【鬱マンガ】読むとトラウマになる鬱度が高いマンガ 20選

更新日: 2018年12月18日
ruler777さん
のまとめ
  • 3,745 view

陰鬱・陰惨とした内容で読んだら鬱な気分になる読者の心を抉るマンガをまとめています。暗い世界観でシリアスな重苦しい展開が続く作品、あまりにも救いのない話、過酷で残酷な描写が特徴のグロくてとっても絶望的なトラウマ漫画が揃っています。

魔法少女・オブ・ジ・エンド 魔法少女による虐殺の宴。

魔法少女・オブ・ジ・エンド 魔法少女による虐殺の宴。絶望パニックホラー。

引用元: amazon.co.jp

『魔法少女・オブ・ジ・エンド』は、佐藤健太郎による日本の漫画作品。『別冊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、2012年7月号(創刊号)から2017年9月号まで連載(全16巻)。

ふつうの高校1年生、貴衣とつくねの学校に魔法少女が出現! 不思議な力で次々と同級生を殺していき……。未曾有の絶望パニックホラー開幕!

どこにでもいる普通の高校生・児上貴衣は、いつものように登校し昨日と同じ日常を過ごすはずだった。しかし、その日常は一瞬にして血塗れの非日常へと変わった。
撲殺・爆殺・焼殺…突如、学校に乱入してきた魔法少女による虐殺の宴。魔法少女に殺された者もまた魔法少女に変化し、新たな犠牲者を求めて生き残った人間を襲う。貴衣は幼馴染みの福本つくねをはじめとする生存者と共に学校から脱出するが、町は何人もの魔法少女が暴れまわる阿鼻叫喚の地獄と化していた。

突如、学校に乱入してきた魔法少女による虐殺の宴。理不尽と不条理がまかり通る、魔法少女による暴虐のスプラッター・パニックホラー。

引用元: mangatari.jp

多重人格探偵サイコ グロテスクな猟奇殺人事件の残酷描写。

多重人格探偵サイコ グロテスクな猟奇殺人事件の描写、死体表現などは恐ろしく過激。有害図書に指定された漫画。

引用元: amazon.co.jp

『多重人格探偵サイコ』は、原作:大塚英志、作画:田島昭宇による漫画作品。「恋人が猟奇殺人犯の被害に遭い、そのショックから多重人格者となった元刑事が、次々と起こる猟奇殺人事件の謎を追う」という設定でスタートしたショッキング・サスペンス漫画。グロテスクな猟奇殺人事件の描写、死体表現などは恐ろしく過激であり、有害図書に指定された漫画。

バラバラ殺人、カニバリズム殺人、フラワー殺人…次々と起きる猟奇殺人事件に多重人格探偵 雨宮一彦が挑む! 田島昭宇・大塚英志のコンビが現代の病理を描く問題作!!

第1話で主人公の恋人の本田千鶴子は、猟奇殺人犯の島津 寿に四肢を切断された上に箱詰めにされ小林洋介の許へ郵送されると云う残酷な仕打ちを受けた。

引用元: bukubuku.osusumemannga.com
第1話で主人公の恋人の女性が、両手両足を切断された状態で宅配便で箱詰めして届けられるという描写がある。これを見た角川書店の役員が印刷機を止め、当初1997年1月号から連載が始まる予定が2月号からになるというアクシデントで始まった。

引用元:ja.wikipedia.org

本作は衝撃的なエピソードで開幕する。それは、主人公である刑事・小林洋介の元に、“四肢を切断された恋人・千鶴子”が宅配されてくるというもの。クール便で運ばれてきた発泡スチロールの中には、変わり果てた姿の恋人。これには、小林のみならず、読者も衝撃を受けただろう。

引用元:ddnavi.com

ミスミソウ 壮絶なイジメに対する血まみれの復讐劇。

ミスミソウ 壮絶なイジメに対する血まみれの復讐劇。どこまでも絶望のマンガ。登場人物全員バッドエンドという怒涛の展開へ。鬱漫画の代表格。

引用元: amazon.co.jp

『ミスミソウ』は、押切蓮介による日本の漫画作品。ある過疎の進む地方の町で人心の闇が引き起こした惨劇を描いた作品。同級生達から陰惨なイジメを受けたあげく家族を殺害された少女が復讐を行うサイコホラー。キャッチフレーズは「精神破壊(メンチサイド)ホラー」。

閉鎖的な田舎町の中学に転校してきた少女「春花」を待っていたのは、凄惨なイジメだった。せき止められない憎しみに、少女の心は崩壊する!!

どこまでも絶望のマンガ。読んだ人はほぼ確実にトラウマを植えつけられると言われる作品。後味の悪い鬱漫画として有名。

春花がキレて最初の復讐を実行する時の表情。

引用元: neowing.co.jp

さくらの唄 終盤に想像を絶する破局(カタストロフィ)が訪れる。

さくらの唄 物語後半の文化祭初日の映画上映会事件を境に、セックス描写が増え鬱勃起系なエロ展開に。発禁になりかける。

引用元: amazon.co.jp

『さくらの唄』は、1990年から1991年にかけて「週刊ヤングマガジン」に連載された安達哲の漫画作品。全3巻。

前半部はモラトリアムをテーマに高校三年生である主人公「市ノ瀬利彦」のありふれた日常と学校生活が描かれるが、中盤に差し掛かると一転その裏でじわじわと進行していた主人公の叔父「金春久吉」による金・権力・支配・暴力・セックスが一気に氾濫し、主人公の苦悩と大人の闇の対比が秀逸なタッチで描かれている。

後半に進むにつれセックス描写が増えていったため発禁になりかけており、最終巻では成年コミック指定がされている。 連載当時はその事も一因となって打ち切りの憂き目を見るが、現在でもカルト的な人気を持つ作品である。

引用元:ja.wikipedia.org

文化祭の映画上映の場で、想像を絶する破局(カタストロフィ)が訪れる。諸悪の根源の金春久吉は、文化祭の場で、市ノ瀬利彦と三ツ輪裕子先生のハメ撮り映像を公開する。

引用元: middle-edge.jp
金春 久吉(こんぱる ひさきち)は、利彦・詠子の叔父。金春不動産の社長。悪辣な謀略家でヤクザとも繋がりを持つ地上げ屋。本作の諸悪の権化。利彦を自分の会社の後継者として息子のようにかわいがっており、まだ高校生の利彦をキャバクラや風俗に連れて行ったり、借金でがんじがらめにした三ツ輪先生を初体験の相手としてあてがったりと、ある種利彦の父親代わりとなりつつ、文化祭で利彦が苦心の末に作り上げた作品を三ツ輪先生との初体験の映像にすり替えて孤立させ、支配しようとした。

引用元:ja.wikipedia.org

キッチン行って、バター持ってきて=バター犬プレイ・・・。三ツ輪裕子の全く無防備なお尻の谷間がスクリーン一杯に映し出され、会場は、さらにパニックになる。

引用元: middle-edge.jp
三ツ輪 裕子(みつわ ゆうこ)は、利彦のクラスの担任で美術教師、二十二歳。証券会社に勤める夫がいるが久吉の罠にはまって多額の借金を背負ってしまい、彼女自身はストレスのためお腹の子を流産した。借金の形に金春不動産子飼いのヤクザたちに輪姦され、夫の説得に従い久吉の甥である利彦の初体験の相手を務めた。それからも借金返済のため月五百万円の条件で利彦との関係を続ける(この一連の事が久吉らによって映像に収められ、後に利彦を陥れる謀略に用いられた)

引用元:ja.wikipedia.org

作者曰く「先のことは全く考えずメチャクチャに描いていて出来上がった作品」

引用元:ja.wikipedia.org

天人唐草 少女漫画史上最強クラスの衝撃的なオープニング。

『天人唐草』 少女漫画史上最強クラスの衝撃的なオープニング(=バッドエンド)。毒親に人格・人生を支配されてしまった娘の悲劇。

引用元: amazon.co.jp

『天人唐草』(てんにんからくさ)は、山岸凉子による日本の漫画。主人公の岡村響子(おかむら きょうこ)は、元々は好奇心旺盛な明るい少女だったが、男尊女卑的かつ古風な思想の厳格な父の影響により徐々に自分らしさを失い、対人関係がうまく築けなくなっていく。

少女漫画史上最強クラスの衝撃的なオープニング(=バッドエンド)と評される。毒親に人格・人生を支配されてしまった娘の悲劇を描いている。

天人唐草の衝撃的なオープニング(冒頭)=終幕のバッドエンド。羽田空港に、金髪・フリルのドレス姿で「きえーーっ」と奇声を上げる「岡村響子」(おかむら きょうこ)の姿があった。

引用元: twitter.com

天人唐草は、「衝撃的なオープニング=物語の結末・バッドエンド」という倒置構成になっているので、物語は、なぜオープニングのような姿(精神が崩壊した狂人)に「岡村響子」(おかむら きょうこ)がなってしまったのかを説明する回想シーンとして展開される構成となっている。

羽田空港に、金髪・フリルのドレス姿で「きえーーっ」と奇声を上げる「岡村響子」(おかむら きょうこ)の姿があった。

毒親に人格を支配され、自我を抑圧されたまま育った岡村響子は、二つの相反した道徳規準に引き裂かれ、発狂してはじめて、自己を開放できた・・・。

引用元: middle-edge.jp
男性から女性におしつけられるダブルスタンダード(二つの相反した道徳規準)
貞淑な妻・娘であれ/淫靡な女であれ=天人天草/いぬふぐり(犬の睾丸)
二つの論理(男性論理の要求)に引き裂かれ発狂する主人公

引用元:shakaigaku.exblog.jp

『傷追い人』

『傷追い人』 波乱万丈な愛と復讐の戦い。過激なバイオレンスとエロスによって有害図書に指定された漫画。

引用元: amazon.co.jp

『傷追い人』(きずおいびと)は、小池一夫原作・池上遼一作画による漫画(劇画)。悪の巨大組織「G・P・X」に恋人と青春を奪われた元アメリカンフットボーラー・茨木圭介の、愛と復讐の戦いを描く。

主人公の茨木圭介の波乱万丈な愛と復讐の戦いを描く。過激なバイオレンスとエロスによって有害図書に指定された漫画。

悪の巨大組織「G・P・X」に拉致された茨木圭介と最愛の恋人・小宮夏子。地獄はここから始まる。

引用元: twitter.com

茨木圭介は、かって一流のアメリカンフットボール選手だったが、最愛の恋人・小宮夏子とともに、有名人を出演させる闇のポルノフィルム制作組織G・P・X(God Pornographic X-rated Film)に拉致される。

圭介と夏子は愛を貫いて出演を拒否し続けるが、彼等の策略によって夏子は自決。更なる報復で母を殺され、自らも麻薬使用の濡れ衣を着せられて投獄される。全てを失ったことによる怒りと復讐心を生きる糧とした代償として短期間で白髪となり、看守を驚愕させたほど。

服役を終えた圭介は、G・P・Xの手が唯一及んでいないブラジルの奥地にてリオ・バラキと名乗りブラジルの奥地でガリンペイロとして金の採掘を続けながら復讐のために再起をかける。

ブラッドハーレーの馬車 救いなきトラウマ漫画の筆頭。

ブラッドハーレーの馬車 陰惨、極悪非道、救いなきトラウマ漫画の筆頭。救いようのない少女達の絶望。

引用元: amazon.co.jp

『ブラッドハーレーの馬車』は、沙村広明による日本の漫画作品。ブラッドハーレー家に養女として貰われて行く少女達の過酷で残酷な運命を描く物語。陰惨、極悪非道、救いなきトラウマ漫画の筆頭。救いようのない少女達の絶望が描かれる。

資産家・ブラッドハーレー家の養女になることが、孤児院の少女たちの憧れだった。ブラッドハーレー聖公女歌劇団で華々しく活躍する…そんな期待に胸を膨らませた少女たちがたどり着いた先は、暗い暗い塀の中。恐ろしく壮絶な悪夢が始まる―――。かつてこれほど残酷な、少女の運命があっただろうか。

残虐、陰惨、極悪非道! 読まないほうが幸せだった救いなきトラウマ漫画!「トラウマ漫画」というジャンルがあるならば、『ブラッドハーレーの馬車』は間違いなくその筆頭に挙がる作品でしょう。

引用元:ddnavi.com

男の慰み物とされる不幸な孤児の少女達を描いた作品。救いようのない少女達の絶望。どの話も救いがなく胸糞悪い展開で、後味が悪い。

引用元: ebookjapan.jp
孤児の女の子ばかりを養女にする大貴族ブラッドハーレー家。その一族の養女になることは、絢爛豪華な「聖公女歌劇団」への舞台に上がれる切符だと噂され、少女達の間では憧れの的だった。が、しかし、実態は貴族が国と癒着するためにつくられた法律により、囚人たちの暴動を防ぐ慰みものとして少女達が集められ、辱められ、絶望の底で無慈悲に死んでいくというお話。

引用元:ebookjapan.jp

男の慰み物とされる不幸な孤児の少女達が、絶望の底で無慈悲に死んでいく・・・。

引用元: sup-k-shin.hatenablog.com

デビルマン 後世に多大な影響を与えた伝説のトラウマ漫画。

漫画版『デビルマン』 古典的なホラーからモダンホラーまで、様々な要素が見られる。過激・残虐な描写、強烈なストーリーで後世の作家にも大きな影響を与えた伝説のトラウマ漫画。

引用元: ebookjapan.jp

『デビルマン』は、永井豪により1972年から1973年にかけて製作された日本の漫画作品。漫画版のテーマは「ホラー」であり、古典的なホラーからモダンホラーまで、様々な要素が見られる。連載を経るごとに黙示録的な大河要素のある構成へと変遷していった。

過激・残虐な描写、強烈なストーリーで後世の作家にも大きな影響を与えた伝説のトラウマ漫画。

この強烈なストーリーは当時の読者のみならず、後世の作家にも影響を与えている。例えば『新世紀エヴァンゲリオン』での庵野秀明は『デビルマン』からの影響をインタビューで語っており、『甦るデビルマン』では大槻ケンヂらが『デビルマン』から受けた影響を語っている。

引用元:ja.wikipedia.org

飛鳥了の策略によって、恐怖心を煽られて暴徒と化した町の住人たち。漫画版のデビルマンは、バイオレンスな作風とおどろおどろしい雰囲気から根強い人気を誇っている。

引用元: chansoku.com

人間の恐怖心を煽るため、飛鳥了(あすか りょう)はテレビで、不動明(ふどう あきら)がデーモンと合体した瞬間の映像を公開して「無数の悪魔が人間になりすましているので、殺せ」と人々を扇動する。正体がばれて牧村の家を出ざるを得なくなった明は、裏切った了を問い詰めるが、了は「明とデーモンを合体させたのは、人類を守らせるためでなく、次のデーモンの時代に共に生きたかったためだ」と答え、明は了が大魔神サタンであることを悟る。

悪魔特捜隊による拷問で牧村夫妻は惨殺され、美樹も暴徒と化した町の住人たちに惨殺される。最後の希望だった恋人も奪われて人間に失望した明は、デビルマン軍団を率い、地上の覇権を賭け、サタン率いるデーモン軍団との決戦を決意する。

牧村美樹(まきむら みき)は、悪魔に恐怖した暴徒により惨殺され、五体をばらばらにされてしまう。有名なトラウマシーン。

引用元: togetter.com

不動明「これが!これが!俺が身を捨てて守ろうとした人間の正体か!外道!貴様らこそ悪魔だ!地獄へ堕ちろ人間ども!」

引用元: chansoku.com

最後の希望だった恋人も奪われて人間に失望した不動明。漫画版「デビルマン」は、極めてヘビーでハードな内容になっている。

引用元: okauni.wpblog.jp

『亜人』(あじん) アンデッドを題材にしたダークファンタジー

『亜人』(あじん) 進撃の巨人や東京喰種に近いジャンルの作品。世間から「追われる生き物」。アンデッドを題材としたSFアクション・ダークファンタジー。

引用元: amazon.co.jp

『亜人』(あじん)は、桜井画門による日本の漫画作品。『good!アフタヌーン』(講談社)にて、23号(2012年7月6日発売)から連載中。2015年に劇場3部作としてアニメ化され、翌2016年にかけて3部上映。2016年にはテレビアニメが分割2クールにて全26話放送。

17年前のアフリカの戦場で死ぬことがない新生物「亜人」が確かめられた。世界は大きな騒ぎに包まれたが、死なないことを除けば人間と変わらないことが明らかになると人の心に止められることはなくなった。

主人公の永井圭は、ある日友人との帰り道にトラックに撥ねられてしまう。即死と一目で分かるほどの悲惨な状況に周囲が騒めく中、奇妙な蒸発音のような音と共に血溜まりの中から立ち上がる。「死なない」未知の生物、亜人だと発覚し、それまでの友人たちや人々から研究や賞金目的のために追い回されるはめになる。

厚生労働省は、亜人に関しては警察の活動に介入することができるなど、強力な権限を持つ。捕らえた亜人に対し研究対象として、残虐な拷問・虐待を行っている。

引用元: ja.ajin.wikia.com
亜人は、外見は通常の人間と同様だが、死亡した際には即座に蘇るという驚異的な再生能力を持つ存在。ただし死に至らない限り再生能力は発揮されないため、例えば手足を失ってしまった場合には一旦死亡することでしか再生することはない。したがって人間は死亡するまで、自他ともにが亜人であることを知ることができない。1990年代にアフリカの戦場で初めて発見され、その能力から当初は畏れられるが、再生能力以外は一般人と同じと思われたため恐怖は薄れ、後に人類の研究対象と定義された。

引用元:ja.wikipedia.org

不死のテロリスト、亜人テログループの佐藤(さとう)は、亜人であることを最大限に生かした戦闘を行う。佐藤は、常道を逸する移動手段を行った。まず、チキンに混ぜて自分の手を送りつけ、会社に届いたであろうタイミングで、自分の体をミンチ状にし、その会社に送った切断した手から、自分を再生させワープする。亜人は「不死身」および「再生する際に、一番大きな肉片を元に再生する」という特性を利用した移動手段だった。

引用元: mangatari.jp

デッドマン・ワンダーランド 残虐描写が多い。

『デッドマン・ワンダーランド』 残虐描写が多い。有害図書に指定された漫画。監獄サバイバルアクション。

引用元: amazon.co.jp

『デッドマン・ワンダーランド』は、「月刊少年エース」(角川書店)で2007年6月号(4月26日発売号)から連載された片岡人生、近藤一馬による漫画作品。残虐描写が多く、有害図書に指定された漫画。監獄サバイバルアクション。

10年前に東京を襲った大災害「東京大震災」により長野県へ疎開していた五十嵐丸太は、クラスメイト達と平凡な生活を送っていた。しかしある日、丸太の通う中学校に「赤い男」が現れたことで彼の運命は一転することになる。

「赤い男」によってクラスメイト達を目の前で殺された丸太は、なぜかクラスメイトを殺した犯人に仕立て上げられ、無実の罪で死刑を宣告されて完全民営化刑務所「デッドマン・ワンダーランド」へ送致されてしまう。そこで丸太は自分が「赤い男」の手により「罪の枝」と呼ばれる特殊能力を持つ人間「デッドマン」になっていたことを知り、やがて幼馴染みの少女シロとの再会、そして他のデッドマン達との戦い・交流を経て「赤い男」を巡る陰謀に巻き込まれていくことになる。

「赤い男」によってクラスメイト達を目の前で殺された丸太

引用元: ameblo.jp

エルフェンリート

『エルフェンリート』 原作漫画、アニメ版ともにトラウマ漫画、鬱アニメとして有名な名作。残酷なバイオレンスやスプラッターシーン。エロスまで。

引用元: amazon.co.jp

『エルフェンリート』(elfen lied)は、岡本倫による日本の漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』にて2002年27号より2005年39号まで週刊連載された。原作漫画、アニメ版ともにトラウマ漫画、鬱アニメとして有名な名作。

残酷なバイオレンスやスプラッターシーン、児童虐待、ヌードなどのエロスシーン、サイエンス・フィクション、加えてナンセンスなギャグまで描かれているのが本作の特徴である。アニメでのバイオレンスシーンはグロテスクかつリアルに描画されている。

引用元:ja.wikipedia.org

ディクロニウスの「ルーシー」と「ナナ」 ナナはルーシーのベクターで四肢を切断され惨敗した。

引用元: naanashinozaki.com

人間の遺伝子の突然変異によって生まれた側頭部の対となる2本の角とベクターと呼ばれる見えない腕の特殊な能力を持つ女性型ミュータント・二觭人(ディクロニウス、觭は「角奇」)。彼女らは人類を淘汰する可能性を持つとされ、離島の国立生態科学研究所に国家レベルでの極秘機密として隔離され、研究されている。

ある日、偶発的な事故によって研究所に隔離されていたディクロニウスの少女・ルーシーは、拘束を破って、わずか5分で警備員と研究所室長・蔵間の秘書・如月の23人を殺害し、研究所からの脱走を試みる。海に飛び込む直前に頭部を対戦車用徹甲弾で撃たれるも幸い軽傷で済んだルーシーは、そのまま海へ投げ出される。

僅か5歳にして最強のディクロニウスのマリコもルーシには敗れる。

引用元: naanashinozaki.com

マリコは、原作ではルーシーとの戦闘では長いベクターで優勢に立つが、コントローラーを拾った隙に両足をルーシーにもがれ、そのコントローラーをルーシーに壊され残りわずかの命になってもルーシーに抵抗したがあえなく爆死した。しかしその際、最後の力でルーシーの角を折り、彼女を数か月間眠らせることに成功した。その後、研究所の科学者・能宗の手により、彼女をオリジナルとしたマリコクローンが作り出される。

極黒のブリュンヒルデ

『極黒のブリュンヒルデ』 ダーク系の魔法使いの戦い。エルフィンリートに比べてより救いのない設定と陰惨な描写。有害図書に指定された漫画。

引用元: amazon.co.jp

『極黒のブリュンヒルデ』は、岡本倫による日本の漫画。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2012年9号から2016年18号まで連載された。2014年にテレビアニメ化され、同年4月から7月にかけてTOKYO MXほかにて放送された。

エルフィンリートに比べてより救いのない設定と陰惨な描写。有害図書に指定された漫画。

岡本倫が2002年から2005年にかけて『週刊ヤングジャンプ』で発表した『エルフェンリート』の系統を継承したサイエンス・ファンタジー作品であり、陰惨描写要素の多い(いわゆる「ダーク系」ならび「ダーク・ファンタジー」を取り入れた)SF漫画でもある。

引用元:ja.wikipedia.org

《魔法使い》は、「鎮死剤」と呼ばれる延命薬を毎日飲まないと、身体を維持することができずに死んでしまうという。

引用元: ameblo.jp

一度見聞きしたことを忘れない特殊能力を持つ高校生・村上良太(むらかみ りょうた)は、子供の頃に事故で死なせてしまった幼馴染の少女・クロネコのことが忘れられず、彼女と交わした「宇宙人の存在を証明する」という約束を果たすべくNASAを目指して学年トップの成績を維持し、天文部で毎日夜空を見上げて探し続けていた。

ある日、良太の前にクロネコと瓜二つの転校生・黒羽寧子(くろは ねこ)が現れる。彼女は、非人道的な人体実験を行っている研究所から逃げ出してきた《魔法使い》であり、物体を破壊する「破撃」の力を持った超能力者だった。魔法使いたちの首の後ろには「ハーネスト」と呼ばれる制御装置が埋め込まれており、「鎮死剤」と呼ばれる延命薬を毎日飲まないと、身体を維持することができずに死んでしまうという。

人間扱いしてもらえるのはごく一部の魔女だけ。研究所にはAクラス以上の魔法使いが残され、出来損ないのBクラス以下は過酷な人体実験ののち処分場へ送られる。魔法使いの脊髄に埋め込まれた機械「ハーネスト」の左下の「イジェクトボタン」を押すと直後に身体がドロドロに溶けて死んでしまうが、髪、脊椎、肋骨は残る。一番上のボタンは魔法使いによって機能が違い、研究所によって封じられていた能力が発現する魔法使いもいれば、ただ死ぬ以上の苦しみを感じて死ぬ魔法使いもいる。

引用元: mangazuki.net

藤崎 真子(コードネームは「ヴァルキュリア」)は、動けるようになった橘 佳奈(たちばな かな)に隙を突かれ、首を切り裂かれて死んだと思われたが・・・その直後に11個目の魔法として発現した再生魔法により復活し、良太たちを再び窮地に陥れる。

引用元: mangazuki.net

闇金ウシジマくん

『闇金ウシジマくん』 多くのエピソードが、極めて陰惨な救いのないバッドエンド。社会の闇を描いたダークな世界観に魅了される。

引用元: amazon.co.jp

『闇金ウシジマくん』は日本の漫画家である真鍋昌平による漫画。2004年(平成16年)から『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で不定期連載されている。2010年10月より、山田孝之主演で毎日放送(MBS)の制作によりテレビドラマ化され、その映画版が2012年8月25日より公開された。

多くのエピソードが、極めて陰惨な救いのないバッドエンドに陥る。

『カウカウファイナンス』の社長「丑嶋馨」(うしじま かおる) 多くの登場人物を徹底的に不幸のどん底に落とすことが多い。闇金融の世界に生きるダークヒーロー。

常に冷静沈着かつ物怖じしない強心臓の持ち主。若手ながらも卓越した手腕で闇金業を営み、裏社会の修羅場を幾つも乗り越えてきた生粋のアウトロー。

引用元: matome.naver.jp

オモテの金融機関に見捨てられた、哀れなヤツらの人生にトドメを刺す――闇金融の世界に生きるダークヒーロー、ここに誕生!!

10日5割(トゴ)の超暴利闇金融『カウカウファイナンス』の経営者である丑嶋馨(うしじま かおる)とその従業員の日常と、カウカウファイナンスに訪れる客およびその関係者の様々な人間模様と社会の闇を描いたストーリー。 物語は各エピソードの中心となる人物の視点で進み、丑嶋はそれらの人物に接触する狂言回し的存在である。そのため丑嶋が全く登場しない回も多々ある。

多くのエピソードが、極めて陰惨な救いのないバッドエンドに陥る。

イベント系サークル(通称:イベサー)「バンプス」の代表「小川純」の凄惨な末路。『闇金ウシジマくん』4巻途中~5巻途中「ギャル汚くん」編

引用元: usi32.com

小川純(おがわ じゅん)は、丑嶋らによって樹海に連れて行かれ、全裸にワインと蜂蜜を体にかけられ、「最後のチャンス」として「一回目の利息を建て替える者がいれば開放するが、いなければ放置する」と言われ、電話で周囲に助けを求めるも、自分が成り上がるために後先考えずに借金や裏切りなど、なりふり構わず毒を持て余した不義理な生き方が仇となり、助ける者はいなかった。その後、丑嶋の宣言通り放置され、ワインと蜂蜜の匂いを嗅ぎつけた虫が体中に群がるという凄惨な末路を迎えた。

『闇金ウシジマくん』4巻途中~5巻途中「ギャル汚くん」編

多くのエピソードにおいて人々が救いのない状況に陥る様が描かれている。一般人が覚醒剤に依存し廃人となってしまう様、洗脳により自己決定が出来ない状況に陥り殺人を犯し、人体をミキサーで液体になるまで砕き遺棄する様子など、極めて陰惨な内容が大半を占める。

引用元:ja.wikipedia.org

なるたる

『なるたる』 トラウマを植えつけられる陰湿で残酷な描写が多い。有名な鬱マンガ、トラウマ漫画。

引用元: amazon.co.jp

『なるたる』は、鬼頭莫宏による日本の漫画。「月刊アフタヌーン」(講談社)1998年5月号から2003年12月号に連載された。有名な鬱マンガ、トラウマ漫画。

小学6年生の玉依シイナは小学校最後の夏休みに祖父母の住む島に行き、海で溺れかけたところを星の形をした変わった生き物『ホシ丸』に助けられる。ホシ丸は少年少女の意識とリンクし、変幻自在の能力を発揮する「竜の子」の一体であった。他の「竜の子」の持ち主(リンク者)との出会いのエピソードを挟みながら、シイナは「竜の子」を用いて世界をリセットしようとするリンク者たちの戦いに巻き込まれていく。

本作では、残酷な描写が多く見られるが、これは意識的ではなく、病んでいた当時の作者の精神状態が反映されたのかもしれないと語っている。

引用元:ja.wikipedia.org

貝塚ひろ子は、同じ学校の女子グループから壮絶ないじめを受けていた。ミミズジュースを無理やり飲まされたり、女性器に試験官を入れられる。

引用元: bbs.waffle.ch

貝塚ひろ子(かいづか ひろこ)は、シイナのクラスメイトで親友。3つ編みが特徴的な女の子。毎回テストで好成績を収めるほど勉強がよく出来る。

ひろ子は、クラスメイトから陰湿ないじめを受けていた。女子グループのリーダーは、ひろ子にミミズジュースを無理やり飲ませたり、仲間にひろ子を押さえつけさせ、学校にあるガラス製の試験官をひろ子の女性器に無理やり突っ込んだ。

我慢の限界を超えた貝塚ひろ子は、竜の子「鬼」を使ってクラスメイトを虐殺して回る。女子グループのリーダーに壮絶な復讐をする。

引用元: tonegawa.seesaa.net

女性器に試験官を入れられたり、ミミズジュースを無理やり飲まされたりと凄惨ないじめを受けていた貝塚ひろ子は復讐をはじめる。我慢の限界を超えたひろ子は、竜の子「鬼」を使ってクラスメイトを虐殺して回る。ひろ子は女子グループのリーダーが自分にしたことと同じように、巨大な竜の子の指を彼女の女性器にねじ込み、叫び声をあげるほどの激痛を食らわせた。

さらにシイナのためだとしてシイナの父・玉依俊二までも殺そうとし、それに逆上したシイナに殺されそうになるが、その直後にシイナの目の前でホシ丸に絞殺された。その後は彼女と両親の遺体は鶴丸によって処分され、貝塚一家は行方不明扱いとなる。

古賀のり夫は、ナイフで体を解体されるという凄惨な最期を遂げる。『なるたる』の最も凄惨なトラウマシーン。

引用元: comisoku.com

古賀のり夫は、少女と見間違うほど、女性的な容姿をしているが男性である。竜の子「ヴァギナデンタータ」で鶴丸を様々な形でサポートしている。

物語後半で鶴丸への復讐のためにチンピラたちが鶴丸の家に押しかけてきた際、チンピラたちが連れてきた「豚食い」と呼ばれているヤクザに陵辱され、ナイフで体を解体されるという凄惨な最期を遂げる。死の直前までシイナと鶴丸を守るため、自らの命を省みず、ヴァギナデンタータを操作して2人をF-16の爆撃から守り続けた。

ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編

『ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編』 「ひぐらしのなく頃に」シリーズの完結編。全8巻。有害図書に指定された漫画。

引用元: amazon.co.jp

『ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編』(ひぐらしのなくころにかい まつりばやしへん)は、同人サークルである07th Expansionが製作した同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に』の第8話目の表題。「解答編」としては第4話目であり、『ひぐらしのなく頃に』の完結編である。

スクウェア・エニックス刊『ガンガンパワード』で2008年8月号から連載されていたが、同誌が2009年4月号を以て休刊したことに伴い『月刊ガンガンJOKER』へ移籍して2009年5月号から2011年5月号まで連載。全8巻。2010年に福島県と長崎県で青少年保護育成条例に基づく有害図書に指定された。

「祭囃し編」の主人公「鷹野 三四」(たかの みよ) 本遍の黒幕的な存在。

引用元: mekemond.blog62.fc2.com

鷹野 三四(たかの みよ)は、「祭囃し編」の主人公。入江診療所に勤務する看護婦。

雛見沢大災害の実行者。梨花の母親を残酷に殺害した後、自殺を装い処理するなど、目的のためならば手段を選ばないマッドサイエンティスト(皆殺し編では、自分達の障害となる梨花と仲間である圭一をはじめとした子供達を自らの手で殺害している)。

命の恩人で祖父と慕った研究者・高野一二三(たかのひふみ)の研究課題、「雛見沢症候群」と「寄生虫」を受け継ぎ、後世まで研究が語り継がれる「神」になることで永遠の存在になろうとする狂気に取り付かれている。

引用元:dic.pixiv.net

原作者の竜騎士07の要約を借りれば、この物語における惨劇を生み出す最大の敵は個人の意志ではなく、雛見沢村に住む人々の思い違いや疑心暗鬼を生む村の閉鎖的環境である。

引用元:dic.pixiv.net

「祭囃し編」の登場人物相関図

引用元: sai-zen-sen.jp
敵は強固な意志で終末作戦の実行を企む鷹野三四。圧倒的な力を前にした梨花たちは、いつ、何をすれば勝利を手にできるのか——その答えが今、明かされようとしている。

引用元:sai-zen-sen.jp

ひぐらしのなく頃に 祟殺し編 前2作と比べると、序盤からクライマックスと言えるほどの惨劇。黒幕の暗躍による雛見沢の終焉が描かれる重要なシナリオ。

祟殺し編は、前2作「鬼隠し編」「綿流し編」と同様で、時系列的な連続性が無く「同時間軸の別展開」の物語が展開される点も前2作と同様。本編(昭和58年)より3年前に事故死したダム計画推進派夫婦の遺児・北条沙都子を中心に話が展開する。叔父による児童虐待と言う非常に重いテーマを扱っている。事件へ突入するまでの展開も3作品中で最も早い。

引用元: amazon.co.jp

物語最後の「取材テープ」で圭一が発言する「俺如キニ祟リ殺サレルナ?」は祟殺し編を象徴する台詞でもある。

引用元: blog.livedoor.jp

『GUNSLINGER GIRL』(ガンスリンガー・ガール)

『GUNSLINGER GIRL』(ガンスリンガー・ガール) 「義体」となった少女たちの凄惨な運命。社会の闇も描かれる。救いがない、どこまでも絶望。

引用元: amazon.co.jp

『GUNSLINGER GIRL』(ガンスリンガー・ガール)は、アスキー・メディアワークスの雑誌『月刊コミック電撃大王』に連載された、相田裕の漫画。略称ガンスリ。連載が完結し最終巻が発売された2012年に第16回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門優秀賞を受賞。

イタリアを舞台に、「身体を改造した少女の殺し屋」を運用する対テロ機関「社会福祉公社」と、犯罪やテロによってイタリアを恐怖に陥れるテロリスト集団「五共和国派」との戦いを軸にしたガンアクション漫画。

公社の実体は身障者の子供を機械の体に改造し、「薬」による洗脳(条件付け)を施して政府の汚れた仕事をさせる諜報機関であった。「義体」と名付けられた少女達は、担当官とのチームを組みイタリア政府を脅かす者達と戦っていく。

「義体」達は任務中に殺されるか、「薬」の副作用でボロボロになって死ぬかという運命にあるため、絶えず死と向き合う展開になっている。また、子供を殺人の道具として改造・洗脳するというテーマは賛否両論であり、人を選ぶという声もある。

引用元:dic.pixiv.net

ヘンリエッタは、連続殺人犯に家族は殺され自身も一晩中暴行を受け、瀕死の重傷を負う。凄惨な過去を持つ義体となった少女たち。

引用元: nek654-yurulife.com

ヘンリエッタは、かつてローマに暮らし、7人家族の裕福な家庭で愛情を注がれて育てられていたが、自宅にて連続殺人犯が起こした一家殺害事件に遭う。殺された家族の隣で一晩中暴行を受け、瀕死の重傷を負う(その際、左眼、右手、左足を失っている)も唯一生き残る。病院に収容され一命を留めたものの凄惨な記憶から自殺を望んでいた時に、素体を求めて国内の病院を捜し歩いていたジョゼとジャンの目に留まり、彼女を救いたいというジョゼの希望により公社に収容された。

ジョゼッフォ・クローチェ(通称ジョゼ)とヘンリエッタ組は、エルザ・ラウーロ組のように心中した。

引用元: mangablog.blog.jp

ヘンリエッタの担当官のジョゼッフォ・クローチェは、ジャコモを首謀者とする新トリノ原発での五共和国派との最終決戦において、過去のトラウマを思い出し錯乱状態となったヘンリエッタを制止しようとして瀕死の重傷を負う。正気に戻ったヘンリエッタがエルザ・ラウーロ組と同じ結末を望んでいることを悟り、思いを受け入れる。

トリエラは、スナッフ・フィルムの撮影の犠牲者だった。過去も未来も救いがない義体となった少女たち。

引用元: mangablog.blog.jp

トリエラは、カモッラによるスナッフ・フィルムの撮影のためにチュニジアから拉致され、ユーロポール時代のヒルシャーが同僚ラシェルと共に救出した少女であることを、元カモッラ幹部のマリオ・ボッシの口から語られた。

スナッフ・ムービーの撮影現場に潜入したヒルシャーらによって片手足を切断され半死半生状態のところを発見され救出、義体化された。

トリエラは、ヒルシャーと共に闘い、共に絶命した・・・少女に与えられたのは、大きな銃と小さな幸せ。

引用元: mangablog.blog.jp

トリエラは、新トリノ原発攻略作戦序盤にてバレットM82による待ち伏せ射撃によって左腕と左足を失い、リコとエッタのために追撃を食い止めるためその場に留まることを決意。
例え生還したとしても強度の条件付けが行われ記憶が失われることは避けられないと悟り、重傷を負いながら1人足止めに奮戦し、最期は救出に駆けつけたヒルシャーを見て涙を浮かべ、共に闘い、共に絶命した。

『はだしのゲン』 広島原爆の被爆を題材とした漫画。

『はだしのゲン』 トラウマ漫画の殿堂。広島原爆の被爆を題材とした反戦漫画。

引用元: ebookjapan.jp

『はだしのゲン』は、中沢啓治による、自身の原爆の被爆体験を元にした自伝的な反戦漫画。トラウマ漫画の殿堂。

物語は、広島県広島市舟入本町(現在の広島市中区舟入本町)に住む国民学校2年生の主人公・中岡元(なかおか げん)が、当時日本と交戦していたアメリカ軍により1945年8月6日に投下された原爆で、父・大吉(だいきち)、姉・英子(えいこ)、弟・進次(しんじ)の3人を亡くしながらも、たくましく生きる姿を描く。

被爆者達がドロドロに溶けた体で水を求めてさまようシーンは、多くの読者にトラウマを植えつけた。

引用元: cogitoergosum.sblo.jp

昭和20年8月6日朝。小学校の門の前にいたゲンは突然の閃光と爆風で気を失う。偶然にも門の影にいたことで無傷だったが、気が付いてみると町は一面に押しつぶされ、人々は全身の皮が焼け剥がれた姿で呻いている。

主人公の「ゲン」(中岡元)の父、姉、弟は倒壊した家の下敷となり、ゲンと母の前で、見る見るうちに炎につつまれていった。恐怖のトラウマシーン。

引用元: pcf.city.hiroshima.jp

ゲンは、状況が解らぬまま自宅へもどってみると、自宅も同様に押しつぶされて大吉・英子・進次が木材の下敷きになっている。偶然にも無傷だった君江と再会したゲンは協力して家族を助け出そうとするも果たせず、大吉はゲンに強く生きることを願いつつ、英子や進次とともに火災に巻き込まれ焼け死んでいく。

半狂乱となったところを朝鮮人の朴に諭されて避難した君江は、ショックで女児を出産。名前は、友達がたくさんできることを願って「友子(ともこ)」と名づけられた。

『金田一少年の事件簿』

『金田一少年の事件簿』 ミステリー漫画の金字塔。推理漫画ブームの先駆けとなった作品。この作品は恐ろしさも魅力の一つ。子供の頃に読んでトラウマになった人は多い。

引用元: amazon.co.jp

『金田一少年の事件簿』は、『週刊少年マガジン』(講談社)にて1992年(平成4年)から2001年(平成13年)まで連載された。本格的なミステリーを題材とした漫画であり、推理漫画ブームの先駆けとなった作品である。

名探偵・金田一耕助を祖父に持つ高校生・金田一一(きんだいち はじめ)が、幼馴染・七瀬美雪(ななせ みゆき)や親友・剣持勇警部、ライバル・明智健悟警視らと共に、遭遇する難事件を、祖父譲りの抜群の推理力で次々と解決していく物語。

『金田一少年の事件簿』は、トラウマになりそうな怖い要素がふんだんに盛り込まれている。初期の死体描写や殺害方法は特に怖かった。

異人館村殺人事件では、花嫁衣装を着たJKが首を切断されて死ぬ、関係者の誰も助けられない凄惨さ・・・屈指のトラウマエピソード。

引用元: usi32.com

金田一少年の事件簿史上初の被害者である「日高織絵」(ひだかおりえ)。人為的に落下させられた照明器具で叩き潰され圧死した。記念すべき被害者第一号。「オペラ座館殺人事件」より。

引用元: usi32.com

蝋人形城殺人事件では、アイアンメイデンで殺される。

引用元: twitter.com

オペラ座の怪人や放課後の魔術師など金田一少年の事件簿の怪人たちが怖かった。

「オペラ座館殺人事件」より。

引用元: usi32.com

加納りえは、一達の見ている前で「雪夜叉」に斧で頭を割られる。単行本3~4巻に収録。全10話。雪夜叉伝説殺人事件より

引用元: manba.co.jp

放課後の魔術師は、みんなのトラウマ。学園七不思議殺人事件より

引用元: middle-edge.jp

『ドラゴンヘッド』

『ドラゴンヘッド』 災害で荒廃した世界を背景に人間の本質と「究極の恐怖」を描く。

引用元: amazon.co.jp

『ドラゴンヘッド』は、望月峯太郎による日本の漫画作品。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて連載された。単行本は全10巻。

修学旅行の帰途、突如発生した大地震により、主人公青木輝(テル)らの乗車していた新幹線は浜松付近のトンネルで脱線事故を起こしてしまう。出入り口は崩壊し、外界と完全に遮断されたトンネル内で、3人の生存者、テル、アコ、ノブオは救助の可能性に望みをかけて絶望的な状況を生きのびる術を模索する。死と表裏一体の極限状態に追い込まれた少年達の苦悩とそれに伴う狂気と暴力、災害で荒廃した世界を背景に人間の本質と「究極の恐怖」を描く。

ノブオ(高橋 ノブオ、たかはし のぶお) 奇怪な行動を取るようになる。

引用元: awaawa01.com

ノブオ(高橋 ノブオ、たかはし のぶお)は、テルと同級生の男子。元々いじめられていたせいか、挙動不審な所がある。地震発生時はトイレにいたため難を逃れる。出入り口が塞がれ、暗闇に覆われたトンネル内で次第に狂い始め、自分の体に化粧道具で模様を描き、生活指導の教員の遺体を祭り上げ、熟睡したアコに対して同じように模様を描くなど、奇怪な行動を取るようになる。そして自らを神格化し、その様子を見て憤慨したテルにも襲い掛かり負傷させる。テルやアコらとともに逃げようとするがトンネルの崩壊に巻き込まれ、その後は生死不明である。

傷頭(菊地、きくち) 「竜頭」の男。恐怖を感じなくなった男。

引用元: orehero.net

傷頭(菊地、きくち)は、伊豆半島の病院にいた、頭に手術痕のある男。うまく喋ることはできないが、アコに対して「りゅうず(竜頭)」と発するなど、この物語の重大なヒントを教える。

本作のタイトルを表す「竜頭」の男。脳の海馬や扁桃体などを取り除くなどの手術をし、恐怖を感じなくなった男たちの総称です。彼らはみな手術のために頭髪をすべて剃り、頭部に大きな十字の手術跡があります。その見た目とうつろな表情は、なんともいえないおぞましさ。アコたちが出会った菊地という名の「竜頭」は、恐怖のなくなった世界はとても安らかだと言って微笑み、暴徒に襲われて血まみれになっても火だるまになっても、笑い続けていました。

引用元:honcierge.jp

『殺し屋1』

『殺し屋1』(ころしやイチ) 過激な暴力描写が特長。「読者に痛みを与える漫画」と評される。

引用元: amazon.co.jp

『殺し屋1』(ころしやイチ)は、山本英夫による日本の漫画作品。

「ジジイ」率いる歌舞伎町のハグレ者グループ(イチも所属。ただし、ジジイ以外のメンバーは彼の顔を知らない)と「垣原」率いる暴力団・安生組との攻防、そしてイチと垣原の異常性愛者同士の邂逅を描く。

究極のサディストと究極のマゾヒストの生きざまを、怒涛のバイオレンス描写で描いた漫画『殺し屋1』は、新宿・歌舞伎町を拠点に活動するヤクザ一家を泣き虫の青年が壊滅させていく物語です。

引用元:honcierge.jp

2001年に三池崇史監督で映画化されたが、その際には映倫によってR-18指定( = 成人指定)されている。なお、本来のR-18は性描写に対するものがすべてであったが、暴力描写による指定は本編が初とされている。

引用元:ja.wikipedia.org

垣原雅雄(かきはら まさお) 痛みを性的な快感に置き換える究極のマゾヒスト。

腕を切り落とされているのに理想の暴力と出会った歓びでこの表情

引用元: twitter.com

垣原雅雄(かきはら まさお)は、『殺し屋1』のもう一人の主人公。拷問による顔にある大きな傷や裂けた口、顔に嵌められたピアス(他には、耳や性器に無数に着けている。)が特徴的で「ピアスのマー坊」という呼び名を持っている。痛みを性的な快感に置き換える究極のマゾヒスト。同時にサディスト。性癖上、拷問をすることも受けることも好む。

物語終盤にイチと対峙し、イチの異常性に恍惚した表情を浮かべ襲い掛かるも、イチに陰部体を切られたことで今まで感じなかった痛みを感じ、ジジイに喜びを見出したことで痛みを感じたことを指摘される。最期は死にたくないと吐露し、逃亡を図るもイチに追い詰められ、マンションから転落死する。

「1(イチ)」と「垣原雅雄」の異常性愛者同士の邂逅を描く。

引用元: ryocuu.com
寸分の狂いもない技で切られた相手は切られたことすら気づかず、徐々に体の切断面からズレていく様子は身震いもの。特に真横から切り上げた敵の顔面が天井にビタッと張り付くシーンと、輪切りにされた体が床を埋めているシーンはトラウマものですので、どんなグロテスクシーンでも大丈夫だという方以外は観覧を避けてください。

引用元:honcierge.jp

垣原は相手の肛門に銃口をねじ込み何度も発砲した。読者に痛みを与えるシーン。

引用元: orehero.net
まず相手の足を打ち、動けなくなったところを手すりまで担ぎ上げます。これ以上身を乗り出したらはるか下にある中庭に落下するという状況でズボンを脱がすと、肛門に銃口をねじ込みます。そしてマンション中に響き渡る大声で宣戦布告をすると、構成員の体内に向かって何発も銃を打ち込み、中庭に蹴り落としたのでした。

引用元:honcierge.jp

関連する「鬱漫画」「サイコホラー漫画」「トラウマ漫画」のまとめ

【欝漫画】心に潜む狂気を描くトラウマ級のサイコホラー・スリラー漫画 10選 | altoria[オルトリア]

https://altoria.jp/10643/

人間の心に潜む狂気が一番なによりも怖い。心理的にうったえかけてくる不安や恐怖を描いた心理的ホラーであるサイコホラー・スリラー漫画の名作を厳選してまとめています。トラウマ漫画、欝漫画の宝庫です。

このウェブサイトへ行く



関連まとめ

カテゴリ一覧