダース大学付属高校、アズミはBC自由学園、ルミは継続高校の出身。グループ名にちなんだ三連携技「バミューダアタック」という必殺技を持つ。

三姉妹と付いているが、血のつながりは無い。劇場版公開からしばらく後までの資料では三姉妹と呼ばれていたが、のちに実の姉妹ではないことが公表されている。

アズミ「まさかここまで高校生がやるとは」
ルミ「こざかしいったらありゃしない」
アズミ「どうする」
メグミ「ここで隊長に泣きつくなんて」
アズミ「でも自分たちの面子ばかり言ってたら」

引用元: anime-graffiti.com

愛里寿「やってやる。やってやる。やってやるぜ♪」
愛里寿「イヤなあいつをボコボコに♪」
愛里寿「喧嘩は売るもの堂々と♪」

ルミ「隊長が歌い出した」
アズミ「ということは」
メグミ「中隊前進」

メグミ(CV:藤村歩) サンダース大学付属高校の出身。アズミ及びルミと合流して「バミューダアタック」を展開。

引用元: anime-graffiti.com

メグミ(CV:藤村歩)は、『ガールズ&パンツァー 劇場版』の登場キャラクター。大学選抜チームの副官の一人。赤みを帯びた茶色のロングヘアが特徴。副官三人の中ではリーダー格。

重装甲・重火力のT28重戦車を配備されたのは彼女の中隊だけであり、序盤には中央に位置したり、遊園地跡の戦闘では東門主攻の先鋒を任されたりと大学選抜チームの要として隊長の島田愛里寿の信頼も厚いとも言える。

ドラマCD5においてサンダース大学付属高校の出身であることが明かされるが、サンダース大学に内部進学したのかどうかは不明。

終盤では、アズミ及びルミと合流して「バミューダアタック」を展開し、サンダースのケイ、ナオミ、アリサを連携して撃破する。

バミューダアタックは、サンダースの3両を瞬殺した。

引用元: anime-graffiti.com

アズミ(CV:飯田友子) BC自由学園の出身。劇中では西住姉妹の連携攻撃に敗れる。

引用元: anime-graffiti.com

アズミ(CV:飯田友子)は、『ガールズ&パンツァー 劇場版』の登場キャラクター。大学選抜チームの副官の一人。大人っぽい雰囲気を持つナイスバディの持ち主。副官の中では意外と冷静な常識人で、ドラマCDでは難題を引き受けようとする2人を制止しようとしている。

ドラマCD5においてBC自由学園の出身であることが明かされる。『最終章』第1話にも登場し、大洗女子学園と戦う母校の試合の観戦に訪れる。その際、後輩達が大洗女子チームを罠に嵌めたのを見て、まるで作戦を知っていたかのような口振りだったため、どうやら一枚噛んでいる様子。

劇中では、西住まほを仕留めるべく追跡するが、遊具の富士山のトンネルをくぐって出口に出た途端、急停車したティーガーⅠと衝突。動きが止まったところをトンネルの上で待ち構えていたあんこうチームに砲撃されて撃破される。西住姉妹の連携攻撃に敗れる。

ルミ(CV:中原麻衣) 継続高校の出身。中央広場での決戦前に敗れる。

引用元: anime-graffiti.com

ルミ(CV:中原麻衣)は、『ガールズ&パンツァー 劇場版』の登場キャラクター。大学選抜チームの副官の一人。メグミとアズミに比べて熱くなりやすい性格。副官三人の中ではスレンダーな体格をしている。 PS4ソフト「ドリームタンクマッチ」にて継続高校が母校だと明言された。

劇中では、あんこうチームとカメさんチームを追跡して生垣の巨大迷路に進入するが、アンチョビの暗躍を背景とした両チームの連携により、パーシング2両を撃破される。だが、翻弄されながらも、激昂して我を失う事無く始終冷静な判断を下し、ついにアンチョビの存在を突き止める。

ルミ「こちらを見通しているかのような動きだ。天性の勘なのか? ならば袋小路に追い詰めるか」
ルミ「なぜだ。勘がいいってレベルじゃないぞ……あ!」
ルミ「あいつら(アンチョビの存在)が!」

レオポンさんチームがポルシェティーガーのモーターに改造を加えていた(モーターで動く車両は少ないためか、戦車道ルールにはモーター改造の規制がなかった)ことで、とんでもない猛追を受けることになり仰天する。

結局、ポルシェティーガーはエンジンが耐え切れずに自滅するも、スリップストリームで突撃して来たカチューシャのT-34/85に体当たりされ、体勢を崩した隙に逸見エリカのティーガーⅡの砲撃を受け、ついに撃破される。

このルミの脱落により、中央広場で必殺の「バミューダアタック」を使用する可能性が潰え、大学選抜チームの敗因の一つとなってしまった。

大学選抜チームの保有車両

大学選抜チームは、試合では、プロリーグで予定される30両編成の殲滅戦で挑み、車両は第二次世界大戦末期に運用していた米英軍戦車を中心に編成し、全体の八割をM26パーシングが占める(重戦車以上なら九割を占める)という黒森峰女学園以上の火力と突破力を持つ。
さらには、協議中だったが急遽使用許可が下りたカール自走臼砲も編成している(これは廃校撤回を阻止する学園艦教育局の役人の手回しによるもの)。

「英国戦車・A41センチュリオン」
「M26パーシング」×24
「M24チャーフィー軽戦車」×3
「T28重戦車」
「カール自走臼砲」

巡航戦車 A41 センチュリオン 「ガールズ&パンツァー劇場版」にて島田愛里寿の乗車として登場。

プラッツ ガールズ&パンツァー劇場版 巡航戦車 A41 センチュリオン 大学選抜チーム 1/35スケール プラモデル

引用元: amazon.co.jp

巡航戦車 A41 センチュリオンは、ガールズ&パンツァー劇場版:作中でのラスボスこと島田愛里寿の乗車として登場。終盤で大洗チームを単騎で蹴散らし、副官が駆るM26パーシングを従えて主人公西住みほが搭乗するIV号戦車、その姉西住まほのティーガーIとの決戦に臨む。

センチュリオンとは、第二次世界大戦末期から戦後にかけて英国陸軍が開発した戦車である。開発時の呼称はA41。登場当初はそれまでの戦車と比べ全体的な性能において高水準でバランスが取れた車両であり、英国戦車史においては最高の傑作とも呼べる戦車であった。

引用元: anime-graffiti.com

プラッツ ガールズ&パンツァー劇場版 巡航戦車 A41 センチュリオン 大学選抜チーム 1/35スケール プラモデル

引用元: amazon.co.jp

M26パーシング

引用元: anime-graffiti.com

プラッツ ガールズ&パンツァー劇場版 1/35 M26パーシング 大学選抜チーム プラモデル

引用元: amazon.co.jp

カール自走臼砲 カール乗員「大丈夫!木端微塵にしてやるわ!」。『ガールズ&パンツァー劇場版』で後期型(=生産型)が登場。

引用元: anime-graffiti.com

カール自走臼砲は、『ガールズ&パンツァー劇場版』で後期型(=生産型)が登場する。文科省で使用を許可するか協議中であったが、大学選抜チームが大洗女子学園と試合するにあたって学園艦教育局の役人が手を回し、大学選抜チームに使用許可を出した。その戦車ではありえない爆撃を彷彿させる規格外な砲撃の威力に大洗チームは苦しむことになる。

カール乗員「大丈夫!木端微塵にしてやるわ!」

劇中では干上がった河川の石橋が架かった中州に陣取り、M26パーシング3輌に守られながら砲撃し、その砲撃でパンターG型2輌、クラーラのT-34/85を撃破する。しかし、どんぐり小隊の継続高校のBT-42の奇襲を受けてパーシングが河底に誘い込まれ、その隙にカメさんチーム、アヒルさんチーム、アンツィオ高校が石橋を渡って攻め込まれてしまい、最後は横転していたCV33をカタパルトの要領で飛び越えてきたヘッツァーの砲撃を砲身の中に受けて撃破される。

BC自由学園(『ガールズ&パンツァー 最終章』に登場)

BC自由学園(『ガールズ&パンツァー 最終章』に登場) 中等部からそのまま進学した「エスカレーター組」と高等部から新たに入学してきた「受験組」の派閥に分かれている。

引用元: girls-und-panzer-finale.jp

BC自由学園とは、アニメ『ガールズ&パンツァー』に登場する架空の高校である。『ガールズ&パンツァー 最終章』で大洗女子学園と対戦する。

元々はBC高校と自由学園という別々の高校であり、両校の学園艦が老朽化したため新しい学園艦を建造することになった際、行政側の指摘によって強引に統合された経緯を持つ。
BC高校と自由学園はどちらもマジノ女学院がワインの原料にするためのブドウを栽培するために岡山に作った分校筋であり、現在でもマジノとは本校・分校の関係にある。

『最終章』でのBC自由学園は、中高一貫のお嬢様学校という設定になっている。 統合した当初は『リボンの武者』と同じく旧BC高校側と旧自由学園側に派閥が分かれていたが、現在では中等部からそのまま進学した「エスカレーター組」と高等部から新たに入学してきた「受験組」の派閥に分かれている(分かりやすく言えば、「エスカレーター組」が貴族で、「受験組」が平民のような関係)。

「エスカレーター組」の押田と「受験組」の安藤が人目を憚らず口喧嘩を始め、偵察で潜入した秋山優花里が撮影した映像でも作戦の方針を巡って対立し、双方入り乱れての乱闘にまで発展していた(しかも、隊長のマリーはそれを止めようとしないばかりか、知らん顔してケーキを食べているという体たらくである)。

マリー(CV:原由実) よくケーキを試合中でも食べている。フラッグ車のルノーFT-17に搭乗している。夏の大会優勝校相手に大番狂わせ寸前に追い込む大活躍を見せた。

引用元: blog.goo.ne.jp

マリー(CV:原由実)は、『ガールズ&パンツァー 最終章』の登場キャラクター。BC自由学園の女子生徒で、戦車道チームの隊長。『ガールズ&パンツァー 最終章』に登場。金髪のロングで毛先がそれぞれ縦ロールになっているのが特徴。身長150cm。 押田と同じく中等部から進学した「エスカレーター組」で、そのリーダー格。押田と違って安藤ら「受験組」との対立には無関心。

試合開始時の挨拶では「どうして私が頭を下げなきゃいけないの~?」とお辞儀するのを拒否している。大洗女子学園との試合では、フラッグ車のルノーFT-17に搭乗している。スイーツが好きで、劇中ではよくケーキを食べており(しかも種類は豊富)、試合中でも食べている。

マリー「私がケーキを食べ終わるのと、あちらの白旗が上がるのと……どっちが先かしら!」

引用元: rikukaikuu.com

大番狂わせ!マリーの智謀にはまり、大洗は予想外の絶体絶命の大ピンチに・・・

秋山「すみません。私のせいです。まんまと欺かれました!!」
みほ「全然ゆかりさんのせいじゃないよ」
マコ「しかし、このままでは、まさかの初戦敗退・・・」

押田「まんまと騙されたな」
安藤「我々を見くびるからだ」
マリー「私がケーキを食べ終わるのと、あちらの白旗が上がるのと……どっちが先かしら!」

実は、今までBC自由学園チームが見せていた仲の悪さは全て演技だった。

夏の大会優勝校である大洗女子学園を相手に大番狂わせ寸前に追い込む大活躍を見せた。

唖然とするマリー「まっ」。大洗女学園は、西住みほの打開策「因幡の白兎作戦」で絶体絶命の危機を逃れた。

引用元: news.nicovideo.jp

フラッグ車の守りを手薄にし、更にマリー達がやる気のないように振る舞うことであんこうチームら大洗の本隊を誘い込み、その間に押田の部隊と安藤の部隊が丘の後ろにある川に架かっている橋の左右に先回りし、先頭のあんこうチームが橋を渡り切ろうとしたところへ、待ち伏せしていた安藤と押田の部隊が攻撃を開始。橋の両端を砲撃して破壊し、大洗の本隊を橋の上に閉じ込めると、なおも一斉砲撃を浴びせて窮地へと追い込む。

BC自由学園の勝利は時間の問題と思われたが、ここで大洗の新戦力であるサメさんチームのMk.IVが即席の懸け橋となり、味方の全車両を橋の下の河岸に脱出させた。まだ包囲下にあったが、安藤と押田の部隊の背後から足止めを突破してきたアヒルさんチームとレオポンさんチームが接近し、逆に自分達が挟み撃ちにされそうになったため、やむなく包囲を解いて撤退した。

西住みほの逆転の秘策「因幡の白兎作戦」の炸裂。大洗女学園は、西住みほの打開策で絶体絶命の危機を逃れた。

モデルカステン「1/16 BC自由学園・マリー」 1/16という大スケールで「撤退!」のシーンを再現しました。

引用元: twitter.com

安藤(CV:津田美波) ソミュアS35に搭乗する。「受験組」のリーダー格。

引用元: animeanime.jp

安藤(CV:津田美波)は、『ガールズ&パンツァー 最終章』の登場キャラクター。BC自由学園の女子生徒。浅黒い肌と三白眼が特徴で、高等部から新たに入学した「受験組」のリーダー格。中等部から進学してきた「エスカレーター組」とは非常に仲が悪く、特に押田とは日頃から口論や喧嘩が絶えない。

大洗女子学園との試合では、ソミュアS35に搭乗する。

押田(CV:安済知佳) ARL44に搭乗する。「エスカレーター組」では隊長のマリーに次ぐ副リーダー的存在。

引用元: blog.goo.ne.jp

押田(CV:安済知佳)は、『ガールズ&パンツァー 最終章』の登場キャラクター。BC自由学園の女子生徒。金髪のセミロング風の髪型が特徴で、中等部から進学した「エスカレーター組」で、「エスカレーター組」では隊長のマリーに次ぐ副リーダー的存在。

マリーを敬愛している一方で、高等部から新たに入学してきた「受験組」の安藤達とは非常に仲が悪く、普段から諍いが絶えない。大洗女子学園との試合では、ARL44に搭乗する。

BC自由学園の保有車両

マリーの搭乗するフラッグ車「ルノーFT-17」

引用元: blog.goo.ne.jp

ルノーFT-17はマリーの搭乗するフラッグ車1輌、ソミュアS35は安藤の指揮する4輌、そして残り5輌は押田の指揮するARL44で全10輌。

安藤の指揮する「ソミュアS35」

引用元: blog.goo.ne.jp

押田の指揮する「ARL44」

引用元: rikukaikuu.com

『ガールズ&パンツァー 最終章』第2話

『ガールズ&パンツァー 最終章』第2話 特報第2弾(30秒)

BANDAI NAMCO Arts Channel『ガールズ&パンツァー 最終章』第2話 特報第2弾(30秒)

『ガールズ&パンツァー 最終章』第2話 2019年6月15日(土)劇場上映!

ガールズ&パンツァー最終章 公式サイト

http://girls-und-panzer-finale.jp/

このウェブサイトへ行く



関連まとめ

カテゴリ一覧